2018年10月10日 更新

【バイクヒストリア】世界に衝撃を与えた「1100カタナ」

バイクが初めて生み出されてから長い年月が経ちます。その間には多くのモデルが生産されてきましたが、その中でもひときわ大きな輝きを放っていたモデルがスズキによって開発された「1100カタナ」です。20年もの間多くの人たちから愛されたカタナには、どのような魅力が詰まっていたのでしょうか。

1,850 view

世界中の人を驚かせた「ケルンの衝撃」

 (10974)

1980年に当時西ドイツのケルンで開催されたショーにおいて、その独創的かつ斬新なフォルムが世界中を驚かせ、「ケルンの衝撃」とまでいわれたスズキのカタナ。そのフォルムからあくまでショーモデルだろうと考える人が多かったのですが、翌年ほとんどデザインに変更がないまま一般販売されました。

ドイツ人デザイナーであるハンス・ムートが日本刀をイメージして作成したデザインは、「かっこいいバイクが作りたい」と常々考えていたスズキにとってどんぴしゃりなものであったため、ほとんどそのままのスタイリングで販売がされたのだとか。

その独創的なデザインから、カタナは日本国内でも大きな人気を博しましたが、当時の日本ではバイク販売は750 ccまでという規制があったため、1100 ccのカタナは逆輸入という形をとらざるを得ませんでした。そのため、一般のライダーたちにとってはなかなか手の届かない存在だったのです。

リターンライダーに愛される「1100カタナ」

 (10977)

1981年に販売された1100カタナは、1984年に一旦生産終了となったものの、再販希望の声が多かったことから87年に生産再開。2000年のファイナルエディションまで、実に20年もの間販売が続けられた非常に息の長いモデルとなりました。

そして1100カタナの人気は、今なお衰えることはありません。ここ最近は、若かりし頃にバイクを走らせていた中高年の元バイク乗りが再びバイクに乗る、「リターンライダー」が増えてきています。このリターンライダーたちから大きな支持を集めるのが、彼らが青春時代に憧れたモデル1100カタナなのです。

今、1100カタナに乗る際注意したいこと

1100カタナは今なお多くのライターたちから人気であり、愛車としている人が少なくありません。その中には、オリジナルはオリジナルのままに留め、カスタムはしたくないという人がいるでしょう。しかし、流石に販売開始から30年以上が経ち、ファイナルエディションからも15年以上が経っています。一つ一つのパーツが劣化している可能性も十分に考えられるため、妥協する箇所は妥協し、しっかりとカスタムをするようにしましょう。
GSX1100S

GSX1100S

ヨシムラ手曲げチタンDRAGサイクロン装着車

「1100カタナ」は今なお多くの人から愛されている

発売から数十年が経った今でも、1100カタナの人気が衰えることはありません。コストや現実性を優先するのではなく、「かっこいいものが作りたい」という想いが込められたモデルだからこそ、こんなにも多くの人を惹きつけてやまないのかもしれませんね。
11 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

バイクが活躍する映画は数多く存在しますが、その中でも外せないのが1963年にアメリカで公開された不朽の名作『大脱走』でしょう。バイク好きなら知っている方も多いであろうこの映画の魅力について、詳しくご紹介していきます。
Naps-ONマガジン | 703 view
知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

バイク好きが高じて、「バイクに囲まれて仕事をしたい」「バイクに関する知識を活かしたい」といった思いを抱き、バイク業界で働きたいと考える方もいるでしょう。しかし、バイク業界で働くにはただ「バイクが好き」という気持ちをもっているだけでは不十分。業界への理解や、一歩踏み込んだ問題意識、バイクに直接関係することに留まらない多種多様な知識・経験が必要です。そこで今回は、バイク業界への就職を成功させるポイントについて解説します。
Naps-ONマガジン | 772 view
事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

自動車の横を走行中に、「もしかしてこっちが見えていないのかな?」とドキッとした経験は、ライダーならほとんどの方があるのではないでしょうか。教習所で習った通り、自動車を運転していると、視界にまったく入らない「死角」が生まれます。ライダーが自動車の死角を走行していると、最悪の場合、事故に巻き込まれてしまうことも。今回は死角となりやすい位置と、死角に入るのを避ける方法をご紹介します。
Naps-ONマガジン | 772 view
【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

ベテランライダーの所作から、バイク乗りの極意を学ぼうとしている初心者の皆さん!ほかのライダーのクセを見つけては「シブい!」と感銘を受けている方もいるのではないでしょうか?しかし、バイクを走らせるうえで必要のない挙動をルーティンにしているベテランライダーもちらほら。実はエンジンを止める前の「空ぶかし」も “無駄ルーティン”のひとつなんです!
Naps-ONマガジン | 3,299 view
目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

長い時間運転をしていると、目の渇きや疲れのせいで危険を見落としやすくなりますよね。目が疲れていなくても、トンネルに入った瞬間や出た直後は周囲の明るさが急に変わることで前方を走る車が見えなくなってしまうことも。運転時に起こりがちな目の錯覚を知り、危険を早めに察知しましょう!
Naps-ONマガジン | 593 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Naps-ONマガジン Naps-ONマガジン