2018年3月28日 更新

【バイクヒストリア】イギリス生まれのバイクメーカー「トライアンフ」の波乱に満ちた歴史

世界に数多く存在するバイクメーカーの中でも、一際長い歴史を持っているのがイギリスのバイクメーカー「トライアンフ(Triumph)」です。しかし、現在でも世界中で愛されているトライアンフですが、その道のりは決して順風満帆というわけではありませんでした。そこで今回のバイクヒストリアでは、トライアンフの波乱に満ちた歴史について紹介していきます。

434 view

トライアンフの創業と隆盛

 (11589)

1885年、ドイツ人のジークフリート・ベットマンがイギリスのロンドンで貿易会社「ジークフリート・ベットマン株式会社」を興したことが、トライアンフの歴史の始まりとされています。ちょうど自転車が人々に普及し始めた時代であったため、ジークフリートも「トライアンフ」という商標を登録し、自転車業界に進出。大きな成功を収めることになります。

しかしその成功に甘んじることなく、ジークフリート率いるトライアンフは発展途上だったバイク業界に参入。ここでも成功を収め、トライアンフはイギリスを代表するバイクメーカーへ成長を遂げていきます。

その後、経営者が交代しながらも変わらぬ成功を収め続けていくトライアンフ。中でも1960年代はまさに黄金期というべき時代でした。1961年、デイトナ200マイルレースという歴史ある大会で首位を獲得。翌年には当時のバイクでは最高速度となる360kmを記録するなど、世界最高峰のバイクという立ち位置を揺るぎないものにしていたのです。

トライアンフの落日

 (11592)

トライアンフの転落は1968年、日本のバイクメーカー「ホンダ」に世界最速バイクの座を奪われた時から始まります。これをきっかけに、トライアンフだけでなくイギリスのバイクメーカーは次第に力を失っていき、1973年にはトライアンフの親会社であったBSAグループが破産。

トライアンフに盛り返すだけの競争力は残っておらず、世界を引っ張るバイクメーカーとしての座から転落していきます。その後、1975年にメリデンモデルの生産を開始するなど一時的に復活の動きは見られたものの、結局数年後には生産中断となり、資産や権利などはすべて協同組合に譲渡され、1983年には主要工場が閉鎖。トライアンフの歴史はここで途絶えたかに思えました。

トライアンフの復活

 (11595)

トライアンフに復活の兆しが見られたのは、イギリス東部の街ベドフォードに住むレス・ハリスという人物が、その時トライアンフの一切の権利を所持していたジョン・ブローアと交渉し、トライアンフ・ボンネビルの生産を再開した時からでした。

1990年、ブローアの手によって新たなトライアンフの工場がイギリスのヒンクリーに設立され、稼働開始。以降は再び規模を拡大し、日本をはじめとするさまざまな国に子会社を設置するなど、順調な経営を行い、かつての栄光を取り戻しつつあります。

日本でも人気のトライアンフ

波乱万丈の歴史を経て、現在のトライアンフは常に最新かつ最善の技術を取り入れようとしており、そうした姿勢に共感してか日本でも高い人気を誇っています。さらなる成長を志す、トライアンフの今後は要チェックですね。
11 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

バイクが活躍する映画は数多く存在しますが、その中でも外せないのが1963年にアメリカで公開された不朽の名作『大脱走』でしょう。バイク好きなら知っている方も多いであろうこの映画の魅力について、詳しくご紹介していきます。
Naps-ONマガジン | 817 view
知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

バイク好きが高じて、「バイクに囲まれて仕事をしたい」「バイクに関する知識を活かしたい」といった思いを抱き、バイク業界で働きたいと考える方もいるでしょう。しかし、バイク業界で働くにはただ「バイクが好き」という気持ちをもっているだけでは不十分。業界への理解や、一歩踏み込んだ問題意識、バイクに直接関係することに留まらない多種多様な知識・経験が必要です。そこで今回は、バイク業界への就職を成功させるポイントについて解説します。
Naps-ONマガジン | 914 view
事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

自動車の横を走行中に、「もしかしてこっちが見えていないのかな?」とドキッとした経験は、ライダーならほとんどの方があるのではないでしょうか。教習所で習った通り、自動車を運転していると、視界にまったく入らない「死角」が生まれます。ライダーが自動車の死角を走行していると、最悪の場合、事故に巻き込まれてしまうことも。今回は死角となりやすい位置と、死角に入るのを避ける方法をご紹介します。
Naps-ONマガジン | 900 view
【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

ベテランライダーの所作から、バイク乗りの極意を学ぼうとしている初心者の皆さん!ほかのライダーのクセを見つけては「シブい!」と感銘を受けている方もいるのではないでしょうか?しかし、バイクを走らせるうえで必要のない挙動をルーティンにしているベテランライダーもちらほら。実はエンジンを止める前の「空ぶかし」も “無駄ルーティン”のひとつなんです!
Naps-ONマガジン | 3,842 view
目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

長い時間運転をしていると、目の渇きや疲れのせいで危険を見落としやすくなりますよね。目が疲れていなくても、トンネルに入った瞬間や出た直後は周囲の明るさが急に変わることで前方を走る車が見えなくなってしまうことも。運転時に起こりがちな目の錯覚を知り、危険を早めに察知しましょう!
Naps-ONマガジン | 659 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Naps-ONマガジン Naps-ONマガジン