2017年10月20日 更新

【バイクヒストリア】世界屈指のバイクメーカー「ホンダ」が誕生するまで

数々の人気バイクを世に生み出してきた本田技研工業株式会社(ホンダ)は、バイクメーカーとして日本だけでなく世界においてもトップクラスの人気を誇っています。いまやバイク好きであれば知らぬ人などいないといっても過言ではないホンダ、始まりはいったいどのようなものだったのでしょうか。今回のバイクヒストリアは、日本が誇るバイクメーカーホンダの誕生の経緯について迫っていきます!

506 view

本田宗一郎の故郷浜松からホンダの歴史は始まった

ホンダの創業者である本田宗一郎氏は、1906年に静岡県の浜松市に生まれました。少年時代を浜松で過ごした本田氏は、高校卒業と同時に東京の自動車修理工場「アート商会」に入社。当初は丁稚奉公として、雑用や社長の子供の子守をすることが多かったそうです。

入社から6年が経ったとき、アート商会の社長よりのれん分けのかたちで独立を許され、本田氏は故郷浜松にアート商会の支店を設立します。その後は順調に事業を拡大。自動車修理だけでは物足りなくなっていた本田氏は、新たにピストリング製造をおこなう「東海精機重工業株式会社」を創業し、社長へと就任します。

その後、太平洋戦争や三河地震などの影響もあり保有していたすべての会社を手放した本田氏は、1945年に1年間の人間休業を宣言。それからちょうど1年が経った1946年、きっちり休むことで英気を養っていた本田氏は満を持して本田技術研究所(現在のホンダの前身)を浜松に設立しました。

ホンダ初の製品は「バタバタ」

 (10349)

本田技術研究所を設立し、工作機械を工場に導入した本田氏は画期的な方法でバイクを開発します。客が持ってきていた自転車に、買い集めていた陸軍のエンジンを取り付け走らせることに成功したのです。これは通称「バタバタ」と呼ばれ、ホンダにとっては初の製品化したバイクとなりました。

1947年になると、これまでのような既存のエンジン改造ではなく「A型エンジン」というオリジナルエンジンを開発することに成功。その後もBMWなどといった外国のバイクを徹底的に分析するなどしてバイクの研究を進め、ついに1949年に本格的なオートバイ「ドリーム号」を完成させました。

東京移転と「カブ」生産により人気爆発

 (10352)

ドリーム号の完成などで勢いに乗り、さらなる飛躍を狙ったホンダは1952年に浜松から東京に本社を移転。また、本田氏が欧州を視察するなど、日本だけでなく世界を見据えた経営を始めていくことになります。

東京移転からまもなくして発売したバイクが、白いタンクと赤いエンジンカバーが特徴的な原動機付き自転車「カブF型」です。このカブF型は取り扱いが簡単で、女性でも気軽に乗れる点などが注目を集め、当時の業界全生産の7割を占めるほどの大ヒットを記録。

ホンダはその後発表した「スパーカブC100」においても大ヒットを記録。日本だけでなく世界でも高い評価を獲得し、今日の地位を築く礎となりました。

今後のホンダからも目が離せない!

日本のバイク業界を常に引っ張り続けてきたホンダ。バイク好きであれば、今後もホンダからは目が離せませんね!
10 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

バイクが活躍する映画は数多く存在しますが、その中でも外せないのが1963年にアメリカで公開された不朽の名作『大脱走』でしょう。バイク好きなら知っている方も多いであろうこの映画の魅力について、詳しくご紹介していきます。
Naps-ONマガジン | 696 view
知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

バイク好きが高じて、「バイクに囲まれて仕事をしたい」「バイクに関する知識を活かしたい」といった思いを抱き、バイク業界で働きたいと考える方もいるでしょう。しかし、バイク業界で働くにはただ「バイクが好き」という気持ちをもっているだけでは不十分。業界への理解や、一歩踏み込んだ問題意識、バイクに直接関係することに留まらない多種多様な知識・経験が必要です。そこで今回は、バイク業界への就職を成功させるポイントについて解説します。
Naps-ONマガジン | 758 view
事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

自動車の横を走行中に、「もしかしてこっちが見えていないのかな?」とドキッとした経験は、ライダーならほとんどの方があるのではないでしょうか。教習所で習った通り、自動車を運転していると、視界にまったく入らない「死角」が生まれます。ライダーが自動車の死角を走行していると、最悪の場合、事故に巻き込まれてしまうことも。今回は死角となりやすい位置と、死角に入るのを避ける方法をご紹介します。
Naps-ONマガジン | 758 view
【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

ベテランライダーの所作から、バイク乗りの極意を学ぼうとしている初心者の皆さん!ほかのライダーのクセを見つけては「シブい!」と感銘を受けている方もいるのではないでしょうか?しかし、バイクを走らせるうえで必要のない挙動をルーティンにしているベテランライダーもちらほら。実はエンジンを止める前の「空ぶかし」も “無駄ルーティン”のひとつなんです!
Naps-ONマガジン | 3,268 view
目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

長い時間運転をしていると、目の渇きや疲れのせいで危険を見落としやすくなりますよね。目が疲れていなくても、トンネルに入った瞬間や出た直後は周囲の明るさが急に変わることで前方を走る車が見えなくなってしまうことも。運転時に起こりがちな目の錯覚を知り、危険を早めに察知しましょう!
Naps-ONマガジン | 592 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Naps-ONマガジン Naps-ONマガジン