2018年12月24日 更新

真冬は防寒をしっかり!冬のツーリングでは服装に注意

夏には風を切って気持ちよく走れるバイクですが、真冬は一転凍えるような寒さになって、バイクが辛く感じる人もいるでしょう。真冬でもツーリングしたい人や、通勤などで毎日乗らなければならない人は、防寒の仕方をしっかりと覚えておきましょう。

590 view

手の寒さと隙間風に対処する

e-HEAT レザーグローブ(RSタイチ)

e-HEAT レザーグローブ(RSタイチ)

冬のツーリングでまず辛いのが手や指先の寒さです。
あまりの寒さで、感覚がなくなってしまう人も多いと思います。
手の感覚は運転をするのにとても重要なので、手が寒さで動かなくならないようにしっかりと防寒しなければなりません。

最近では手袋に熱線が入っているヒートグローブというものも売っています。
ヒートグローブまで用意できない場合でも、とにかく風を通さないようなものを選んだほうが賢明です。
さらに手首付近、袖口からの風の浸入を許すとどんどんと冷えてきますので、ロングタイプの手袋などを使用して風が入ってこないように対策しましょう。

首元を暖めて快適ツーリング

フリース フェイスマスク(RSタイチ)

フリース フェイスマスク(RSタイチ)

人間は首元が冷えるとすごく寒く感じるようになっているので、首元をどれだけしっかり暖めるかが冬のツーリングでは大切になります。
首元の防寒グッズとしてライダーから人気が高いのは、やはりネックウォーマーでしょう。
マフラーをグルグルに巻いている人もいますが、首周りがゴワゴワして首が回りにくくなってしまうかもしれません。
ネックウォーマーなら首の可動域を減らさずに防寒できます。また最近のネックウォーマーなら鼻まで覆えるものが多いので、顔周り、首周り共にしっかりと防寒できます。
最新の製品としては、ゴム製で立体構造になっていて、首から顔の形状にジャストフィットするものもあります。
ネックウォーマーを選ぶ時は、首の後ろもしっかりガードしてくれているかどうか確認してから購入しましょう。

まとめ

そのうちそのうちと思っていたら、ある朝いきなりものすごい冷え込みがくるということも少なくないので、バイクの防寒対策は秋くらいにはしておきましょう。しっかり防寒して冬もツーリングを楽しみましょう。
8 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

バイクが活躍する映画は数多く存在しますが、その中でも外せないのが1963年にアメリカで公開された不朽の名作『大脱走』でしょう。バイク好きなら知っている方も多いであろうこの映画の魅力について、詳しくご紹介していきます。
Naps-ONマガジン | 817 view
知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

バイク好きが高じて、「バイクに囲まれて仕事をしたい」「バイクに関する知識を活かしたい」といった思いを抱き、バイク業界で働きたいと考える方もいるでしょう。しかし、バイク業界で働くにはただ「バイクが好き」という気持ちをもっているだけでは不十分。業界への理解や、一歩踏み込んだ問題意識、バイクに直接関係することに留まらない多種多様な知識・経験が必要です。そこで今回は、バイク業界への就職を成功させるポイントについて解説します。
Naps-ONマガジン | 920 view
事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

自動車の横を走行中に、「もしかしてこっちが見えていないのかな?」とドキッとした経験は、ライダーならほとんどの方があるのではないでしょうか。教習所で習った通り、自動車を運転していると、視界にまったく入らない「死角」が生まれます。ライダーが自動車の死角を走行していると、最悪の場合、事故に巻き込まれてしまうことも。今回は死角となりやすい位置と、死角に入るのを避ける方法をご紹介します。
Naps-ONマガジン | 901 view
【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

ベテランライダーの所作から、バイク乗りの極意を学ぼうとしている初心者の皆さん!ほかのライダーのクセを見つけては「シブい!」と感銘を受けている方もいるのではないでしょうか?しかし、バイクを走らせるうえで必要のない挙動をルーティンにしているベテランライダーもちらほら。実はエンジンを止める前の「空ぶかし」も “無駄ルーティン”のひとつなんです!
Naps-ONマガジン | 3,854 view
目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

長い時間運転をしていると、目の渇きや疲れのせいで危険を見落としやすくなりますよね。目が疲れていなくても、トンネルに入った瞬間や出た直後は周囲の明るさが急に変わることで前方を走る車が見えなくなってしまうことも。運転時に起こりがちな目の錯覚を知り、危険を早めに察知しましょう!
Naps-ONマガジン | 660 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Naps-ONマガジン Naps-ONマガジン