2018年9月12日 更新

【バイクヒストリア】惜しまれつつ生産終了となった「モンキー」

日々新たなバイクモデルが生み出されれば、姿を消していくバイクもあります。その中には、ライダーたちから惜しみない愛情を受けていたバイクの姿も。その代表的なバイクといえるのが、ホンダが2017年に生産終了を発表した「モンキー」です。50年以上に渡って走り続けてきたモンキーは、いったいどのような歴史を持っているのでしょうか。

484 view

遊具として生まれたホンダの“初代”モンキー

 (12808)

多くのライダーから愛されたホンダのモンキーは、1961年に誕生しました。誕生した場所は、東京都日野市にオープンした、「多摩テック(2009年に閉園)」という遊園地。そう、初代モンキーの最初の役割は、ライダーを乗せるバイクではなく、子供を楽しませる遊具だったのです。

ただ、後にバイクとして活躍するモンキーの方向性は、この時点でできていたともいわれています。実際、赤いフレームや白い燃料タンクカバーなどのカラーリングは、後のモンキーでも継承されています。また、モンキーの特徴ともいえる「牧歌的な雰囲気」や「小さくてかわいいフォルム」などについては、この初代モンキーによって確立されたものなのです。

「車に積めるバイク」として人気を集める

 (12811)

1967年、国内に向け市販版のモンキーが販売開始されました。当時は「車に積んで運べる」というコンパクト性を重視しており、「折り畳み可能なハンドル」や「倒しても燃料漏れしないタンク」などといった機能が備えられているのが特徴だったようです。

1969年になると、少し大型化したモデルが販売開始されましたが、基本的には「車に積めるバイク」という立ち位置に変わりはありませんでした。車で原っぱなどへ出かけ、出かけた先でバイクに乗って楽しむというのが、当時のモンキーの使用用途だったのです。

30年のロングライフなデザインに

 (12814)

モンキーが道路を走るバイクとなったのが1974年。リアにサスペンションを装備するなど、標準なバイクとしての性能が備わった「Z50J」が販売されたのです。これにより、単独のツーリングができるだけの安定性、快適性が保証されるようになりました。また、デザインに関しても、このZ50Jのデザインが後々までの基本となっています。

その後、1978年には、Z50Jを改良した「Z50Jz-1」が販売開始。ここで発表されたデザインは、2009年にフルモデルチェンジするまで、30年に渡って不変のものとなりました。長年に渡って多くのライダーから愛されてきたモンキーですが、2017年、排気ガス規制の強化などを受け、生産終了が決定。今でも多くのファンが、その姿を惜しんでいます。

モンキーは生まれ変わって帰ってきた

生産終了となったモンキーですが、当然ホンダとしても多くの支持を受けているモンキーをこのまま終わらせるつもりはありませんでした。モンキーは125㏄のグロムをベースにしたモデルとなって帰ってきたのです。これからもモンキーは、多くのライダーから愛されていくことでしょう。
11 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

バイクが活躍する映画は数多く存在しますが、その中でも外せないのが1963年にアメリカで公開された不朽の名作『大脱走』でしょう。バイク好きなら知っている方も多いであろうこの映画の魅力について、詳しくご紹介していきます。
Naps-ONマガジン | 810 view
知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

バイク好きが高じて、「バイクに囲まれて仕事をしたい」「バイクに関する知識を活かしたい」といった思いを抱き、バイク業界で働きたいと考える方もいるでしょう。しかし、バイク業界で働くにはただ「バイクが好き」という気持ちをもっているだけでは不十分。業界への理解や、一歩踏み込んだ問題意識、バイクに直接関係することに留まらない多種多様な知識・経験が必要です。そこで今回は、バイク業界への就職を成功させるポイントについて解説します。
Naps-ONマガジン | 907 view
事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

自動車の横を走行中に、「もしかしてこっちが見えていないのかな?」とドキッとした経験は、ライダーならほとんどの方があるのではないでしょうか。教習所で習った通り、自動車を運転していると、視界にまったく入らない「死角」が生まれます。ライダーが自動車の死角を走行していると、最悪の場合、事故に巻き込まれてしまうことも。今回は死角となりやすい位置と、死角に入るのを避ける方法をご紹介します。
Naps-ONマガジン | 895 view
【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

ベテランライダーの所作から、バイク乗りの極意を学ぼうとしている初心者の皆さん!ほかのライダーのクセを見つけては「シブい!」と感銘を受けている方もいるのではないでしょうか?しかし、バイクを走らせるうえで必要のない挙動をルーティンにしているベテランライダーもちらほら。実はエンジンを止める前の「空ぶかし」も “無駄ルーティン”のひとつなんです!
Naps-ONマガジン | 3,809 view
目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

長い時間運転をしていると、目の渇きや疲れのせいで危険を見落としやすくなりますよね。目が疲れていなくても、トンネルに入った瞬間や出た直後は周囲の明るさが急に変わることで前方を走る車が見えなくなってしまうことも。運転時に起こりがちな目の錯覚を知り、危険を早めに察知しましょう!
Naps-ONマガジン | 656 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Naps-ONマガジン Naps-ONマガジン