2018年10月23日 更新

ゲイルスピード ラジアルブレーキマスター交換 GSX-R1000R

GSX-R1000R はレバーが肉抜きされたニッシンのラジアルマスター19Φが標準装備されてます。 これだけでもスペシャルですが、ニッシンのタッチは少し硬めかな? ここがポイント!各自の好みや感覚の部分ですね。 ただ効かせるのではなく、ブレーキは使えてナンボです。 でも見た目もかなり大事ですよね で、今回のチョイスはゲイルスピードのVRCラジアルの19Φ。レバーレシオを可変できます。

1,317 view
こんにちは。ナップス前橋インター店のTZです。
またカスタムネタのご紹介ですよ~。

今回はGSX-R1000R のラジアルブレーキマスター交換です。

1.JPG
究極進化を遂げ末尾にも「R」が付きノーマルストック状態でもレースに対応できそうなほど高いポテンシャル!
ABSやブレンボのディスクローターまで標準装備されてますが、今回はさらなるポテンシャルアップを目指します!

GSX-R1000R はレバーが肉抜きされたニッシンのラジアルマスター19Φが標準装備されてます。
これだけでもスペシャルですが、ニッシンのタッチは少し硬めかな?
ここがポイント!各自の好みや感覚の部分ですね。
ただ効かせるのではなく、ブレーキは使えてナンボです。
でも見た目もかなり大事ですよね

で、今回のチョイスはゲイルスピードのVRCラジアルの19Φレバーレシオを可変できます
すると・・・


3.JPG
ZX-14Rのクラッチマスターの時と同様に・・・
ノーマルホースが使えてボルトオン!
またポン付けでした
最近のバイクのブレーキホースは圧力が逃げにくく良くできてます
必ずメッシュホースでもありません。

カウルやメーターとのクリアランスもクリア。
見た目もGOOD!
マスター本体とブレーキスイッチ、タンク、タンクステー、タンクホース、バンジョーボルトは交換です。


★完成!
ゲイルスピードのほうがニッシンやブレンボに比べて少し柔らかめのタッチ。
レバーがもう少し奥に入るようになったので、よりコントローラブルに!
ストリートでも扱いやすいです。


6.JPG
個人的にラジアルマスターの良いところは、レバーへの入力がダイレクトになるのはもちろん、
それ以上にブレーキレバーのリリースにあると思います。
ブレーキングでせっかく沈めたフロントフォーク。
ブレーキレバーをリリースして急に 「 ビョン!」 と伸ばしてしまわないように・・・
「すうっ」とリリースしやすいのはラジアルならではかと。

でも見た目もかなり大事です 間違いなく。
この所有感!見た目だけでも戦闘力アップしますよ。

適合ピストン径や取り付けに必要なものなど、お気軽にお問合せ下さい。
ではまた。





1 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

TYGON クリアフルードホース

TYGON クリアフルードホース

TYGON社の2375クリアホースはバッテリー液にも耐え、ブレーキフルードに使われているグリコール液剤に対応しているので、「汗」をかいたり収縮や硬化が起きにくいホースなんです。
カラーコーディネートが出来る時代に「BMW S1000R」見ごたえある画像28枚!!

カラーコーディネートが出来る時代に「BMW S1000R」見ごたえある画像28枚!!

幸浦店では、2009年からABSモデルのブレーキ回りのカスタムを行っていました。 HONDA車に苦戦したこともありますが・・・・ 更に、外車でも作業できるツールを手に入れ、ABSポンプを自動に動かしエア抜きも可能になりました(^^)/
ブレーキディスクローターも消耗品!

ブレーキディスクローターも消耗品!

当店でも車種問わずブレーキパッド交換作業を承っていますが、まれにローターが使い込まれ使用限度を超えていつ割れてもおかしくない状態で走られている車両があります。 使用限度を超えると強度も落ちますし、薄くなることで制動時に発生する熱を上手く排熱出来ず、高性能なパッドを使っていても本来の性能が発揮できません。
KAWASAKI ZX-14R フロントフォークと足廻りカスタム

KAWASAKI ZX-14R フロントフォークと足廻りカスタム

タイヤ交換やカスタムで入庫が多いZX-14R! なかでも最近増えてきたのがハイグレードモデル。 オーリンズのリヤショックやブレンボキャリパー/マスター、ABSまで付いてまさにハイグレード! 今回はリヤの純正オーリンズに合わせてフロントフォークもオーリンズに。 ついでにホイールも交換してバネ下の軽量化もしちゃいましょう。
前橋インター店 | 2,575 view
「DUCATI」カスタムベース車両に『盛って恋!!!』ブレーキラインを変更だ!!

「DUCATI」カスタムベース車両に『盛って恋!!!』ブレーキラインを変更だ!!

純正でもブレーキパイプの採用&メッシュホース化になっておりますが・・・・・ 変える理由がだんだんと無くなっている?!(・へ・) だからこそ、見た目の「インパクト」のあるカラ-(色)変更が、今後のブレーキラインカスタムの「トレンド」だと!!<(`^´)>

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

前橋インター店 前橋インター店