2018年9月21日 更新

【初心者必見】アメリカンタイプのバイクに乗る際の注意点

ハーレーダビッドソンやボスホスといった、アメリカンタイプのバイクに憧れるライダーは決して少なくないはず。しかし、アメリカンタイプのバイクは日本のものと勝手が異なる点が多く、注意しなければならないポイントが多いのも事実です。今のうちに注意点について、ここで覚えておきましょう。

2,363 view

重量もアメリカン!とにかく重い

 (12773)

アメリカのバイクは世界一大きいとされるボスホスを筆頭に、日本製のバイクと比べ巨大なものが多くあります。もちろん、それに従い重さもかなりのもの。たとえば、アメリカの超有名なバイク、ハーレーダビッドソンはほとんどのモデルが300キログラムを超えています。日本の基本的なバイクの重さが200キログラム前後であることを考えると、その重さが分かるでしょう。

そのため、誤ってバイクの下敷きになろうものなら、高確率で骨折などの重傷を負ってしまうのは間違いありません。もしもバイクが倒れそうになったときは、バイクを庇わず逃げる必要があるでしょう。また、走行中も常にバランスを心がけた運転をする必要があります。

低速走行が危険

 (12774)

アメリカンバイクの持つ特徴として「低速に弱い」というものがあります。これには、前輪が他の国のバイクと比べ前に突き出していることから、小刻みなハンドルさばきがしにくいという構造上の理由があるのです。

日本のバイクなどで低速走行をしている際、バランスを崩しそうになったら細かなハンドリングによって持ち直すことができます。しかし、アメリカンバイクで低速走行をしていてバランスを崩したとき、上記のような立て直し方はできない場合があると覚えておかなければいけません。

アメリカンバイクで低速走行中、転倒しそうになった場合は、アクセルを開くなどして動力をつなげ、トラクションを確保することでバランスを立て直すことができるケースがあります。

“揺れ”に要注意

 (12777)

アメリカンバイクを運転するときは“揺れ”に注意する必要があります。理由として、アメリカンバイクは日本のバイクに比べ、基本的にサスペンションが柔らかいという特徴があるためです。特にカーブの多い道などを走っていると、前後上下に大きく揺れるケースがあるため、あらかじめ理解しておかないとパニックになってしまう恐れがあります。

対処法として、リアブレーキをフロントブレーキより一瞬早く使うという技術がありますが、初心者のときには中々難しいため、とにかく慎重に運転する必要があるといえるでしょう。

慣れないうちは慎重な運転を心がけよう!

 (12840)

ご紹介した以外にも、アメリカンバイクには二―グリップが難しいなど、さまざまな困った特徴があります。しかし、それを理解していても圧倒的なフォルムなどを見ていると、やはり乗りたくなってしまうのがアメリカンバイクの魅力。事故を起こさないため、慣れないうちは慎重な運転を心がけるようにしてください。
12 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

バイクが活躍する映画は数多く存在しますが、その中でも外せないのが1963年にアメリカで公開された不朽の名作『大脱走』でしょう。バイク好きなら知っている方も多いであろうこの映画の魅力について、詳しくご紹介していきます。
Naps-ONマガジン | 703 view
知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

バイク好きが高じて、「バイクに囲まれて仕事をしたい」「バイクに関する知識を活かしたい」といった思いを抱き、バイク業界で働きたいと考える方もいるでしょう。しかし、バイク業界で働くにはただ「バイクが好き」という気持ちをもっているだけでは不十分。業界への理解や、一歩踏み込んだ問題意識、バイクに直接関係することに留まらない多種多様な知識・経験が必要です。そこで今回は、バイク業界への就職を成功させるポイントについて解説します。
Naps-ONマガジン | 773 view
事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

自動車の横を走行中に、「もしかしてこっちが見えていないのかな?」とドキッとした経験は、ライダーならほとんどの方があるのではないでしょうか。教習所で習った通り、自動車を運転していると、視界にまったく入らない「死角」が生まれます。ライダーが自動車の死角を走行していると、最悪の場合、事故に巻き込まれてしまうことも。今回は死角となりやすい位置と、死角に入るのを避ける方法をご紹介します。
Naps-ONマガジン | 772 view
【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

ベテランライダーの所作から、バイク乗りの極意を学ぼうとしている初心者の皆さん!ほかのライダーのクセを見つけては「シブい!」と感銘を受けている方もいるのではないでしょうか?しかし、バイクを走らせるうえで必要のない挙動をルーティンにしているベテランライダーもちらほら。実はエンジンを止める前の「空ぶかし」も “無駄ルーティン”のひとつなんです!
Naps-ONマガジン | 3,299 view
目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

長い時間運転をしていると、目の渇きや疲れのせいで危険を見落としやすくなりますよね。目が疲れていなくても、トンネルに入った瞬間や出た直後は周囲の明るさが急に変わることで前方を走る車が見えなくなってしまうことも。運転時に起こりがちな目の錯覚を知り、危険を早めに察知しましょう!
Naps-ONマガジン | 593 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Naps-ONマガジン Naps-ONマガジン