2016年10月28日 更新

バリオスⅡ カスタムレポート

現行の250ccクラスには4発エンジンがないので未だに人気のある車種ですね。

3,716 view
001.jpg
ナップス千葉北インター店カスタム担当の伊藤です。

今日はモンキーではなくバリオスⅡのカスタムレポートになります。
現行の250ccクラスには4発エンジンがないので未だに人気のある車種ですね。

しかも、この車両・・・
003.jpg
走行距離549kmの極上車なんです。

ご購入時にエンジンガードなどライトなカスタムがされていたそうで、当店でNプロジェクト ブラスターⅡをご購入いただき、ビキニカウルとラジエターガードをボディー同色にペイントされた状態での入庫です。
適合表にはバリオスⅡ用は載っていません。ゼファー400用が付きますが、フルボトム時にビキニカウルとフロントフェンダーが当たる可能性がある、とのことです。



IMG_2502.jpg

オーリンズのリアショックもバリオスⅡ用のラインナップはありません。
ノーマルのリアショック長が325mm。XJR400用を流用する方もいますが、320mmと短く、車高調整機構が付いていないのでややケツ下がりの姿勢になってしまいます。
そこで344mmのゼファー400用を車高調整機構で341mmにセットして取り付け後、サグを確認。
あとは乗っていただいてセッティングもしくはバネ交換で対応します。



006.jpg
懐かしいアイテム、NHK ステアリングダンパーです。
伊藤も20代の頃、東京湾岸や峠を走っていたんですが、当時の愛車であるNC35とNSR250Rに付けてました。
ステダンに関しては賛否両論あると思いますが、お客様には特性など説明させていただき最弱状態で使用していただきます。



では、今日はこのへんで・・・



あ、タイヤを忘れていました!
005.jpg
走行距離549kmということは、新車納車時から一度も変えてないと思われるダンロップGT401(現行はGT601)。
製造日の刻印を見ると2007年製とわかりました。

004.jpg
いくらバリ溝とはいえ、9年前のタイヤですので交換します。



まだカスタムは続きますが、残りは注文したパーツが届いてからになります。

2 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バリオスⅡ カスタムレポート3

バリオスⅡ カスタムレポート3

カスタムパーツを付けるなら「魅せる」付け方をしたいですし、もちろん性能UPも狙っています。出来るならやる!がモットーの千葉北インター店です。
バリオスⅡ カスタムレポート2

バリオスⅡ カスタムレポート2

今回はバリオスⅡの点火系カスタムを施しました。
ナンバー周りをドレスアップしませんか?

ナンバー周りをドレスアップしませんか?

経験した方ならわかると思いますが、ナンバープレート+リフレクター+ナンバー灯を重ねて持ちながらボルト穴を合わせつつ車体に取り付けようとするとステーのどれかがズレたりとイライラするんですよね(笑) このPOSHのステーならそのイライラから解消されるのでオススメですよ。
TYGON クリアフルードホース

TYGON クリアフルードホース

TYGON社の2375クリアホースはバッテリー液にも耐え、ブレーキフルードに使われているグリコール液剤に対応しているので、「汗」をかいたり収縮や硬化が起きにくいホースなんです。
EK フルブラックチェーン

EK フルブラックチェーン

ピンまで真っ黒なチェーンが密かなブームになっています。 これで社外のスプロケットをコーケンのアルマBOXでハードアルマイトでブラックにすることにより、完全になるブラックアウトが可能になりました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千葉北インター店 千葉北インター店