2019年5月15日 更新

軽トランポ生活、はじめました

軽トランポ生活はじめました。 ある意味日本で最も走っている車両ではなかろうか、と言うこの車両。 色々な先達が愛車を積載し、バイクライフを楽しんでいらっしゃる模様。 これにブログ担当Aも乗っかってしまいました!

2,292 view
長らく御無沙汰しております、ナップス横浜店ブログ担当Aでございます!

ようやくネタ切れと言う名の冬眠から覚め、執筆させて頂きます!!

さてさて、今回のブログのネタとしましては・・・。

暖かくなってきたこの時期(本日4月27日は生憎のお天気、気温ですが)バイクで色々と出かけたり、バイクを色々とカスタムしたり、バイクを色々とメンテナンスしたくなります。

そんな中、あると便利なのが、【バイクを積載できる車両】です!

海外ではピックアップトラックが主流ですが、湿気が多く、雨もそれなりに多い日本では、ハイエースやキャラバンと言った、箱型ワンボックス車両が定番です。

しかし・・・、車両価格が中々・・・。そして維持費も中々・・・。

家族からは『そんな大きなクルマ運転できないから要らない!』なんてお言葉も・・・・orz


なんとかバイクが積載出来て、ボディ・維持費共にコンパクトな車両は何かないものか・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・!!

閃いたブログ担当A

017675b199c41b7f850fc3cce0e6538c05f44983f0.jpg
ハイゼットならぬ、ピクシスです

軽トランポ生活はじめました。


ある意味日本で最も走っている車両ではなかろうか、と言うこの車両。
色々な先達が愛車を積載し、バイクライフを楽しんでいらっしゃる模様。


これにブログ担当Aも乗っかってしまいました!


家族からは、『ドアが自動で開かない』とか『後部座席に乗る時、位置が高い』などと、チクチク言われておりますが、そこはそれ。
色々な妥協点を探った結果、軽ワンボックスに落ち着きました。

我が家の車両は色々な妥協点を探った結果、この手の車両のお約束、倒せばフラットな床になってくれる『ベンチシート』には出来ず、スタンダードなセパレートタイプ。

01844123be16492ed4563e4916c51e0dc2d8f90d8d.jpg
このフラットでは無いシートで載せられるのか?

原付サイズの車両であれば、あまり心配もせずに積載出来ますが、ワタクシの愛車は WR250R(17インチ)
俗に言う『フルサイズのオフ車』と言えるカテゴリーです。
一番のネックは高さ! 天井に収まるかが問題です。

21インチの車両の場合ですと、フロントホイールに一輪車のホイールを装着させ高さを合わせる、なんて猛者もいらっしゃいますが、自分の車両は17インチ。僅かながら高さに余裕があるので、その手法はあえて取りません。

しかし、そのままでは収まらない為、積載前に下準備を行います。

01a893c16d2507c08d5dfbeaa693ece206a77c8c57.jpg01af979fa82a01160df796002104786f2651e95e2b.jpg

まず、フロントフォークを縮めます。

アクスルシャフトが純正で貫通タイプのこの車両。
色々と小細工をして、タイダウンベルトで縮めます。目いっぱい縮めないといけません。

どうやって縮めるのか?
UN-D0101.jpg
via www.dirtfreak.com

俗に言う『モトクロッサー』などの競技車両には、こんな便利な商品が・・・。
UN-D0101 『UNIT フォークプルダウンフック』

アクスルシャフトの六角寸法が合えば・・・・。
残念ながらWR250Rのサイズには合いませんでしたので、別な物を作ってフロントフォークを縮めます。


011e49fafa4de58e366197ea7890ffea599fe87887.jpg

次はラダーレールをクルマに設置!!
01c5570a46bc2b3ea1a41ca8a29970a59ed02c2fdf.jpg

ラダーレールが外れない様にこちらもタイダウンベルトでしっかり固定!


01e9cc9bf41452e61cad4ed1e6fe5e41db8021c516.jpg

こういう『足付き』のタイダウンベルトは、車体がレールに載った際に『たわむ』ので地面から少し浮かせた位置に合わせておくと安心です。


いざ、積込みです!!


01c50ad8c58cf924b8c376f6e4b721aead96222aa2.jpg01766ed065a4439d822729381b2c034f442b7a055d.jpg01a77c60bf091302c46f2549e889a0ed6da46c78bd.jpg01e88b75dc06070d7a870f5fd7c31272cdd235c5ae.jpg01de120c58c87f858d9c99a623507d2128f9344691.jpg01553b45d25b9e03a3130e92991e3e332336d56e11.jpg010d92d9dddf8315bfba92267e8cf0b10ebb52a548.jpg01b219e55a64c13e8a01faceb06c72d99f7af2fcd6.jpg

おりゃぁぁぁっっ!!と、積込みます。

01852acdb63c0982bb2267a48394681f91ea36ccfd.jpg

細かな位置を合わせて、ひと段落。
エンジンを掛けずに人力でやったので、中々の運動です。

0184d5f1c8117612c8629828871b619d5961f671f5.jpg0134494d3f48ed5c09d68cfb0b30dffc8ffeee4a3a.jpg

フロントフォークを縮めておいたお蔭で天井も何とかクリア!

ここで気を抜かず、タイダウンベルトで車両が暴れない様に固定して行きます。

01c4a6e718c6375a6bea5e6fe988a2437098d0d4f2.jpg01d8f9df55d212e7ea3ab2e703ab33d7333f243f1c.jpg
※固定の方法は一例です。車両により、様々な固定方法について工夫が必要です。

最後に忘れてはいけないのが、『後部ハッチが閉まるか?』です。
寸法に問題が無ければ心配ないですが、今回の様にギリギリの場合は注意が必要です!

01909f385f444e8737cf6f6f8a594cad3990612dab.jpg
ローダウンしておいて良かった・・・・、ホント良かった。。。

積載が完了して、油断してバァン!と閉めたらどうなるか・・・?




01cc78311e1167a9dd2e55e848bd7e8c0ae4390646.jpg
ガラスが割れなかっただけまだ良かった・・・

後部ハッチも自分のココロも凹みます・・・・。
軽トランポライフを楽しむ方は、くれぐれもご注意くださいね。


※決められた最大積載重量は遵守しましょう。

1 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

Triumph DAYTONA675 DUNLOP α-14 タイヤ交換

Triumph DAYTONA675 DUNLOP α-14 タイヤ交換

DUNLOPのα-14はスポーツライディング志向のユーザーの方々から支持が強い『αシリーズ』の現行モデルです。 受け継がれるαシリーズのハンドリング性能の良さを引き継ぎつつ、新技術により『ハンドリングの手ごたえ』と『接地感』が向上しました。 タイヤのビード部分の構造を見直した事で根元の剛性がより改善し、タイヤのしなやかさによる恩恵をさらに受けることが出来る様になっています。 サーキット志向の方はもちろんの事ながら、ワインディングでも安全・安心にライディングを楽しむことが出来ますよ!
横浜店 | 224 view
XJR1300 タイヤ交換 BRIDGESTONE「TS100」

XJR1300 タイヤ交換 BRIDGESTONE「TS100」

スポーツタイヤのカテゴリーながらも、指名買いが非常に多かった銘柄「S20EVO」と同じパターンを用いることで、製造コストを抑えつつ、ライフ・ドライグリップ・ウエット性能で高いレベルの性能を持つコストパフォーマンス抜群なタイヤです!
横浜店 | 1,222 view
DUCATI スクランブラー DUNLOP ROADSMART3 タイヤ交換

DUCATI スクランブラー DUNLOP ROADSMART3 タイヤ交換

『長時間走っても疲れにくい乗り心地とハンドリング』をコンセプトに作られたプレミアムツーリングタイヤです。 また、開発時の長距離実走テストでは従来製品と比較しても耐摩耗性が向上しており、長距離ツーリングを楽しみたい方だけではなく、タイヤの『持ち』が気になる方にもお勧めです。
横浜店 | 141 view
NINJA1000 タイヤ交換

NINJA1000 タイヤ交換

耐摩耗性性能とグリップ力のバランスが良く、通勤や通学といった普段使いのような用途からツーリングやワインディングの走行といった用途にも対応できるオールマイティなタイヤです! 様々なご用途にバイクを使用される方や今回の「Ninja1000」のようなスポーツツーリングバイクにはピッタリです!
横浜店 | 742 view
Z900RS タイヤ交換

Z900RS タイヤ交換

このタイヤはミシュランの人気スポーツツーリングタイヤ「PILOT ROAD」系の最新タイヤです! 「PILOT ROAD3」から継承される高いウェットはさらに向上し、雨天走行時の安心感は抜群です! また、摩耗が進むにつれてタイヤの溝が広がるように出来ており、タイヤが摩耗しても高いウェット性能を保つように作られています。
横浜店 | 872 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

横浜店 横浜店