2019年6月12日 更新

カラーコーディネートが出来る時代に「BMW S1000R」見ごたえある画像28枚!!

幸浦店では、2009年からABSモデルのブレーキ回りのカスタムを行っていました。 HONDA車に苦戦したこともありますが・・・・ 更に、外車でも作業できるツールを手に入れ、ABSポンプを自動に動かしエア抜きも可能になりました(^^)/

449 view
皆さんは、知っていましたか(?_?)
2018年以降の新車車種は、ABSモデルが当然になっていることを
(※小排気量除く)
ここ最近では、ブレーキホースも配管式が当たり前になり、ゴムホースの部位が
ホース全体の6割くらいになっています。・・・・・(?_?)
ABS配管の全体比率の話であって
実際には、ゴムホース部位もしっかり存在します。
実際に見てる大半は、ゴムホースだったり

幸浦店(私は)2009年からABSモデルのブレーキ回りのカスタムを
行っていました。
HONDA車に苦戦したこともありますが・・・・
更に、外車でもできるツールを手に入れて
ABSポンプを自動に動かしエア抜きも可能になりました(^^)/

今回の、メニューは、
ブレンボキャリパー&
コルサコルタマスターの取付です。

ハードレッドアルマイトにキャンデーフェニックスブルーにしました。
学生時代に身に着けたプラモデル塗装テクニックご披露!!(@^^)/~~~)
実はこのテクニックがCR-1コーティングにも役立っています。
(MYエアーブラシ持参しました。)
IMG_3912.JPG

コルサコルタに赤いカップです。
IMG_4071.JPG

車両は、S1000R ABS 
(ほとんどフルメッシュのブレーキラインですが交換だ!(^^)!)
実際の作業は、「どこまで分解しているの?」と気になるのでは、
(ABSモデルは、今までのとは全然違う工程を行うため時間がかかります。)

ここからは、写真解説になります。
外装をほぼ全部外します。
IMG_4063.JPG

ブレーキラインの確認です。
全然見えません。( ゚Д゚)
IMG_4068.JPG

本体は、シート下にありますがホースが・・・・
IMG_4065.JPG

ステム下から分岐してキャリパーに行きます。
IMG_4067.JPG

IMG_4066.JPG

上部を更に分解してホースを発掘します。
IMG_4069.JPG

ここに密かに隠れていました。
IMG_4064.JPG

ホースを取り外しパーツをつけていきます。
IMG_4070.JPG

今回の素敵なホースは、これだ
IMG_4072.JPG
すべて採寸してオーダーしています。
これが一番大変です。何度も取り回しを確認し長さを決めます。

IMG_3972.JPG
本体からは、こんな感じです。

IMG_4074.JPG
赤と青だったら生きている感アップだったろうに( `ー´)ノ
並行につけるのもカッコいい

IMG_4073.JPG

フォーク前まわしが旬!!
ノーズダイブした距離も考慮してアーチを考えました。
IMG_4076.JPGIMG_4075.JPG
マスターに立ち上がっていきます。
ホースにたわみの癖をつけて綺麗なアーチラインをつけます。

IMG_4077.JPG
ここからは、ばらしたパーツを組み付けて 
ECUにエラー信号を出ないようにします。

ブレーキのエア抜き開始です。
カプラーに診断機を取付
IMG_4078.JPG

バッテリーもフル充電後 電圧を管理します。
IMG_4079.JPG

IMG_4080.JPG

ハイテクだーーーー!!
(4輪の作業経験が生きるね~(^^♪)
IMG_4082.JPG

レポートまで出ますよ。
IMG_4081.JPG

IMG_4084.JPG

IMG_4030.JPG

テスト試乗して完成です。実は、これが一番緊張します(; ・`д・´)
エラーが出ないか? きちんと作動するか? 
IMG_4083.JPG
趣味がバイクと思われてしまうSTAFF集まりが
NAPSベイサイド幸浦店ピットです。

いつもお時間を頂いているお客様方々には、感謝!! m(_ _)m  
1 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「DUCATI」カスタムベース車両に『盛って恋!!!』ブレーキラインを変更だ!!

「DUCATI」カスタムベース車両に『盛って恋!!!』ブレーキラインを変更だ!!

純正でもブレーキパイプの採用&メッシュホース化になっておりますが・・・・・ 変える理由がだんだんと無くなっている?!(・へ・) だからこそ、見た目の「インパクト」のあるカラ-(色)変更が、今後のブレーキラインカスタムの「トレンド」だと!!<(`^´)>
カスタムドカティ制作プロジェクト!【ドカティ Monster821編】

カスタムドカティ制作プロジェクト!【ドカティ Monster821編】

日本一のドカティ Monster821(stripe)を作る!? 走りだしたら(気持ちが)が止まらなくなった用品店スタッフが作るカスタムバイク制作ブログ! 今回は2015年式 ドカティ Monster821 stripeをカスタムした模様をお伝えします!! テーマは「ドカティが本気でカッコ良いMonsterを作ったら」です。。。
ブレーキラインカスタム「プロジェクトμ」

ブレーキラインカスタム「プロジェクトμ」

ここ最近カスタムに制限があるブレーキライン。 近年ABS付きのバイクが当たり前となっております。 ホース交換と言っても、長さやABSユニットからの取り出しまで、どの様に対応するか多くの課題が上がってきます。
TYGON クリアフルードホース

TYGON クリアフルードホース

TYGON社の2375クリアホースはバッテリー液にも耐え、ブレーキフルードに使われているグリコール液剤に対応しているので、「汗」をかいたり収縮や硬化が起きにくいホースなんです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ベイサイド幸浦店 ベイサイド幸浦店