ナップス スタッフが使ってみた!「オートバイ用ソロキャンプアイテム」

商品紹介
今人気のキャンプツーリング。ナップスでも、オートバイでのキャンプツーリングに最適な各種キャンプギアを多数取り揃えています。今回はそんな中でも、お求めやすいプライスで使えるアイテムをセレクトして、実際に試してみました!
今人気のキャンプツーリング。ナップスでも、オートバイでのキャンプツーリングに最適な各種キャンプギアを多数取り揃えています。

今回はそんな中でも、お求めやすいプライスで使えるアイテムをセレクトして、実際に試してみました!
※ナップススタッフが実際に使用した印象をお届けしていますので、メーカー様の公式見解とは異なる場合があります。
キャンプの準備ははまずパッキングから。

今回は「タナックス キャンプテーブルシートバッグ」を使用してみました。
 (20136)

このバッグは、天板部分がテーブルにもなる1台2役のアイテム。
 (20138)

キャンプでの調理やくつろぎタイムにテーブルは必須アイテムですが、
実はテーブルが2つあると、1つは、食材を切ったりするための調理台として使いながら、もう1つを出来上がった料理を並べるダイニングテーブルとして使うなど、楽しみ方も広がります。
気になる収納力もバッチリ!持っていく量にもよりますが、ソロキャンプ用のアイテム一式をおおよそ、このバッグだけで収納することができます。
 (20203)

荷物がもっと少ない場合は、荷物量によってサイズを変えられる、「タナックス ミニシートバッグ」もオススメ!畳んだサイズはコンパクトながら、横幅を広げられるので、シュラフなど横幅がかさばるアイテムも収納しやすい作りです。
 (20205)

キャンプ場に着いたら、まず行うのがテントの設営。
「ノースイーグル / NORTH EAGLE ソロキャンドームテント」は、初めての方でも短時間で設営ができるドーム型の1人用テントです。
NE1231 ソロキャンドームテント | テント・タープ | North Eagle (20143)

テントの入り口を跳ね上げると、限定的ながらタープの替わりにも使えるのがこのテントのポイント!キャンプ場で日中快適に過ごすために役立つタープとテントを兼用できるので、荷物を少しでも減らしたいキャンプツーリングには最適です!
(テント入口を跳ね上げた状態で固定するには、別売のタープポールと張り網が必要です)
 (20145)

閉じた状態では前室として使えるので、睡眠時の荷物置き場としても活用できます。
展開状態の床面は長方形に近く、ソロキャンプなら十分な広さがあります。
 (20150)

お求めやすい価格ながら、収納サイズは約φ140×400(mm)とコンパクトでツーリングとの相性も抜群。

テントポール(骨組み)はジュラルミン製で軽量&頑丈な作り。軽量で、抜けにくく曲がりにくい、三又状のアルミ製ペグも付属します。
 (20152)

テントポール(骨組み)はジュラルミン製で軽量&頑丈な作り。軽量で、抜けにくく曲がりにくい、三又状のアルミ製ペグも付属します。
テントが設営できたら、次は、テーブル&チェアを用意して、くつろぎタイム!

「デイトナ / DAYTONA コンパクトアルミテーブル」は約H120×W430×D100(mm)の収納サイズながら、展開サイズは、約H360×W400×D340(mm)。高さもあるので、チェアや他のアイテムとセットで使用する場合も使いやすくなっています。
コンパクトアルミテーブル | アルミテーブル | キャンプ用品 | 商品を探す | デイトナ (20154)

コンパクトアルミテーブル | アルミテーブル | キャンプ用品 | 商品を探す | デイトナ (20155)

「ノースイーグル / NORTH EAGLE 持っていきたくなるチェア」はお求めになりやすいプライスと十分なサイズで、機能と価格のバランスがよいアウトドアチェアです。

シート側面にポケットがあるため、収納ケースや、ちょっとした小物を入れておけるのが便利です。
ノースイーグル ウェブページ (20214)

テーブル&チェアが準備できたら、お待ちかねの焚き火&キャンプ飯の準備!

現在ほとんどのキャンプ場では直火は禁止されているため、必要になるのがコンロや焚き火台です。
今回使用した「デイトナ / DAYTONA ツーリングフラットグリル189」の展開サイズはH175×W189×D150(mm)と小柄ですが、一人分の食事の調理にはちょうどいいサイズ感です。

1.95mmの極厚ステンレス板でできているため、しっかりとした安定感もあります。
 (20162)

収納サイズは約 H25×W235×D180(mm)と非常にコンパクト。
ツーリングフラットグリル189 | ツーリングフラットグリル189 | キャンプ用品 | 商品を探す | デイトナ (20166)

グリルを外せば、焚き火台としても使えますよ!
ツーリングフラットグリル189 | ツーリングフラットグリル189 | キャンプ用品 | 商品を探す | デイトナ (20168)

焚き火や炭火を起こす際には、周囲に火の粉が舞うのを抑えるために、専用の幕があると安心です。

「ノースイーグル / NORTH EAGLE 焚火の壁」はお求めやすいプライスと、コンパクトなサイズが特徴。
風よけとしても活用できるので、火起こしにも役立ちます。
NE1235 焚火の壁 | 焚火・バーベキュー | North Eagle (20170)

そしてキャンプで見落としがちなのが、しっかり睡眠をとれるか、ということ。
ツーリングの疲れを取るためにも、睡眠環境は重要です。

まず必要となるのがシュラフ(寝袋)。「ノースイーグル ウォッシャブルシュラフIII」は
適温は約18度となっており、春夏~秋口のキャンプに最適なシーズンにぴったりです。
NE241 ウォッシャブルシュラフⅢ | 寝袋・マット・シート | North Eagle (20173)

いわゆる封筒型となっているので、シュラフに慣れていない方でも快適に過ごしやすいものとなっています。中綿は化学繊維を使用しているので、洗濯機で洗うこともできます。
また、地面の状況によらず快適な睡眠をとるためには、マットも欠かせないアイテム。「ノースイーグル / NORTH EAGLE コンパクトFDマットレス」はコンパクトに畳むことができるので、オートバイでの運搬にも適しています。
NE286 コンパクトFDマットレス | 寝袋・マット・シート | North Eagle (20176)

ここまでご紹介したアイテムだけでもまずキャンプは楽しめますが、
必要に応じてキャンプギアを集めていくのも、キャンプの楽しみの一つ。

ナップス各店には、キャンプギアに詳しいスタッフも多数在籍していますので、
ご来店の際はぜひお問い合わせください!

もちろん、ナップス ウェブショップでもキャンプギアを多数ご用意しています。
ぜひご利用ください!