2016年8月11日 更新

4月9日(土)全日本ロードレース併催MFJカップJP250クラス参戦記

106 view
3年ぶりに筑波サーキット開催される「全日本ロードレース」に併せて開催されるJP250の中でも大きな大会。

今回の筑波戦もフルグリッド36台のところ56台ものエントリーを集め、この大会の注目の高さを表しております。
全国から有力な国際ライダーの参加も多く、いつもの地方選手権とはレベルの違うレースになりそうです。

朝一番で行われた予選。
前日の練習走行で出した自己ベストタイムに遠く及ばず、集団の中に埋もれてしまいます。

2.jpg
photo by Gally728

いわゆる「位置取りに失敗した」という状態です。

5.jpg
photo by Gally728

なにぶんにも運に左右されるポイントではあるのですが、今回はまったくうまくいきません…

1.jpg
photo by Gally728

4.jpg
photo by Gally728

予選結果は21位…
なんとか予選は通りましたが、想定していた「予選10位以内」という目標からは大きく落とします。
筑波は非常に抜きにくいコース。
決勝も苦戦が予想できます。

4.jpg

そして午後の決勝。
スタートはドンピシャのタイミングで決まり、1コーナーまでに2~3台を抜いて、ポジションを上げます。
その後も周回ごとに順位を上げ、自分の走りをアピール。

1.jpg
photo by Gally728

12967359_938336036285896_4463892119899400301_o.jpg
photo by Kazuhiro Koyano

集団を抜け出し、前走車を追います。
タイからやってきた昨年のアジアドリームカップチャンピオン 56Design Sport所属のムクラダ・サラプーチ選手と熱いバトル!

5.jpg
photo by Gally728

6.jpg
photo by Gally728
7.jpg
photo by Gally728
こちらのムクラダ選手、とってもクールな女性ライダーです!(愛称は’ムック’ちゃんだそうです)


前走車のアクシデントにも助けられ、クラス5位でフィニッシュ!(総合8位)

9.jpg
photo by Gally728

12周で13個ポジションを上げました!
これで3戦連続の表彰台獲得!

9.jpg

正直なところ、予選21位という結果を聞いたときチームクルー全員が「今回のレースは終わったな…」と思ってました。
蓋を開けてみればクラス5位入賞!

「予選でいいタイムを出して、もっと前のグリッドからスタートできていれば…」との思いが胸をよぎりますが、決勝前はシングルフィニッシュなんて夢のまた夢だったので、怜は冷静な走りで見事にレースを組み立てたと思います。

それではライダー豊島怜によるレースレポートをお届けします。

全日本ロードレース選手権 筑波ラウンドのMFJ CUP JP250クラスに参戦しました。
結果は、予選21位
決勝8位(NAT5位入賞)

レース1週間前の合同テストでは、マシンの各種セッティングや、テストをしていたので、順位は気にしませんでした。
その翌日、スポーツ走行で少しペースを上げたらハイサイド転倒をしてしまいました。
今年初、R25での初転倒でした。

レースウィークの木曜日の合同テストは雨でした。
なので、急遽ACFさんにバイクを持っていき、修理やポジションの変更をしていただきました。

レースウィークの金曜日
ハイサイド転倒したので、足周りを重視してセッティングをしました。
変更したポジションも上手くいき、乗りやすくなりました。

走行の度にベストを更新。足周りのセッティングもかなり詰めることができました。
そして総合5番手タイムでテストを終えることができました。

レース当日

朝1で予選でした。
集団の中でアタックをしていたのですが、思うように走れなかったので、ピットインをして再スタートしました。単独でアタックしたのですが、スロー走行にひっかかり予選終了。

12976967_938336052952561_4268882915854431382_o.jpg
photo by Kazuhiro Koyano

結果は1組目で9位
総合で21位でした。。。

予選をミスして、こんなにも順位が落ち全日本の厳しさを思い知らされました。  決勝までに気持ちを切りかえ、この位置から表彰台を狙おうと思いました。

グリッドにつくと、観客席がほとんど埋まっていました。初めて見た光景で、とてもワクワクしました。
フォーメーションラップを終え、再度グリッドにつきます。。。

レッドシグナル消灯でスタートです。
1コーナーがワイドになってしまいましたが、なんとか無事にスタートを切れました。

レース序盤は、特に視野を広く走りました。
接触して順位を落とすこともありました。

1.jpg
photo by Gally728

とにかく、早くセカンドグループに追いつきたかったので、サードグループのトップに立った時にスパートをかけ、セカンドグループに追いつくことができました。

ラストラップまで我慢して、ラストラップに勝負をしかけました。

12967436_938336012952565_8642143301482732650_o.jpg
photo by Kazuhiro Koyano

4.jpg
photo by Gally728

結果はなんと!
総合8位でNAT5位表彰台!
21番グリッドから、長旅でした。。。

10.jpg

前へ!前へ!で走ってましたが、自分を失うことなく、かなり冷静に走れたと思います。
予選の大切さを改めて思い知らされました!

そしてなにより、とてもいい経験になったと思います

家族、チームスタッフの皆様、お手伝いに来てくださった皆様、写真を撮ってくださった皆様、今回のレースもありがとうございましたm(_ _)m

次回のレースも表彰台に立てるように頑張ります。
お疲れ様でした。



次戦は4月16日(土)にツインリンクもてぎで開催されるもてロー第2戦!
怜はJP250クラス、智博はCBR250Rドリームカップ エキスパートクラスに参戦いたします。
不安な点と言えば、怜のマシンが開幕からの酷使でかなりくたびれてしまっているんですよね…
「パワーサーキット」と言われるもてぎでこの問題がどう出るか?
皆様の応援、心よりお待ちしております。


テクニカルスポンサー
ダンロップモーターサイクル様(タイヤ)
グリップ商事様(タイヤ)
72Jam(ジャムテックジャパン)様(外装・ヘルメットペイント)
ワコーケミカル様(油脂類)
EKチェーン様(ドライブチェーン)
XAM JAPAN様(スプロケット)
カラーズインターナショナル様(ステップキット)
Projectμ様(ブレーキパッド)
J-TRIP様(レーシングスタンド)
NTR-TNK様(タイヤウォーマー)
MECHANIX WEAR(整備用手袋)
クラフトアルマジロ様(マフラー)
SHOEIヘルメット様
デグナー様(レザースーツ)
FIVE GROVES(ライディンググローブ)
FORMA PERFORMANCE BOOTS(レーシングブーツ)
ACF様(車両メンテナンス他)
N-PLAN様(車輌コーディネート・ライディングアドバイザー)
802SPEED様(怜・智博パーソナルスポンサー)
インテリアトシマ様(怜・智博パーソナルスポンサー)
Mr.itwoo(ヘルメット・レザースーツ・車両外装デザイン)
Mr.Yo_Hirasawa(イラスト作成)

Special thanks photo by
Gally728
Kazuhiro Koyano

8.jpgレース後の怜
超ドヤ顔ですw

7.jpg

6.jpg

5.jpg
キミたち兄弟はホント仲良しだね。

1.jpg
昨年の今頃はおんなじぐらいの背丈だったのに…w

3.jpg
チビッコが応援に来てくれました!名前はなんと「祥也」くん!
今度ポケバイを始めるんだってさ。もちろんゼッケンは48だぜ!

2.jpg

1 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

コンチネンタル製 「ContiRoadAttack 3 CR」がナップス横浜店に入荷しました!

コンチネンタル製 「ContiRoadAttack 3 CR」がナップス横浜店に入荷しました!

Z1000Rなどの旧車でサーキット走行などを楽しまれている方に朗報です! ドイツが誇る老舗タイヤメーカー「コンチネンタル」の新作タイヤ 「ContiRoadAttack 3 CR」がナップス横浜店に入荷しました! このタイヤは数少ない18インチのハイグリップラジアルタイヤで、筑波サーキットで開催される、「テイスト・オブ・ツクバ」のモンスタークラスと呼ばれる、Z1000Rなどのカスタムされた旧車が走るレギュレーションクラスで2018年においても過半数の選手が装着。 優勝した車両にも装着されていた「ContiRoadAttack 2CR」の後継モデルとなるタイヤになります!
横浜店 | 479 view
フロンブレーキの利きがワンテンポ遅い?『パッド』『ディスク』

フロンブレーキの利きがワンテンポ遅い?『パッド』『ディスク』

雨の日、バイクを乗っているととフロンブレーキの利きがワンテンポ遅い感じがしたりしてませんか? もしかすると・・・・
練馬店 | 2,478 view
人体に無害ってワケでも・・

人体に無害ってワケでも・・

皆様はサーキットやジムカーナ、ワインディング走行時にバイクを「振り回す」時の車体のガタって気になりませんか? ワタクシは適当な性格ではありますが、ハンドルに伝わるちょっとした振動や、ひざを押し付ける時のタンクのガタは非常に気になります。一度気になってしまうとダメな性質で、タイムも伸びないし楽しく走れない・・つまりテンションダダ下がりですよ ! そんなワケで、ガタ対策を兼ねて経年劣化で錆が出てしまったタンクのマウントボルトを一新してみました !
横浜店 | 565 view
鈴鹿8耐DVD入荷してます!!!

鈴鹿8耐DVD入荷してます!!!

7月30日に開催された鈴鹿8時間耐久ロードレースが早くもDVDで発売!!! 今大会は1978年に第1回目が開催されてから40回目を迎え、 MotoGPライダーのジャック・ミラーの参戦や世界耐久ロードレース選手権の最終戦、 海外での生中継など高い注目を集めた大会となりその記念すべき大会でヤマハファクトリーが 初となる3連覇を達成、通算7回目の優勝を飾る結果となっております。 鈴鹿8耐は現地観戦でも中継観戦でもチーム参戦でも通常のスプリントレースはまた違った感動と興奮があります。 その感動と興奮が詰まったDVDを入荷しましたので気になる方は2FDVDコーナーに足をお運びください。
埼玉店 | 36 view
鈴鹿8時間耐久の歴史 今年40回目を迎える記念レース。過去のレースを振り返る

鈴鹿8時間耐久の歴史 今年40回目を迎える記念レース。過去のレースを振り返る

今年で40回目の節目を迎える鈴鹿8時間耐久ロードレース(通称:8耐)。名前の通り、8時間もの長い間を走り続ける非常に過酷なレースです。1978年から始まり、最初は大規模な物ではなかったものの、歴史を積み重ねるごとに次第に各国のトップライダーが参加をするようになりました。現在では、FIM世界耐久選手権の1つに名を連ねています。アクシデントが多く、予想を裏切る番狂わせが起こることも魅力の1つ。そんな鈴鹿8耐の、過去のレースを振り返ってみましょう。
Naps-ONマガジン | 179 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ナップス ナップス