2017年1月6日 更新

バイク初心者必見!エンジンオイルの交換方法

バイクを運転している姿はとてもカッコイイものです。自分でバイクのメンテナンスまで行うことができたら、さらにカッコ良く見えます。そこで、エンジンオイルの交換についてご説明いたします。自分が乗るバイクだからこそ、自分でメンテナンスしてみませんか。

710 view

初心者に多い!エンジンオイルの入れ過ぎ

Instagram (6193)

バイク初心者がメンテナンスのときにやりがちなことの1つに、エンジンオイルの入れすぎがあります。しかし、バイクの場合はエンジンオイルを入れ過ぎると、エンジンのかかりが悪くなってしまうのです。
もしも、給油口から溢れ出すほど給油してしまうと、シリンダーへのオイルの供給が上手くいかなくなります。
最近のバイクだとオイルゲージの付いていないものが多く、エンジン横の点検窓からオイル量を確認します。
※必ずバイクを水平に保った状態で点検しましょう
※エンジンを止め、しばらく時間が経ってから点検しましょう
バイクの取扱説明書には、給油量の確認方法が記載されているはずなので、必ず目を通しましょう。
また、フィルターを交換した時としない時で、給油するオイルの量は変わります。わからないことがあれば、勝手に判断するのではなく、近くのバイクショップでプロの意見を聞くようにしましょう。

エンジンオイルの交換が必要な理由とは…

Instagram (6197)

エンジンオイルの交換が必要な理由は、“潤滑効果”と“洗浄効果”を維持するためです。
まずは、潤滑効果をご説明いたします。エンジンオイルは手で触るとヌルヌルしています。このヌルヌルした粘性により、エンジン内部をスムーズに動かし、部品が摩擦で変形したり破損するのを防ぐことが可能なのです。
しかし、エンジンオイルは経年劣化または一度高温にさらされることで、粘性が無くなってしまいます。そうなると、水のようにサラサラした状態になり潤滑効果がなくなるため、オイル交換が必要になります。
次に洗浄効果についてご説明致します。知らない方が意外と多いですが、エンジンオイルにはエンジン内を綺麗に掃除してくれる役割もあるのです。エンジン内部ではガソリンが激しく燃焼されるのでススがたくさん溜まっているため、使用済みのエンジンオイルは真っ黒に汚れています。そのため、エンジンオイルを交換する必要があるのです。
オイル交換のタイミングは、空冷・水冷の両方とも、走行距離は約3,000kmごとに一度交換するのが理想的です。遅くとも5,000kmを超えないように注意しましょう。

どんな道具を使ってオイル交換するの?

Instagram (6196)

オイル交換を行うために、事前に道具を準備しておきましょう。
1つめは、レンチです。これはオイルを排出するドレンボルトを外すために必要なものなので、メガネレンチかソケットレンチが良いでしょう。どんなバイクに乗っているかで、必要なレンチのサイズは違いますが、14mmか17mmくらいのものを用意してください。

2つめは、廃油を受け入れるための原油処理箱が必要です。ガソリンスタンドやカーショップに持ち込んで廃棄処分してもらうことも可能ですが、これを使うと燃えるゴミになるため、もっと手軽に処分できます。

3つめは、ペーパータオルとパーツクリーナーです。これで部品の汚れを拭き取ったり、こぼれたオイルを拭き取るときに使います。ペーパータオルが無ければ、キッチンペーパーでも代用可能です。

あると便利なものは、オイルジョッキ。これがあると新しいオイルを給油するときにとても便利です。ちょうど良いサイズの漏斗があれば代用可能ですが、オイルジョッキを使用したほうが、オイルで汚れる心配がありません。

全部買い揃えても2000円前後なので、メンテナンスの前にお近くのナップスで購入しておきましょう。


最後に大事なこと!
ドレンワッシャー。ドレンボルトの隙間からオイルが漏れるのを防止する役目をもっています。一度利用すると、殆ど潰れなくなってしまいますので、毎回新品に交換しましょう。
11 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

バイクが活躍する映画は数多く存在しますが、その中でも外せないのが1963年にアメリカで公開された不朽の名作『大脱走』でしょう。バイク好きなら知っている方も多いであろうこの映画の魅力について、詳しくご紹介していきます。
Naps-ONマガジン | 817 view
知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

バイク好きが高じて、「バイクに囲まれて仕事をしたい」「バイクに関する知識を活かしたい」といった思いを抱き、バイク業界で働きたいと考える方もいるでしょう。しかし、バイク業界で働くにはただ「バイクが好き」という気持ちをもっているだけでは不十分。業界への理解や、一歩踏み込んだ問題意識、バイクに直接関係することに留まらない多種多様な知識・経験が必要です。そこで今回は、バイク業界への就職を成功させるポイントについて解説します。
Naps-ONマガジン | 920 view
事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

自動車の横を走行中に、「もしかしてこっちが見えていないのかな?」とドキッとした経験は、ライダーならほとんどの方があるのではないでしょうか。教習所で習った通り、自動車を運転していると、視界にまったく入らない「死角」が生まれます。ライダーが自動車の死角を走行していると、最悪の場合、事故に巻き込まれてしまうことも。今回は死角となりやすい位置と、死角に入るのを避ける方法をご紹介します。
Naps-ONマガジン | 901 view
【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

ベテランライダーの所作から、バイク乗りの極意を学ぼうとしている初心者の皆さん!ほかのライダーのクセを見つけては「シブい!」と感銘を受けている方もいるのではないでしょうか?しかし、バイクを走らせるうえで必要のない挙動をルーティンにしているベテランライダーもちらほら。実はエンジンを止める前の「空ぶかし」も “無駄ルーティン”のひとつなんです!
Naps-ONマガジン | 3,855 view
目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

長い時間運転をしていると、目の渇きや疲れのせいで危険を見落としやすくなりますよね。目が疲れていなくても、トンネルに入った瞬間や出た直後は周囲の明るさが急に変わることで前方を走る車が見えなくなってしまうことも。運転時に起こりがちな目の錯覚を知り、危険を早めに察知しましょう!
Naps-ONマガジン | 660 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Naps-ONマガジン Naps-ONマガジン