2019年5月7日 更新

高性能バイクを求めて!! CB1300SBの可能性。

今日は、冬に作業を行った SC54 エンジンチューニングのネタをご紹介します。

908 view
今日は、冬に作業を行った SC54 エンジンチューニングのネタをご紹介します。

2010年モデル
IMG_3721.JPG
エンジンメニューは、
腰下
クランクナイフエッチ加工 (バランス比率考慮)
ダイナミックフルバランス取り  
ピストン・コンロット等の重量合わせ 
シリンダー面研(圧縮比アップ)
バランサー撤去 
6速クロスミッション(ドリームクラフト製)

IMG_3811.JPG

DSC_1608.JPG

IMG_3464.JPG

IMG_3187.JPG
腰上
ハイリフト/作用角変更 カムシャフト
バルブシート内径拡大
ヘットハイフロー加工

IMG_3468.JPG

IMG_3666.JPG

IMG_3667.JPG

内部のコーティングメニューは、WPCコーティング及びDLCコーティング

※吸排気は、社外になります。 
 アールズギア ワイバーンマフラー
 YAMAMOTO RACING BIG THROTTLE 
IMG_3104.JPG

※専用のクリーナーBOXを作製
9495B4B9-89F3-4426-8547-EA3534D9F3AC.jpg

DSC_0109-74481.JPG

DSC_0121-57f66.JPG

※ECUは、MOTOJPチューニングとラピットバイクレーシングにて制御

※チェーンコンバート済 スリ―ド525SPR 17-39 

慣らしが終わったら パワーチェックとセッティングですね。

現在のフィーリングでは、
ラピッドバイクECUの燃量自動調整により街乗り付近楽しいセットになってます。
エンジンレスポンスは、過激! ( ◠‿◠ )

CB1300 SC54も継続販売して、17年近くなっています。
走行距離も10万キロオーバーの車両も増えてきてますので、エンジンリフレッシュメニューついでのフルバランス加工もあり(?_?)

・・・・・エンジン分解ついて・・・・・・
メリットとデメリットがあるメニューだと思います。
だからこそ重メンテナンスを減らすため、日常の点検やこまめなOIL交換や燃料添加洗浄剤での使用をお勧めします。

・・・・腰上・・・・・
OIL下がり(バルブステムシール) 
OIL上がり(ピストンOILリング張力が弱るやシリンダーの摩耗など)になって初めて腰上分解リフレッシュが良い時も多々あると思います。

・・・・腰下・・・・・
クランクメタルは、減っていないケースが多いです。
ドライブシャフトのシールOIL滲みがある程度。
ウォーターポンプのOIL漏れなど メカニカルシール摩耗などです。

私がいる NAPSベイサイド幸浦店では、変わったカスタム作業や方向性など、いろいろなご相談をいただくケースが多く
カスタム大好きオーナー様
バイクカスタムショップ様
他のバイク用品店様
オーナーズクラブ様
カスタムメーカー様
バイク雑誌様
などなど沢山。
ピットスタッフが足りない位〓︎
いつも、オーナー様方々には、
お時間を頂き、感謝! (^^♪

今月は、修理ご依頼とカスタムのご依頼が多かったなと思います。

では、令和元年の幕開けです。
安全運転と健康管理 (^^)/ で楽しくバイクライフ!!
1 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

安定した電力で!! ポテンシャルを呼び起こせ!!

安定した電力で!! ポテンシャルを呼び起こせ!!

最近高性能/高出力エンジンには、採用が多いダイレクトイグニッションシステム 当店PITスタッフの渋〇氏TMAX530は、各メーカーから販売している点火系カスタムテストし、最終的にダイレクトイグニッション化に落ち着きました。
見た目を変えたぞ!! 春のカスタム提案。「YZF-R1」!!

見た目を変えたぞ!! 春のカスタム提案。「YZF-R1」!!

カラーリングカスタムの入門編は、デカール 大小様々なステッカーがありますね
翼 計画 「カスタムは終わらない!!」第二部

翼 計画 「カスタムは終わらない!!」第二部

今回は風を実際に当てての変化をテスト。完成までもっていくために材質変更で作ります。
2020年に向けて カスタムは終わらない!!! DUCATI749R

2020年に向けて カスタムは終わらない!!! DUCATI749R

今回のネタは、カナード&ウイングレット。 MOTOGPでは、当たり前になっているパーツですね。 現在のレギュレーションでは、アッパーカウルやサイドカウルと一体物に決められているようです。
「DUCATI」カスタムベース車両に『盛って恋!!!』ブレーキラインを変更だ!!

「DUCATI」カスタムベース車両に『盛って恋!!!』ブレーキラインを変更だ!!

純正でもブレーキパイプの採用&メッシュホース化になっておりますが・・・・・ 変える理由がだんだんと無くなっている?!(・へ・) だからこそ、見た目の「インパクト」のあるカラ-(色)変更が、今後のブレーキラインカスタムの「トレンド」だと!!<(`^´)>

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ベイサイド幸浦店 ベイサイド幸浦店