2018年10月23日 更新

読書の秋に読みたい!バイクが登場する小説6選

気温が心地よく、夜が長くなって読書が捗ることから「読書の秋」と呼ばれるこの季節。特にこの秋は台風が多く、休日にツーリングができないことも多いため、家でゆっくり読書をしたくなるという方も多いかもしれません。ライダーたるもの、せっかく読書をするなら、バイクが出てくる小説を読んで次回のツーリングへの期待を高めてみませんか?そこで今回は、作中にバイクが登場する小説を6作品ご紹介します。

331 view

「天竜川高校 竜競部!」:郁子匠

 (13076)

「やりたいことを見つけたい!」と意気込むヘタレ高校生が、高校の新入生歓迎会で見たド迫力のバイクスタンドに魅せられ、「竜競部」に入部。仲間とともにスポンサー集めに奔走する……という青春物語。少年たちのバイクに対する熱い想いや徐々に成長していく様子、レースの臨場感がリアルに描かれており、読むたびに新鮮な気持ちにさせてくれます。「最近、バイク熱が薄れてきたような気がする」「もう一度青春気分を味わいたい」という方は必読です!

「時々、風と話す」:原田宗典

男と女、そしてバイクをテーマにした短編集です。無骨な男と自由な女が織りなす恋模様は、ちょっぴりほろ苦い大人の味。執筆された平成初期の空気感が味わえる、どこかノスタルジックな空気感も特徴的です。一つひとつの話が短く、サービスエリアでの休憩ごとにさっと読める程度のため、ツーリングのお供にもぴったりですよ。

「千マイルブルース」:山田深夜

 (13081)

バイクと旅にまつわる物語を集めた短編集。バイク雑誌「アウトライダー」などに発表した作品が収められています。20年間勤めた会社を辞め、バイクにまたがりながら人生を見つめ直す男、かつて捨てた故郷を再びバイクで目指す男など、脱サラしてバイク小説を世に送り出す作者が自分を投影して描いた、アウトローで不器用な男たちの生き様が詰まった珠玉の一冊です。

「ロンツーは終わらない」:山田深夜

こちらは山田深夜氏の長編小説。頑固で孤独な中年ライダーが、ロングツーリング中の青森で“ワケあり”の青年をうっかり拾ってしまい、さまざまな「父と子」の姿を目にしながら東京までの道のりを共にするという物語です。ハラハラさせられる場面あり、笑いあり、涙ありの読み応えたっぷりな作品で、読み終わった後は家族の形や人生について深く考えさせられること間違いなし。

「風と旅とオートバイ」:斎藤純

 (13086)

それぞれのライダーたちの「心の旅」を描いた、12作品を集めた短編集。過度に「バイクの世界」を強調しすぎない、さらっと爽やかで軽快な読み応えが特徴的ながら、バイクに乗っているときのワクワクした気持ちを思い出させてくれる一冊です。ライダーの皆さまが楽しめるのはもちろん、バイクに乗らない家族や恋人に読んでもらい、バイクの楽しさをちょっぴり知ってもらうのにも最適な作品集です。

「ラスト ラン」:角野栄子

この物語の主人公は、なんと74歳のおばあさんライダー。自分の死期を悟り、人生を締めくくる「ラストラン」として東京から岡山へのロングツーリングを決行し、幼少期に死別した母の故郷を目指します。到着した母の故郷での女の子の「ゆうれい」との出逢い、他の霊との心温まる交流、「ゆうれい」の女の子の恋――。子どもでも楽しめるファンタジー要素をはらんだ和やかな物語ながら、生涯自分を貫くおばあさんライダーのカッコよさが描かれた作品でもあります。「年を取っても現役ライダーでいたい!」という気持ちを持つ方はぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

秋の夜長は物語の世界にどっぷりと浸かろう

せっかくの読書の秋。普段は外を走り回ってばかりという方も、たまにはどっぷりと物語の世界に浸ってみませんか?ひょっとすると、忘れかけていたバイクに乗れるありがたさや楽しさ、この世界の素晴らしさを、物語を通してより深く感じられるようになるかもしれません。
18 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

バイクが活躍する映画は数多く存在しますが、その中でも外せないのが1963年にアメリカで公開された不朽の名作『大脱走』でしょう。バイク好きなら知っている方も多いであろうこの映画の魅力について、詳しくご紹介していきます。
Naps-ONマガジン | 817 view
知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

バイク好きが高じて、「バイクに囲まれて仕事をしたい」「バイクに関する知識を活かしたい」といった思いを抱き、バイク業界で働きたいと考える方もいるでしょう。しかし、バイク業界で働くにはただ「バイクが好き」という気持ちをもっているだけでは不十分。業界への理解や、一歩踏み込んだ問題意識、バイクに直接関係することに留まらない多種多様な知識・経験が必要です。そこで今回は、バイク業界への就職を成功させるポイントについて解説します。
Naps-ONマガジン | 925 view
事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

自動車の横を走行中に、「もしかしてこっちが見えていないのかな?」とドキッとした経験は、ライダーならほとんどの方があるのではないでしょうか。教習所で習った通り、自動車を運転していると、視界にまったく入らない「死角」が生まれます。ライダーが自動車の死角を走行していると、最悪の場合、事故に巻き込まれてしまうことも。今回は死角となりやすい位置と、死角に入るのを避ける方法をご紹介します。
Naps-ONマガジン | 904 view
【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

ベテランライダーの所作から、バイク乗りの極意を学ぼうとしている初心者の皆さん!ほかのライダーのクセを見つけては「シブい!」と感銘を受けている方もいるのではないでしょうか?しかし、バイクを走らせるうえで必要のない挙動をルーティンにしているベテランライダーもちらほら。実はエンジンを止める前の「空ぶかし」も “無駄ルーティン”のひとつなんです!
Naps-ONマガジン | 3,861 view
目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

長い時間運転をしていると、目の渇きや疲れのせいで危険を見落としやすくなりますよね。目が疲れていなくても、トンネルに入った瞬間や出た直後は周囲の明るさが急に変わることで前方を走る車が見えなくなってしまうことも。運転時に起こりがちな目の錯覚を知り、危険を早めに察知しましょう!
Naps-ONマガジン | 661 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Naps-ONマガジン Naps-ONマガジン