2017年4月27日 更新

映画史上最高のオートバイシーントップ5のバイクまとめ

格好いい映画にはオートバイシーンがつきもの! とは言いすぎかもしれませんが、オートバイは数多くの名作映画に登場しています。そこで、イギリスのオートバイ保険会社「キャロル・ナッシュ」が映画史上最高のオートバイシーントップ5を選出しました。映画史上最高のオートバイシーンは、はたして何なのでしょうか。

650 view

5位:『007 スカイフォール』/CRF250R

007 / スカイフォール (字幕版)

英国工作官ジェームズ・ボンドが活躍する『007シリーズ』。「金髪のボンド」としてダニエル・クレイグが演じた大ヒット作品『007 スカイフォール』にて、そのボンドが乗っていたオートバイがホンダの「CRF250R」です! 迫力溢れる追走シーンで活躍したこのバイクには、世界各国で行われたモトクロスレースによって培われた先進技術が投入されています。

4位:『ターミネーター2』/FAT BOY

ターミネーター(日本語字幕版)

「I'll be back」という、誰もが1度は聞いたことのあるセリフでも有名な『ターミネーター2』。この作品で主人公のアンドロイドT-800が乗っていたことから人気に火がついたのが、ハーレーダビッドソンの「FAT BOY」です。アメリカ生まれの重厚感溢れるこのオートバイに乗って、T-800気分を味わいましょう! ただし、溶鉱炉には落ちないようにしてくださいね。

3位:『イージー・ライダー』/キャプテン・アメリカ号

 (8888)

3位も同じくハーレーダビッドソンから「キャプテン・アメリカ号」。特徴的なこの名前は、映画『イージー・ライダー』にて主人公のキャプテン・アメリカが乗っていたことから名付けられました。ちなみにこのキャプテン・アメリカ、あの有名なアメコミヒーローではなく、麻薬の密輸人である主人公が勝手に名乗ったもの。アメリカの正義の象徴ともいえる名前を犯罪人が名乗るところなどにはとても皮肉が効いており、この映画の性質を現しています。

2位:『トップガン』/GPZ900R

トップガン(字幕版)

「ニンジャ」の名前で知られ、映画『トップガン』で若かりし頃のトム・クルーズが乗り回したことで人気に火がついたのが、カワサキの「GPZ900R」です!ただこのオートバイ、設計が古く、速さもそれほど出ず、手や胴は短く……など、なかなか難点が多いのがポイント。しかし「そんな手がかかるところが好き」と感じる愛好者は多く、また、乗りこなすことができればトム・クルーズよろしく街道を疾走する姿が、非常にワイルドに映ることでしょう!

1位:『大脱走』/トライアンフ

 (8893)

写真はイメージです
栄えある第1位に輝いたのは、映画『大脱走』で名優スティーヴ・マックィーンが乗っていたトライアンフの「スクランブラー」です。この映画は第2次世界大戦でドイツ軍に捕らえられた捕虜たちが、収容所から脱走を図るという物語ですが、終盤マックィーンがスクランブラーに乗り、金網を飛び越えるシーンはオートバイ好きなら1度は見ておきたいシーン!見れば真似したくなること間違いなしです!

まとめ

1位に輝いた『大脱走』を始め、映画によっては数多くの格好いいオートバイシーンが詰まっています。オートバイ好きならば、そういったシーンを意識して映画を見てみても楽しいかもしれませんね!
17 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

バイクが活躍する映画は数多く存在しますが、その中でも外せないのが1963年にアメリカで公開された不朽の名作『大脱走』でしょう。バイク好きなら知っている方も多いであろうこの映画の魅力について、詳しくご紹介していきます。
Naps-ONマガジン | 816 view
知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

バイク好きが高じて、「バイクに囲まれて仕事をしたい」「バイクに関する知識を活かしたい」といった思いを抱き、バイク業界で働きたいと考える方もいるでしょう。しかし、バイク業界で働くにはただ「バイクが好き」という気持ちをもっているだけでは不十分。業界への理解や、一歩踏み込んだ問題意識、バイクに直接関係することに留まらない多種多様な知識・経験が必要です。そこで今回は、バイク業界への就職を成功させるポイントについて解説します。
Naps-ONマガジン | 914 view
事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

自動車の横を走行中に、「もしかしてこっちが見えていないのかな?」とドキッとした経験は、ライダーならほとんどの方があるのではないでしょうか。教習所で習った通り、自動車を運転していると、視界にまったく入らない「死角」が生まれます。ライダーが自動車の死角を走行していると、最悪の場合、事故に巻き込まれてしまうことも。今回は死角となりやすい位置と、死角に入るのを避ける方法をご紹介します。
Naps-ONマガジン | 899 view
【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

ベテランライダーの所作から、バイク乗りの極意を学ぼうとしている初心者の皆さん!ほかのライダーのクセを見つけては「シブい!」と感銘を受けている方もいるのではないでしょうか?しかし、バイクを走らせるうえで必要のない挙動をルーティンにしているベテランライダーもちらほら。実はエンジンを止める前の「空ぶかし」も “無駄ルーティン”のひとつなんです!
Naps-ONマガジン | 3,838 view
目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

長い時間運転をしていると、目の渇きや疲れのせいで危険を見落としやすくなりますよね。目が疲れていなくても、トンネルに入った瞬間や出た直後は周囲の明るさが急に変わることで前方を走る車が見えなくなってしまうことも。運転時に起こりがちな目の錯覚を知り、危険を早めに察知しましょう!
Naps-ONマガジン | 659 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Naps-ONマガジン Naps-ONマガジン