2018年10月5日 更新

バイクタイヤ交換の流れをご紹介

ナップスのPITでは、様々なオートバイのタイヤ交換をご依頼いただいています。 今回は、なかなか目にすることの少ないタイヤ交換作業をご紹介します。

2,080 view

タイヤ交換作業の流れを紹介

前後共にホイールを車体から外し、タイヤ交換作業に備えます。

前後共にホイールを車体から外し、タイヤ交換作業に備えます。

ブレーキホースに負荷がかからないよう、フロントキャリパーをスタンドに保持します。

タイヤチェンジャーを使用してタイヤ交換します

タイヤの軽点マーク(タイヤの一番軽いところ)と、重量物...

タイヤの軽点マーク(タイヤの一番軽いところ)と、重量物となる可能性のあるエアバルブを必要に応じて合わせます

新しいタイヤを装着後、ホイールバランスを取ります

新しいタイヤを装着後、ホイールバランスを取ります

バランスウェイトを貼って重量バランスを補正します

バランスウェイトを貼って重量バランスを補正します

タイヤ交換と同時に行っている作業

アクスルシャフトへのグリスアップ

アクスルシャフトへのグリスアップ

シャフトへ錆防止のためにグリスアップします。
新車の純正時には何も塗られて無い事が多く、初めてのタイヤ交換時にすでに錆ている事も。
ダストシールへのグリスアップ

ダストシールへのグリスアップ

ダストシールへ専用のグリスを塗布します。
ドライブチェーンの張り調整

ドライブチェーンの張り調整

チェーン清掃、チェーンルブの塗布は別料金ですが、タイヤ交換時の張り具合の調整はタイヤ交換作業時におこなっています。
締め付けトルク管理

締め付けトルク管理

作業の最後に、トルクレンチで締め付けトルク管理をします。
ナットのロック

ナットのロック

割ピンでロックするナットを利用した車両の場合は、新品の割ピンでロックします。
バイク1台にかかるタイヤ交換作業は、約1時間となります。
細かい作業内容の違いは色々ありますが、おおよその作業の流れはこんな感じです。

ホイールの汚れや車体のコンディションによって、作業時間が大きく変わる事もあります。
※ナップス タイヤ交換おすすめ情報※
車両からホイールを外してお持ち込みいくと、タイヤ交換工賃が一本1,200円(バランス込税別)と非常にお得!
ご自身で脱着作業が可能な方は、ぜひともご利用ください!
15 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バイクのチューブタイヤ交換で知っておくべき7つのポイント

バイクのチューブタイヤ交換で知っておくべき7つのポイント

バイクのタイヤ交換、普段から自分でしていますか? 最近のバイクで主流になっているチューブレスタイヤは、破損しやすいことから「タイヤチェンジャー」という機械のある専門店で着脱するのが一般的です。 しかし、未だにチューブタイヤのバイクを好む人も多く、こちらはコツさえ掴めば手作業でタイヤ交換が可能です。 これからバイクを購入する人も理解できるように、この記事ではチューブタイヤの大まかな交換手順と、その具体的なポイントを解説していきます。
Naps-Onライター | 528 view
バイクのタイヤ交換を自分で行う際のやり方を徹底解説!

バイクのタイヤ交換を自分で行う際のやり方を徹底解説!

バイクのタイヤ交換を業者に依頼すると、工賃としてお金がかかってしまいますが、自分でタイヤ交換できればゼロ円です。そのため、自分でタイヤ交換をしてみたいという人もいるでしょう。 バイクのタイヤ交換は難しそうだと思う人もいるかもしれませんが、手順をしっかりと踏んで行えばそれほど難しいものではありません。そこで、この記事ではバイクのタイヤ交換を自分で行う際のやり方について紹介します。
Naps-Onライター | 1,971 view
BMW R1200RS タイヤ交換

BMW R1200RS タイヤ交換

このタイヤはグリップ力も良く、素直なハンドリング特性も相まって、初めて走るワインディング等でも不安なく安心感があります!
横浜店 | 648 view
【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

バイクが活躍する映画は数多く存在しますが、その中でも外せないのが1963年にアメリカで公開された不朽の名作『大脱走』でしょう。バイク好きなら知っている方も多いであろうこの映画の魅力について、詳しくご紹介していきます。
Naps-ONマガジン | 700 view
知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

バイク好きが高じて、「バイクに囲まれて仕事をしたい」「バイクに関する知識を活かしたい」といった思いを抱き、バイク業界で働きたいと考える方もいるでしょう。しかし、バイク業界で働くにはただ「バイクが好き」という気持ちをもっているだけでは不十分。業界への理解や、一歩踏み込んだ問題意識、バイクに直接関係することに留まらない多種多様な知識・経験が必要です。そこで今回は、バイク業界への就職を成功させるポイントについて解説します。
Naps-ONマガジン | 763 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ナップス ナップス