2019年1月4日 更新

「DUCATI」カスタムベース車両に『盛って恋!!!』ブレーキラインを変更だ!!

純正でもブレーキパイプの採用&メッシュホース化になっておりますが・・・・・ 変える理由がだんだんと無くなっている?!(・へ・) だからこそ、見た目の「インパクト」のあるカラ-(色)変更が、今後のブレーキラインカスタムの「トレンド」だと!!<(`^´)>

565 view
ここ最近では、ブレーキシステムもハイテクになりABS標準装備が当たり前になりましたね\(^o^)/
当店でもABSブレーキホース交換作業場合は、お預かりカスタムになります。
ABSモデルでは、システム(配管)の都合上
タンク
エアクリーナー
スロットルボディー
スイングアームピボット付近と奥まった場所にあることが多く
作業時には、アクセスするのも大変なモデルも沢山だ!! (分解部品点数も沢山)

ここまでハードな分解になると工賃も高くなりブレーキホースもワンオフ制作になりますね。

(純正でもブレーキパイプの採用&メッシュホース化になっておりますが・・・・・)
変える理由がだんだんと無くなっている?!(・へ・)
だからこそ、見た目の「インパクト」のあるカラ-(色)変更が
今後のブレーキラインカスタムの「トレンド」だと!!<(`^´)>

当店では、独自PITサービスとして、カラ―オーダーが出来るメーカーさんと繋がりも強化し
バイクを分解し測定/取り回しを考えてオーナー様にメールをして確認したり 
すべてお任せ頂いたりと、一緒にカスタム車両を作りあげる事 
(半分私の趣味的要素も入っているかも?!)

今回ご紹介するのは、『Ducati street fighter』のブレーキラインのカスタムです。
ABSモデルでは、ありませんが取り回し&カラ―を変更し今後のカスタムのイメージに
合うように考えます。

第一案
純正ラインを仮合わせ、イメージをつくります。
IMG_3057.JPG

第二案 カスタム感「全開のフロント回し」
次に今後の発展を踏まえたラインを仮付けします。
IMG_3058.JPG

IMG_3059.JPG

IMG_3060.JPG
この様にブレーキライン変更だけでも印象が「ガラッ」変わります。
今後のプランを湧き上がりますね\(^o^)/
この様なやり取りもオーナー様とメールでやり取りし制作過程を一緒に楽しんでおります。

組み上げ中の風景です。
マスターからダイレクトに2本で決めました。
IMG_3083.JPG

保護のチューブを付けて、赤色を消してます。
IMG_3084.JPG

完成ラインです。
次のカスタムは、ウインカーとフェンダー塗装かな?!
IMG_3088.JPG

ホース1つとっても印象が「ガラッ」と変わる、ブレーキライン
当店でカラ―オーダー可能な対応メーカー様は、
プロジェクトProject μ
HELLブレーキライン製
SPEED BRAKES製
の三社になります。 
在庫は、ありませんが長さ指定のお取り寄せなども可能です。
※送料/代引き手数料 別途

前回ご紹介してます DUCATImagazine 入荷しました。
当店のスタッフの本気度?! が伝わる数ページになります。
バイクライフにドップリ!! だね(^^♪これに載ってるよー。
DSC_1511.JPG

本日から販売している数量限定
10周年anniversaryプレートも半分位は、残っております\(◎o◎)/!
Napsベイサイド幸浦店ファンの方は、お早めに!! ・・・・・
DSC_1494-94f9f.JPG

1 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

カスタムドカティ制作プロジェクト!【ドカティ Monster821編】

カスタムドカティ制作プロジェクト!【ドカティ Monster821編】

日本一のドカティ Monster821(stripe)を作る!? 走りだしたら(気持ちが)が止まらなくなった用品店スタッフが作るカスタムバイク制作ブログ! 今回は2015年式 ドカティ Monster821 stripeをカスタムした模様をお伝えします!! テーマは「ドカティが本気でカッコ良いMonsterを作ったら」です。。。
ブレーキラインカスタム「プロジェクトμ」

ブレーキラインカスタム「プロジェクトμ」

ここ最近カスタムに制限があるブレーキライン。 近年ABS付きのバイクが当たり前となっております。 ホース交換と言っても、長さやABSユニットからの取り出しまで、どの様に対応するか多くの課題が上がってきます。
安定した電力で!! ポテンシャルを呼び起こせ!!

安定した電力で!! ポテンシャルを呼び起こせ!!

最近高性能/高出力エンジンには、採用が多いダイレクトイグニッションシステム 当店PITスタッフの渋〇氏TMAX530は、各メーカーから販売している点火系カスタムテストし、最終的にダイレクトイグニッション化に落ち着きました。
高性能バイクを求めて!! CB1300SBの可能性。

高性能バイクを求めて!! CB1300SBの可能性。

今日は、冬に作業を行った SC54 エンジンチューニングのネタをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ベイサイド幸浦店 ベイサイド幸浦店