2018年6月20日 更新

バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイク乗りには、見た目が実年齢より若かったり、仕事や私生活が充実していたりする人が多いですよね。「バイクが人をワイルドにさせる」というと大げさですが、実はバイクに乗ると脳が活性化されるということは過去の研究で証明されているんです!今回は、2009年に発表されたバイクにまつわる興味深い研究の概要をご紹介します。

6,353 view

バイクに乗ると脳が活性化する?

 (12184)

ヤマハ発動機とともに「二輪車乗車と脳の活性化の関係」を研究したのは、東北大学加齢医学研究所の川島隆太教授。川島教授は2000年代にヒットした「脳を鍛える大人のDSトレーニング」の監修を務めた人物であり、私生活ではバイク好きとしても知られています。

さまざまな状況のコースを運転して脳の活動を計測するという実験は、車体に積載する機器が大型であることから、バイクでは不可能とされてきました。この実験では、日立製作所基礎研究所が開発した最新型の計測器を使うことで、バイクの運転で脳が働くことを世界で初めて検証したのです。用意されたコースは、連続コーナーや悪路、勾配、ヘアピンなど、注意力や運転技術を要するもの。いったいどのようなデータが採取できたのでしょうか。

現役ライダーとブランクのあるライダーの脳の活動を比較

 (12187)

実験でバイクを運転したのは、中型免許以上を持つ現役ライダー11名(平均年齢 45.4歳)と、免許は所持しているものの10年以上ブランクがある元ライダー10名(平均年齢 46.2歳)の計21人。実際にコースを走行して集めたデータを解析すると、現役ライダーと元ライダーでは、脳の使い方が対照的であることが明らかになりました。

現役ライダーは感覚的に、ブランクのあるライダーは注意深く運転するイメージですが、脳の活動を分析すると、実際はその逆。日ごろバイクを運転している現役ライダーは、運転時に脳(左半球前頭前野)が活性化し、論理的に情報を処理しながら運転しているのに対し、ブランクのあるライダーはESP(超感覚的知覚)と呼ばれるいわば直感のようなものでバイクを運転していることがわかったのです。

バイクの運転とメンタルヘルスの関係

 (12190)

日常的なバイクの運転で活性化する前頭前野は人間の脳の中でも極めて重要な部分。”脳の司令塔”とも呼ばれる領域で「記憶力」「集中力」「感情制御」「意欲向上」などをメンタルにも関係する思考を司っています。

前述の実験後に行われた「自動二輪運転の生活習慣が脳機能に与える影響」を調べる実験では、10年以上のブランクがある元ライダーに、2か月の間通勤などの生活場面でバイクを使用させました。その結果、バイクを生活の中で使用すると、記憶力や空間認識力をはじめ、さまざまな認知機能が向上することがわかったのです。被験者からは、バイクに乗ることで体調がよくなったり、ミスが減ったりなどメンタルの快調も報告されました。

結論……バイクは脳と心を豊かにする!

川島教授は、自動車の運転で脳が活性化されるのは「踏み切りを通過するときか、急に人が飛び出してきたときくらい」であるとし、自動車を運転するよりバイクに乗った方が脳を活性化できることを強調しました。バイクに乗ると脳と心にポジティブな影響があることは科学的に証明されているので、ライダーの皆さんは今後もバイクで安全運転を続けて、人生を豊かにしていってくださいね。
11 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

バイクが活躍する映画は数多く存在しますが、その中でも外せないのが1963年にアメリカで公開された不朽の名作『大脱走』でしょう。バイク好きなら知っている方も多いであろうこの映画の魅力について、詳しくご紹介していきます。
Naps-ONマガジン | 817 view
知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

バイク好きが高じて、「バイクに囲まれて仕事をしたい」「バイクに関する知識を活かしたい」といった思いを抱き、バイク業界で働きたいと考える方もいるでしょう。しかし、バイク業界で働くにはただ「バイクが好き」という気持ちをもっているだけでは不十分。業界への理解や、一歩踏み込んだ問題意識、バイクに直接関係することに留まらない多種多様な知識・経験が必要です。そこで今回は、バイク業界への就職を成功させるポイントについて解説します。
Naps-ONマガジン | 922 view
事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

自動車の横を走行中に、「もしかしてこっちが見えていないのかな?」とドキッとした経験は、ライダーならほとんどの方があるのではないでしょうか。教習所で習った通り、自動車を運転していると、視界にまったく入らない「死角」が生まれます。ライダーが自動車の死角を走行していると、最悪の場合、事故に巻き込まれてしまうことも。今回は死角となりやすい位置と、死角に入るのを避ける方法をご紹介します。
Naps-ONマガジン | 904 view
【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

ベテランライダーの所作から、バイク乗りの極意を学ぼうとしている初心者の皆さん!ほかのライダーのクセを見つけては「シブい!」と感銘を受けている方もいるのではないでしょうか?しかし、バイクを走らせるうえで必要のない挙動をルーティンにしているベテランライダーもちらほら。実はエンジンを止める前の「空ぶかし」も “無駄ルーティン”のひとつなんです!
Naps-ONマガジン | 3,861 view
目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

長い時間運転をしていると、目の渇きや疲れのせいで危険を見落としやすくなりますよね。目が疲れていなくても、トンネルに入った瞬間や出た直後は周囲の明るさが急に変わることで前方を走る車が見えなくなってしまうことも。運転時に起こりがちな目の錯覚を知り、危険を早めに察知しましょう!
Naps-ONマガジン | 661 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Naps-ONマガジン Naps-ONマガジン