2016年11月13日 更新

バリオスⅡ カスタムレポート2

今回はバリオスⅡの点火系カスタムを施しました。

4,007 view
ナップス千葉北インター店カスタム担当の伊藤です。
今年もあと2ヶ月ですね。11月に入り、千葉はとても寒いです。

さてと、今回はバリオスⅡの点火系カスタムを施しました。
IMG_2542.jpg
この車両はまだ大丈夫なのですが、バリオス(ZXR250系)のエンジンは寒い日の朝一発目のエンジン始動が困難になる事が多く、オーナー様とも話し合い、「点火系をシッカリやっておこう」ということになりました。

チョイスしたパーツが、

交換前にキャブレターのコンディションをチェックします。
マフラー交換前もそうだったのですが、6000回転付近でグズる症状がありました。
キャブレターの同調チェックのためにエアクリBOXを外したら、エアクリBOXとキャブレターの間には挟まっているはずのパッキンが4番だけ入っていませんでした・・・これが原因か!?
購入したバイク屋さんで納車整備はしてもらったそうですが、キャブ清掃をした形跡があるのでその時にかな?

さてさて、ズレていた同調を合わせ、イグニッションコイル、プラグコード、プラグを交換しエンジン始動。
※イグニッションコイルのステーを若干加工して取り付けました。

何だ、この鬼レスポンス・・・!

過去にZRX1200ダエグへ組んだときもそうだったのですが、ASウオタニのコイルはすごいですね!今回はプラグコードとプラグも変えたので効率よく火花放電しているのがわかります。
これは乗っていて気持ち良いでしょうね!きっとオーナー様も乗った瞬間にヘルメットの中でニヤリとなるでしょうw



では、今日はこのへんで。
2 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バリオスⅡ カスタムレポート3

バリオスⅡ カスタムレポート3

カスタムパーツを付けるなら「魅せる」付け方をしたいですし、もちろん性能UPも狙っています。出来るならやる!がモットーの千葉北インター店です。
バリオスⅡ カスタムレポート

バリオスⅡ カスタムレポート

現行の250ccクラスには4発エンジンがないので未だに人気のある車種ですね。
ナンバー周りをドレスアップしませんか?

ナンバー周りをドレスアップしませんか?

経験した方ならわかると思いますが、ナンバープレート+リフレクター+ナンバー灯を重ねて持ちながらボルト穴を合わせつつ車体に取り付けようとするとステーのどれかがズレたりとイライラするんですよね(笑) このPOSHのステーならそのイライラから解消されるのでオススメですよ。
TYGON クリアフルードホース

TYGON クリアフルードホース

TYGON社の2375クリアホースはバッテリー液にも耐え、ブレーキフルードに使われているグリコール液剤に対応しているので、「汗」をかいたり収縮や硬化が起きにくいホースなんです。
EK フルブラックチェーン

EK フルブラックチェーン

ピンまで真っ黒なチェーンが密かなブームになっています。 これで社外のスプロケットをコーケンのアルマBOXでハードアルマイトでブラックにすることにより、完全になるブラックアウトが可能になりました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千葉北インター店 千葉北インター店