2017年6月29日 更新

鈴鹿8時間耐久の歴史 今年40回目を迎える記念レース。過去のレースを振り返る

今年で40回目の節目を迎える鈴鹿8時間耐久ロードレース(通称:8耐)。名前の通り、8時間もの長い間を走り続ける非常に過酷なレースです。1978年から始まり、最初は大規模な物ではなかったものの、歴史を積み重ねるごとに次第に各国のトップライダーが参加をするようになりました。現在では、FIM世界耐久選手権の1つに名を連ねています。アクシデントが多く、予想を裏切る番狂わせが起こることも魅力の1つ。そんな鈴鹿8耐の、過去のレースを振り返ってみましょう。

177 view

歴史の幕開け!史上初の時間短縮もあった第1~10回大会

※写真はイメージです

※写真はイメージです

1978年から始まった鈴鹿8耐。記念すべき初代王者はウェス・クーリーとマイク・ボールドウィンのアメリカ人コンビでした。ボールドウィンは第4回大会、第7回大会でも優勝し、初の鈴鹿8耐で3勝を収めたレーサーでもあります。

史上初の時間短縮がおこなわれたのは、第5回大会。この年は台風が接近するという状況下でおこなわれ、雨の激しさからライダーが転倒すると水しぶきがあがるほどの状況に。時間も通常の8時間から6時間に短縮され、色々な意味で記憶に残る大会になりました。

第7回大会より排気量の上限が1000 ccから750 ccに変更されました。これにより、一気に躍進を果たしたのがホンダです。前年よりこの排気量変更を見据え準備をしていたホンダは、ここから怒濤の3連覇を達成。第10回大会でヤマハが初制覇を果たすまで、ホンダ時代が続きました。また、ライダーとしてはオーストラリア人のワイン・ガードナーが第8回大会と第9回大会で優勝し、史上初の連覇を達成しています。

様々な「初」が飛び出した第11~20回大会

※写真はイメージです

※写真はイメージです

ヤマハが連覇を達成した第11回大会以降は、ヤマハとホンダによる激しい覇権争いが繰り広げられました。そんな中で注目したいのが、様々な「初」が飛び出したというところ。第13大会では、端正なルックスで人気を集めた日本人人気レーサー平忠彦が、悲願の初優勝を飾ります。初めての鈴鹿8耐レース参加から10年、ようやく掴んだ栄冠でした。

その平と並ぶ人気レーサーとして鈴鹿8耐を引っ張っていたのが、ワイン・ガードナーです。ガードナーは自身の引退レースとして臨んだ第15回大会で優勝。外国人として初の鈴鹿8耐4勝目をあげ、引退に華を添えました。平とガードナー、鈴鹿8耐を盛り上げた2人のレーサーは、奇しくも同じ1992年にサーキットから去ることになったのです。

第16回大会では、ホンダとヤマハの牙城を崩し、カワサキが悲願の初優勝。現時点では、これがカワサキ唯一の優勝となっています。この優勝の立て役者であり、その後の8耐レースの主役にもなったのがオーストラリア人のアーロン・スライトです。カワサキからホンダに移った後も優勝を重ね、ライダーとして史上初の3連覇を達成しました。この偉業は、いまだに破られることなく輝き続けています。

日本人レーサーが新記録を樹立!痛ましい事故もあった第21~30回大会

※写真はイメージです

※写真はイメージです

第21回大会は、他レーサーがマシントラブルに見舞われるなどのアクシデントもあり、宇川徹と伊藤真一が第20回大会に続いての優勝を飾り、連覇を達成しました。宇川はこの後第23回大会、第27大会、第28大会でも優勝を成し遂げ、鈴鹿8耐史上最多となる5回の優勝を達成することになります。また、宇川同様偉業を成し遂げたのがホンダです。第20回大会での優勝を皮切りに連覇を重ね、前人未到の9連覇を達成。まさに、わが世の春を謳歌していました。

第23回大会では、痛ましい事故が起こってしまったことも忘れてはいけません。この大会の32週目に、レーサーの山川守が転倒。全身を強く打ち、まもなく死亡が確認されました。この事故は、鈴鹿8耐が始まってから23年目にして初めて起こってしまった死亡事故として、現在でも記憶されています。

震災の影響も受けた第31~39回大会

※写真はイメージです

※写真はイメージです

東日本大震災のあった2011年。鈴鹿8耐は第34大会を中止することなく開催しましたが、当時は福島原発の事故による影響もあり、電力不足が叫ばれていました。鈴鹿8耐もそうした事情を考慮し、夜間の走行を避けるべくレース開始時間を1時間繰り上げた10時30分にすることを決定。これにより、8時間走行でありながら夜間走行のなくなった、初めてのレースとなりました。第37回大会では開始直前の降雨により初の順延スタートになるなど、レース時間が不安定であったこともこの時期の特徴です。

もう1つの特徴は、鈴鹿8耐が始まってから常にレースをリードし、絶対王者として降臨していたホンダが、第39大会でついに表彰台を逃してしまいます。これは実に27年ぶりの出来事。代わりに覇権を握ったのがヤマハ。第38回大会、第39回大会で連覇を達成し、新たな時代を築かんと野心を見せています。

第40回大会にはどのようなドラマがあるか

40年にも及ぶ歴史の中で、数々のドラマを見せてくれた鈴鹿8耐。節目の年となる今年は、いったいどのようなドラマを見せてくれるのでしょうか。
15 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

バイクが活躍する映画は数多く存在しますが、その中でも外せないのが1963年にアメリカで公開された不朽の名作『大脱走』でしょう。バイク好きなら知っている方も多いであろうこの映画の魅力について、詳しくご紹介していきます。
Naps-ONマガジン | 763 view
知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

バイク好きが高じて、「バイクに囲まれて仕事をしたい」「バイクに関する知識を活かしたい」といった思いを抱き、バイク業界で働きたいと考える方もいるでしょう。しかし、バイク業界で働くにはただ「バイクが好き」という気持ちをもっているだけでは不十分。業界への理解や、一歩踏み込んだ問題意識、バイクに直接関係することに留まらない多種多様な知識・経験が必要です。そこで今回は、バイク業界への就職を成功させるポイントについて解説します。
Naps-ONマガジン | 852 view
事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

自動車の横を走行中に、「もしかしてこっちが見えていないのかな?」とドキッとした経験は、ライダーならほとんどの方があるのではないでしょうか。教習所で習った通り、自動車を運転していると、視界にまったく入らない「死角」が生まれます。ライダーが自動車の死角を走行していると、最悪の場合、事故に巻き込まれてしまうことも。今回は死角となりやすい位置と、死角に入るのを避ける方法をご紹介します。
Naps-ONマガジン | 844 view
【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

ベテランライダーの所作から、バイク乗りの極意を学ぼうとしている初心者の皆さん!ほかのライダーのクセを見つけては「シブい!」と感銘を受けている方もいるのではないでしょうか?しかし、バイクを走らせるうえで必要のない挙動をルーティンにしているベテランライダーもちらほら。実はエンジンを止める前の「空ぶかし」も “無駄ルーティン”のひとつなんです!
Naps-ONマガジン | 3,556 view
目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

長い時間運転をしていると、目の渇きや疲れのせいで危険を見落としやすくなりますよね。目が疲れていなくても、トンネルに入った瞬間や出た直後は周囲の明るさが急に変わることで前方を走る車が見えなくなってしまうことも。運転時に起こりがちな目の錯覚を知り、危険を早めに察知しましょう!
Naps-ONマガジン | 630 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Naps-ONマガジン Naps-ONマガジン