2018年8月23日 更新

ツーリングの“マンネリ”を打破しよう!

最近、ツーリングが楽しくない……と、感じることはありませんか?ひょっとするとそれは、マンネリに陥ってしまっているのかもしれません。楽しむために行っているツーリングが楽しくないのであれば、本末転倒です。何とかしてマンネリを打破するためには、どのような行動をとればいいのでしょうか。

1,707 view

どんなに好きなものでも“飽き”はくる

 (12582)

人間は「飽きる生き物」といわれています。これはツーリングに限った話ではなく、仕事でも恋愛でも、最初は夢中だったものに対していつしか冷めてしまうというのは、誰にでも起こり得る現象です。ただ、飽きてしまった場合でも、やめるという選択肢以外にとれる行動はあります。

今やっていることで次のステップに進んでみたり、新たな切り口で臨んでみたりするのは、効果的な選択肢といえるでしょう。ツーリングでも、飽きたからとツーリングそのものをやめてしまうのではなく、新たなツーリングを試すことでマンネリを打破できる可能性があります。

マンネリ打破のため、いつもとは違う走りをしてみよう

 (12585)

ツーリングがマンネリになる理由としてもっとも考えられるのが、「いつも同じ道を同じように走っていること」です。どんなにバイクを愛し、その道を気に入っていたとしても、同じ道ばかり走っていれば飽きてしまうのは当然といえます。そこで重要なのが、走り方を変えること。走るコースを変更するのはもちろんですが、いつもソロツーリングをしているのであれば仲間たちと一緒にツーリングをしてみるなど、環境を変えてみるのもいいでしょう。

また、目的地まで一直線という走り方をしているのであれば、「寄り道」を積極的にしていくのもおすすめです。決められたルートから外れることで、思わぬ風景やお店に出会える可能性があります。そうした刺激は、すべてマンネリ打破につながっていくのです。

何らかの目的を決めるのも効果的!

 (12588)

ツーリングにマンネリを感じているときは、ツーリング自体が目的となってしまっているケースがあります。そんなときは、目的を別に設定するのがマンネリ打破に効果的です。具体的なスポットやお店を目的地に設定するのももちろんですが、自分だけのお気に入りの場所やお店を見つけるという漠然とした目的でもいいでしょう。

もちろん、お気に入りの場所やお店で写真を撮り、SNSに上げることで「いいね」をたくさんもらう、などの目的でも問題ありません。そうした何らかの目的を持てば新鮮な気分を味わえ、マンネリを打破できるはずです。

マンネリ打破のため、必要なのは「変化」と「目的」

ツーリングにマンネリを感じるのは誰にでも起こり得ることです。そんなときに重要になるのが「変化」と「目的」。いつもと違うコースを走ってみたり、明確な目標を持ってみたりすることで気分を変えれば、それだけで抱えていたマンネリを解消できるかもしれません。今回ご紹介した方法を、ぜひ実践してみてください。
11 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

バイクが活躍する映画は数多く存在しますが、その中でも外せないのが1963年にアメリカで公開された不朽の名作『大脱走』でしょう。バイク好きなら知っている方も多いであろうこの映画の魅力について、詳しくご紹介していきます。
知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

バイク好きが高じて、「バイクに囲まれて仕事をしたい」「バイクに関する知識を活かしたい」といった思いを抱き、バイク業界で働きたいと考える方もいるでしょう。しかし、バイク業界で働くにはただ「バイクが好き」という気持ちをもっているだけでは不十分。業界への理解や、一歩踏み込んだ問題意識、バイクに直接関係することに留まらない多種多様な知識・経験が必要です。そこで今回は、バイク業界への就職を成功させるポイントについて解説します。
事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

自動車の横を走行中に、「もしかしてこっちが見えていないのかな?」とドキッとした経験は、ライダーならほとんどの方があるのではないでしょうか。教習所で習った通り、自動車を運転していると、視界にまったく入らない「死角」が生まれます。ライダーが自動車の死角を走行していると、最悪の場合、事故に巻き込まれてしまうことも。今回は死角となりやすい位置と、死角に入るのを避ける方法をご紹介します。
【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

ベテランライダーの所作から、バイク乗りの極意を学ぼうとしている初心者の皆さん!ほかのライダーのクセを見つけては「シブい!」と感銘を受けている方もいるのではないでしょうか?しかし、バイクを走らせるうえで必要のない挙動をルーティンにしているベテランライダーもちらほら。実はエンジンを止める前の「空ぶかし」も “無駄ルーティン”のひとつなんです!
Nap's-ONマガジン | 3,133 view
目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

長い時間運転をしていると、目の渇きや疲れのせいで危険を見落としやすくなりますよね。目が疲れていなくても、トンネルに入った瞬間や出た直後は周囲の明るさが急に変わることで前方を走る車が見えなくなってしまうことも。運転時に起こりがちな目の錯覚を知り、危険を早めに察知しましょう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Nap's-ONマガジン Nap's-ONマガジン