2016年8月31日 更新

ツーリングバッグ人気商品のご紹介

565 view
ナップスベイサイド幸浦店です。
だんだん気温も下がってきてツーリングにはもってこいの季節になってきましたね。

本日のブログでは、幸浦店で人気のツーリングバッグを紹介します。
バイクに装着するツーリングバッグを「タンクバッグ」「シートバッグ」「サイドバッグ」の3種類に分けて紹介していきますね。


<タンクバッグ>

【デグナー】NB-15ANB-15MAG
価格:NB-15A 6,980円(税抜) / NB-15MAG 7,600円(税抜)

NB-15A.jpg

A5サイズのツーリングマップが入るクリアケース付き。
2.7リットルから7リットルまで収納スペースが増やせるのも人気のポイントです。


【デグナー】NB-5A
価格:5,700円(税抜)
NB-5A.jpg


スマートフォン用のポケットが付いています。
レインウェアをしまうのにちょうど良い3リットルサイズ。
細身なので平面が少ないタンクとも相性が良いバッグです。


【デグナー】NB-117
価格:7,900円(税抜)

NB-117.jpg

スマートフォンをナビとして使う方にぴったりのクリアケース。
2.5リットルと収納スペースは最低限と割り切ったバッグです。


【タナックス】MFK-178
価格:9,600円(税抜)


MFK-178_05.jpg

9リットルから17リットルまで容量がアップするタイプ。
トップのクリアケース内には「ツーリングマップR」(245mm × 195mm)が入ります。
しかもスマートフォン用のポケットと充電用ケーブルを通すための穴もついています。


【ゴールドウィン】GSM17611
価格:10,800円(税抜)
GSM17611_K-b14-210x210.jpg

トップのクリアカバーはスマホやタブレットの操作ができる素材になっています。
容量が9リットルから15リットルに可変するタイプです。



<シートバッグ>

【ゴールドウィン】GSM17500
価格:15,000円(税抜)

GSM17500_K-b8-200x133.jpg

ネイキッドの後部座席に載せられるサイズの中で最大のものと言えそうなサイズが人気です。
両サイドが広がることで25リットルから32リットルまで容量を増やせます。


【タナックス】MFK-100(ブラック)
価格:13,500円(税抜)

MFK-100_06.jpg

19リットルから27リットルまで容量が可変するタイプ。
ホールディングコード付きで、入りきらない荷物をとめたり、脱いだウェアをとめたりと様々な使い方ができます。


【デグナー】NB-119
価格:13,500円(税抜)

NB-119.jpg

9リットルから16リットルまで変化するタイプ。
シートから外してリュックとしても使えます!
丸みを帯びたデザインはスポーティーなバイクにも似合います。


【ゴールドウィン】GSM17503
価格:11,000円(税抜)

GSM17503_K-b15-200x133.jpg

容量12~14リットルの使い勝手の良いサイズです。


【デグナー】NB-50
価格:11,500円(税抜)

NB-50.jpg

13.5リットルから32リットルまで容量が増やせます。
最大サイズだとフルフェイスのヘルメットも収納できます!
リュックになるのも嬉しい機能です。


<サイドバッグ>

【デグナー】NB-92
価格:5,500円(税抜)

NB-92.jpg

防水仕様になっています。
片側のみの商品です。
サイズは12リットル。
付属のショルダーストラップを使うとリュックとしても使えます。


【タナックス】MFK-195(ブラック)、MFK-196(ヘアラインシルバー)、MFK-208(カーボン)
価格:30,000円(税抜)

MFK-195_08.jpg

耐久性、耐熱性に優れ、衝撃にも強いポリカーボネートを使用したサイドバッグです。
容量は40リットル(片側20リットル × 2)です。
高級感のあるルックスが人気です。


【ゴールドウィン】GSM17504
価格:11,500円(税抜)

GSM17504_K-b22.jpg

容量は12リットル(片側6リットル × 2)と小ぶりなサイズなので、スーパースポーツの小型シートとも相性が良いサイドバッグです。
ゴールドウィンのシートバッグやサイドバッグはX型装着ベルトというものを採用していて取り付けやすいことが多いのでオススメです。


以上となりますが、参考になりましたでしょうか?

夏は暑いからとバイクを休ませていた方もいらっしゃるかと思います。
これからの秋のツーリングシーズンに向けて各種バッグもご検討ください。

1 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

当店の「ディスプレイ」担当は、本気だ!!

当店の「ディスプレイ」担当は、本気だ!!

ナップスベイサイド幸浦店 4月のディスプレイ「ミキティー作は、コレダ!!」 「YAMAHA ビーノで 旅」  バイク仲間と火を囲んでの会話とその場のコーヒーやドリンクタイムは、 プライスレス(^^♪ 
安定した電力で!! ポテンシャルを呼び起こせ!!

安定した電力で!! ポテンシャルを呼び起こせ!!

最近高性能/高出力エンジンには、採用が多いダイレクトイグニッションシステム 当店PITスタッフの渋〇氏TMAX530は、各メーカーから販売している点火系カスタムテストし、最終的にダイレクトイグニッション化に落ち着きました。
年々進化するバイク用インカムシステム!!

年々進化するバイク用インカムシステム!!

進化しているなと感じるポイント 1.ヘルメットメーカーとのコラボモデルがデリバリーしていること。 2.ブルートゥース4.1 3.スピーカーがエンクロージャーになっていること。(専用品だからこそ!!)
『タンクバック』と『ツーリングマップル』は一緒に買いましょう!

『タンクバック』と『ツーリングマップル』は一緒に買いましょう!

今時、スマホ地図があるのに何故? と思われている方! 確かに、スマホナビがとても便利なのは確かです。 でも・・・ 気温が高い時はスマホが熱で使えなくなりますよ。 電波の届かない所では頼りにならないかも。 古いかもしれませんが、地図を出かける前に広げてみるのが楽しいのです。 この道は、こんな道なので楽しいですョ。 ここからの景色が良いですョ。 など、ライダーが実際に走った【バイク乗り目線の情報】が載ってます。 ツーリングマップルは毎年出ているのは、毎年その情報が更新されているからなんです。
練馬店 | 302 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ベイサイド幸浦店 ベイサイド幸浦店