2019年4月19日 更新

バイク車検の有効期間はどのぐらい?車検にかかる時間は?

大型バイクの魅力は重量とパワーがあるので馬力や加速性能が驚くほどいいことです。せっかくバイクを購入するならバイクの魅力をたくさん感じられる大型車種に乗りたいですよね。 しかし250ccを超える排気量のバイクは車と同様に車検を受けなければならないのです。今バイクの車種で迷っている人や車検を控えている人に知ってもらいたい、車検の有効期限や所要時間についてご紹介します。

341 view

有効期限はどれくらい?何年に一度受けなきゃいけないの?

バイクの車検は大きく分けて2つの方法があります。ではまず、販売店へバイクを持って行って車検をお願いする方法からご紹介します。

販売店にお願いする場合は車検設備を行ってから公的な機関で手続きをするため、どうしても時間はかかってしまいます。早くても2~3日、パーツの交換などがあると1週間くらいかかる場合もあります。

日数がかかるのが厳しい場合には信頼できる販売店に相談し、車検が切れる前に打ち合わせをしてできるだけ早く終わるように交渉してみましょう。

また、販売店によってはその車検の間に有料で代車を貸してもらえるところもあるので、代車制度がある販売店を探すのも一つの手です。販売店に全てお任せで車検を終わらせることができるので、手間は一番少なく済ませることができます。しかし費用はお高めです。

2つ目はユーザー車検で車検に出す方法です。このユーザー車検というのは自分でバイクを陸運局へ持っていき、手続きなどをすべて自分でやる方法です。

ユーザー車検は予約制になっており、時間と費用をかなり短縮できます。早ければ2、3時間で終わることもあります。注意しなければならないのが、陸運局が開いている平日の朝9時から夕方17時前後までに行かなければならないことです。

平日はいつも仕事だという人はユーザー車検に行く時間を確保するのが大変ですよね。また、実際陸運局に行って様々なテスト項目をするためバイクに自分自身が詳しくないといけません。

不合格な箇所があった場合は自分で直したり近くの販売店に持って行って再検査を受けなければなりません。そのためバイクの状態によっては結局何日もかかってしまう場合があります。

販売店に持って行ってお願いするよりも手間がかかってしまいます。

車検はどれくらいの時間がかかるの?

バイクの車検は大きく分けて2つの方法があります。ではまず、販売店へバイクを持って行って車検をお願いする方法からご紹介します。

販売店にお願いする場合は車検設備を行ってから公的な機関で手続きをするため、どうしても時間はかかってしまいます。早くても2~3日、パーツの交換などがあると1週間くらいかかる場合もあります。

日数がかかるのが厳しい場合には信頼できる販売店に相談し、車検が切れる前に打ち合わせをしてできるだけ早く終わるように交渉してみましょう。

また、販売店によってはその車検の間に有料で代車を貸してもらえるところもあるので、代車制度がある販売店を探すのも一つの手です。販売店に全てお任せで車検を終わらせることができるので、手間は一番少なく済ませることができます。しかし費用はお高めです。

2つ目はユーザー車検で車検に出す方法です。このユーザー車検というのは自分でバイクを陸運局へ持っていき、手続きなどをすべて自分でやる方法です。

ユーザー車検は予約制になっており、時間と費用をかなり短縮できます。早ければ2、3時間で終わることもあります。注意しなければならないのが、陸運局が開いている平日の朝9時から夕方17時前後までに行かなければならないことです。

平日はいつも仕事だという人はユーザー車検に行く時間を確保するのが大変ですよね。また、実際陸運局に行って様々なテスト項目をするためバイクに自分自身が詳しくないといけません。

不合格な箇所があった場合は自分で直したり近くの販売店に持って行って再検査を受けなければなりません。そのためバイクの状態によっては結局何日もかかってしまう場合があります。

販売店に持って行ってお願いするよりも手間がかかってしまいます。
 (13831)

ユーザー車検でチェックされる項目は?準備するものは?

自賠責保険証明書、車検証、納税証明書、定期点検整備記録簿、以上の4点の書類を準備し、車検の予約を取ります。

今はインターネット上でも車検の予約をすることができるので、自分の住んでいるエリアの陸運局のホームページから予約しましょう。

当日は陸運局側が用意してくれる書類が数枚あるので、それに記載をして必要費用を払います。そのあと実際にバイクの検査が始まります。

主なチェック項目は、ヘッドライトの光軸にずれがないか、保安部品(ウィンカーやブレーキランプなど)の不備がないか、排ガス基準を守っているか、マフラー音量がうるさすぎないか、タイヤの劣化が進んでいないか、速度メーターの誤差がないか、ブレーキが正常かなどをみられます。

これらの項目は前日までに不備がないか、自分のバイクをしっかり見ておきましょう。

問題なく規定内であれば合格し、車検証を交付してもらえます。一発で合格できれば良いのですが、何かしら車体に不備があれば不合格となり再検査が必要となります。もし再検査になったら不備部分を販売店で修繕してもらい、再度検査を受けに行かなければなりません。

主に通りにくいのがヘッドライトの光軸だといわれています。特に古い車種だとヘッドライトの劣化が進み、規定内の光まで届かず落とされてしまうことも多いんです。

また比較的新しいバイクでもヘッドライトのハイビーム光軸がズレてしまい、合格にならないケースもよくあります。

自分に合った車検の選び方を!

いかがでしたか?自分の大事なバイクですから大事に乗りましょう。車検なんて大変と思った方は車検がない250cc以下のバイクを選ぶのも一つの手かもしれません。

しかしその場合でも定期点検はあるので忘れないようにしましょう。バイクは車と違い自分で車検を通すこともできるので、愛車をもっと知るという意味でユーザー車検を選ぶもよし、お金はかかってもいいから定期的に販売店で見てもらいという場合には、信頼できる販売店を探して車検をお願いするもよしです。

自分に合った車検を選び、バイクライフを満喫しましょう!
9 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

あなたは大丈夫?サイズや面積など、バイクウインカーの車検基準

あなたは大丈夫?サイズや面積など、バイクウインカーの車検基準

排気量が251CC以上のバイクは、4輪自動車と同様に車検を受ける必要があります。方法としては、整備業者に任せる、自分で持ち込んで車検を受ける(ユーザー車検)、検査を業者に代行してもらう(車検代行)の3つがあります。 このうち、整備業者に任せる以外の選択では、自分でバイクのパーツが保安基準を満たしているか確認する必要があります。車検代行は最低限の整備(光軸調整など)はしてくれますが、基本的に検査を受けるのを代行してくれるサービスなので、不備があれば車検落ちで持って帰るか、整備をしてもらって受け直すかを依頼者が選択しなければなりません。 この記事ではバイクウインカーの車検基準について説明します。
Naps-Onライター | 535 view
バイク車検は"いつ”の納税証明書が必要?なくした場合の対処法とは?

バイク車検は"いつ”の納税証明書が必要?なくした場合の対処法とは?

これからバイクの車検を受ける方、必要書類の準備は終わりましたか。バイクの車検を受けるためには、最低でも3つの書類を揃える必要があります。「納税証明書」もそのひとつです。 車検の予約をして安心しきっていたら、当日になって必要書類が揃わなかったというケースも。直前で慌てないためにも、どんな書類が必要になるのかきちんと把握しておきましょう。 この記事では、必要書類の種類と納税証明書をなくしてしまった場合の対処法について解説します。
Naps-Onライター | 139 view
バイクの車検ステッカーの貼り方は?綺麗に貼るためのコツを紹介

バイクの車検ステッカーの貼り方は?綺麗に貼るためのコツを紹介

みなさんは「車検ステッカー」の存在はもうご存知でしょうか。すでにバイクに乗っている方はよく知っているかと思いますが、これからバイクを購入しようとしている方には馴染みのないものかもしれません。この記事では、バイクを所有するためになくてはならない「車検ステッカー」についてまとめていきます。 後述しますが、このステッカーは決められた位置に貼らないと法律違反となってしまいますので、正しい貼り方を覚えておきましょう。
Naps-Onライター | 480 view
バイクの車検費用はどのぐらい?バイクの車検費用相場を解説!

バイクの車検費用はどのぐらい?バイクの車検費用相場を解説!

バイクは一定以上の排気量のものになると、自動車と同じように車検が必要になってきます。では、この車検にかかる費用というのはいったいいくらくらいになるのでしょうか。今回の記事では排気量がどのくらいになれば車検が必要になるのか、車検は何年ごとにあるのか、どのくらいが車検費用の相場で最低どのくらいかかるのかについて解説します。また、この車検費用が安くなるのかという方法についてもご紹介しますので参考にしてみてください。
Naps-Onライター | 2,366 view
【バイク車検の基本】バイク車検項目の内容は?

【バイク車検の基本】バイク車検項目の内容は?

バイクの車検を受けるのであれば、車検項目を知っていることが大事です。車検を依頼するときに、どのような整備が必要になるかを知ることができるからです。また、バイクの車検でよく落ちる例を把握しておくと、整備のポイントも理解できるでしょう。ここではバイク車検の項目内容を、よくある失敗例を含めて詳細に解説していきます。
Naps-Onライター | 1,135 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Naps-Onライター Naps-Onライター