2017年3月9日 更新

子どもとタンデム!親子でバイクを楽しもう!

自分の趣味を子どもと一緒に楽しみたいというのは、多くの親御さんの願いだと思います。実際のところ音楽にせよスポーツにせよ、親の影響で幼い頃から始めて、そのままそのお子さんがプロになるという例も少なくありません。バイクという乗り物に関しても、親子で楽しむことができるという点では同様です。もちろん子どもが公道でバイクを運転することはできませんが、多くのライダーの憧れである子どもとのタンデムという楽しみ方があります。

275 view

冒険の旅へレッツゴー!

 (8409)

車でのお出かけなどとは違い、バイクでの子どもとのお出かけは冒険的な要素が多分に含まれます。耳に響くバイクのエンジン音や周囲の音、頬を撫でる風の感じ、そして頼りになる目の前の親の背中。バイクのタンデムによって子どもは、様々なアドベンチャーをその小さな心に感じるものなのです。車では味わうことのできないスリルも、バイクの親子タンデムの楽しみの一つです。

何歳からタンデムできる?

 (8411)

ではお子さんが何歳になったらタンデムを楽しめるようになるのでしょうか?実は法的には年齢制限があるわけではないのですが、現実問題ヘルメットの着用、後部座席のステップに足が届くかどうかなど、安全面での要素を考えると就学前のお子さんは難しい場合が多いでしょう。小学生の低学年あたりからタンデム可能と考えておくのが賢明です。

とにかく安全には注意を払ってタンデム

 (8410)

ヘルメットをしっかり着用するのは当然のことですが、それ以外にもお子さんとタンデムする際、に安全面で気をつけることがあります。それはお子さんの服装です。万が一転倒した時のことを考えて、長袖長ズボン、またくるぶしまであるシューズを着用すべきですし、可能であればひじやひざを守るプロテクターなども装着したいところです。大人のライダーが安全のために着ているものを、当然子どもにも着させるべきだということです。

まとめ

お父さんやお母さんとお出かけした記憶というものは、子どもの成長にとって大切な思い出としてインプットされます。ぜひ安全に、しかし興奮を誘うバイクの旅に、お子さんと一緒に出かけてみてください。
11 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

バイクが活躍する映画は数多く存在しますが、その中でも外せないのが1963年にアメリカで公開された不朽の名作『大脱走』でしょう。バイク好きなら知っている方も多いであろうこの映画の魅力について、詳しくご紹介していきます。
Naps-ONマガジン | 808 view
知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

バイク好きが高じて、「バイクに囲まれて仕事をしたい」「バイクに関する知識を活かしたい」といった思いを抱き、バイク業界で働きたいと考える方もいるでしょう。しかし、バイク業界で働くにはただ「バイクが好き」という気持ちをもっているだけでは不十分。業界への理解や、一歩踏み込んだ問題意識、バイクに直接関係することに留まらない多種多様な知識・経験が必要です。そこで今回は、バイク業界への就職を成功させるポイントについて解説します。
Naps-ONマガジン | 904 view
事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

自動車の横を走行中に、「もしかしてこっちが見えていないのかな?」とドキッとした経験は、ライダーならほとんどの方があるのではないでしょうか。教習所で習った通り、自動車を運転していると、視界にまったく入らない「死角」が生まれます。ライダーが自動車の死角を走行していると、最悪の場合、事故に巻き込まれてしまうことも。今回は死角となりやすい位置と、死角に入るのを避ける方法をご紹介します。
Naps-ONマガジン | 892 view
【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

ベテランライダーの所作から、バイク乗りの極意を学ぼうとしている初心者の皆さん!ほかのライダーのクセを見つけては「シブい!」と感銘を受けている方もいるのではないでしょうか?しかし、バイクを走らせるうえで必要のない挙動をルーティンにしているベテランライダーもちらほら。実はエンジンを止める前の「空ぶかし」も “無駄ルーティン”のひとつなんです!
Naps-ONマガジン | 3,802 view
目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

長い時間運転をしていると、目の渇きや疲れのせいで危険を見落としやすくなりますよね。目が疲れていなくても、トンネルに入った瞬間や出た直後は周囲の明るさが急に変わることで前方を走る車が見えなくなってしまうことも。運転時に起こりがちな目の錯覚を知り、危険を早めに察知しましょう!
Naps-ONマガジン | 656 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Naps-ONマガジン Naps-ONマガジン