2018年10月2日 更新

戦闘力が上がって新登場!ダンロップ【αー14】

サイドウォールのエイペックスという骨を少しだけ良く動くようにして先を細くして、タイヤショルダーの角を取り、タイヤをつぶしてグリップ力が上がる仕組で・・・ 危ないっ!説明に熱が入りすぎました。

1,824 view
ナップス練馬店のヤマGUCCIです。

ダンロップの新作タイヤが入荷しました。
【スポーツマックス αー14】 ハイグリップタイヤ
P1090364.JPG

P1090362.JPG
控えめなミゾが、ゾクゾクワクワクします。

そうとう ”やる気” に満ちたルックスですね!!

前モデルのαー13との大きな違いは・・・
グリップが良くなって、ライフが伸びたという事ですが、

『戦闘力が上がったのは、それだけじゃないんです!』

P1090368.JPG
ショルダーの形が今までよりも、ゆるい?エラの張り方が少なくなりました。

サイドウォールのエイペックスという骨を少しだけ良く動くようにして先を細くして、タイヤショルダーの角を取り、タイヤをつぶしてグリップ力が上がる仕組で・・・
危ないっ!説明に熱が入りすぎました。

『路面に触るところを柔らかくして、腰砕けしない腰を合わせたようです』

P1090370.JPG
前と後ろの外周の大きさに変化が!

後ろのタイヤの外周が大きくなりました。

バイクの姿勢(ディメンション)がα-14をはくだけで前傾姿勢になります。
フロントフォークを突き出ししたり、リアサスペンションの長さを伸ばしたような感じです。

キャスターが立つのでクイックな反応にバイクが変わります。

外周差の違いに関して、【ピレリ ディアブロスーパーコルサ】なんかがやっている手法なんです。
サーキット走行などでは、これはかなりのアドバンテージになると個人的な感覚では思います。
反面、ツーリングなどのゆるりと走るような時は少しクイック過ぎてしまうかも知れませんが、感覚は個人差が大きいので~どうでしょう。

ライバルといえば! 【RS10】 このあたりでしょうか!
実際に購入する時に比較対象になるのは間違いないと思います。

P1090365.JPG

後ろ
P1090367.JPG

ホイールに組んで空気が入らないと本来の形はわからないのでコメントしづらいですが、ショルダー近くの平ら感がダンロップらしいなー!
なんて個人的感想です。

昔から?80年代?からブリヂストン派とかダンロップ派とかありますが、銘柄を変えるとかなり違いがあるもんだなと感じてもらえると思います。
どちら派の方もいつもと違う一方を試してみると、意外とこっち好きかもなんて発見もあるかもしれませんね。


お値段は今ならキャンペーン価格です。
通常のお値段から10%off

(ラインナップ) (通常価格 税抜き)

★ミドルクラス
110/70R17 15,504円
140/70R17  19,694円
150/60R17  20,474円

★ビッグバイククラス
120/70ZR17  19,441円
180/55ZR17  28,570円
190/50ZR17  29,292円
190/55ZR17  29,292円

これらのお値段から10%割引です。

P1090369.JPG
他ライバルよりも少しだけ抑え目なお値段も嬉しいところです。
ラインナップも豊富に在庫中、ご来店お待ちしております。

DUNLOP(ダンロップ)α-14

ビッグバイクから軽量バイク向けのレースレプリカ・ラジアルタイヤ
■軽快なハンドリングに加えDUNLOPの最新テクノロジーにより、「α-13」に比べグリップ性能を大幅に向上しながらライフ性能も高めました。
■フロントタイヤには新構造の2カットベルト構造を採用し軽快なハンドリングと接地感・安心感を高次元で両立するとともに、リアタイヤにはジョイントレスベルトの張力分布を最適化するベルト張力最適設計「V.B.T.T.(べリング・ベルト・テンション・テクノロジー)」を採用することで接地感とトラクション性を向上しています。
■独自のC.T.T.(キャンバースラスト・チューニング・テクノロジー)を活用した新プロファイルと新パターンにより、優れた旋回性を発揮することで、軽快でリニアなハンドリングも実現しました。
■新技術の投入により街中からワインディングなど一般路での性能を維持しながらサーキット走行性能を一段と高めています。
2 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

NEW★ダンロップ TT100GPラジアル★Z900RSなどネオクラ系

NEW★ダンロップ TT100GPラジアル★Z900RSなどネオクラ系

あの、TT100GP(バイアスタイヤ)のラジアルタイヤ、ビッグバイクサイズが新登場しました。 ネオクラシック系バイクのタイヤの選択肢が増えました。 カスタム、ツーリング、普段の市街地走行に向いたモデル。
練馬店 | 403 view
ダンロップ 『ブロロ D605』 CRF250

ダンロップ 『ブロロ D605』 CRF250

いつも在庫をしている、ご指名の多いオフロードタイヤの紹介です。 ダンロップ Buroro D605 『林道』も『通―キング』も『お値段のバランス』もいい感じ!! 安定の人気!安心の性能!
練馬店 | 793 view
★YAMAHA DRAGSTAR400★ダンロップ『KABUKI D404』タイヤ交換 

★YAMAHA DRAGSTAR400★ダンロップ『KABUKI D404』タイヤ交換 

ドラッグスターの駆動方式は少し特殊なドライブシャフト駆動です。 通常のチェーン駆動に比べると作業の手間が違います。 作業での大きなポイントは、リアタイヤのドライブシャフトユニットの取り外しによる作業。 見た目の通り大きくて重たいんです。 取り外しよりも、装着する時にコツが必要 シャフトのスプライン(ギザギザ)がエンジン側と上手く合わないとシャフトが刺さりません。
練馬店 | 412 view
『重いタイヤ 』『軽いタイヤ』

『重いタイヤ 』『軽いタイヤ』

タイヤの重さで乗り味と疲労が変わるかもしれません。 アメリカンクルーザー系の代表的タイヤ ダンロップ【Kabuki】 シリーズ。 クルーザー系はおおらかな乗り味が魅力です。 タイヤの重さもそれなりにありますので一度走行し始めて回転すると、楽な乗り味を生み出します。
練馬店 | 1,157 view
SUZUKI【GSX1100S】刀 前後タイヤ交換 DUNLOP ROAD SMART3

SUZUKI【GSX1100S】刀 前後タイヤ交換 DUNLOP ROAD SMART3

この時代の最先端装備が 『アンチノーズダイブ』 ブレーキをかけた時のフロントフォークの沈み込みを抑える・・・という機能ですね。 私は、実際に乗った事無いのですがどんな感覚なんでしょうね?
練馬店 | 2,680 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

練馬店 練馬店