2018年12月13日 更新

【女性ライダー必見】ツーリング前にしておきたいメイク術

バイクに乗る際のメイク崩れは多くの女性ライダーを悩ませる問題です。バイクに乗る以上は風や汗などのメイクが崩れる原因を排除できないだけに「もう外見を気にするのはやめた!」とあきらめている方も多いでしょう。しかし、メイク法や髪のまとめ方を工夫すれば、ヘルメットを外した後の原状復帰が簡単になります。今回はバイクに乗る前にしておきたいメイク術をご紹介しましょう。

1,296 view

絡まる、ムレる、ぺったんこ……髪の三重苦を乗り越えるには

 (10938)

どんなに髪型を整えても、バイクに乗るときはヘルメットをかぶらなければなりませんよね。すると髪はつぶれてしまいますし、ムレて匂いが気になることも……。まず、匂い対策として髪が濡れている状態ではヘルメットをかぶらないようにしましょう。ワックスなどの整髪料はヘルメットを外した後につけるようにすると、ヘルメットそのものに汚れがつくことを防ぐことができます。

ロングヘアの方は、強風で髪が絡まないようにゴムで髪をゆるくまとめましょう。髪に結んだ跡がつくのが嫌という方は、髪を服の中に入れるだけでも構いません。髪同士が絡まってしまうとブラシを通すにも通らなくなってしまい、切れ毛の原因にもなるので注意が必要です。また、普段と分け目を逆にしてヘルメットをかぶることもヘルメットを外した後の髪にボリュームを出すために効果があります。

メイク崩れの原因は日焼けによる乾燥も

 (10941)

紫外線が強い季節はUVカットのシールドをつけていても、シミやシワの原因とされるUV‐A(サンタン)を防ぎきることができません。シールド以外に日焼け止めなどでケアをしておかないと、UV‐Aによって肌は黒ずみ、肌表面の水分は奪われてしまいます。バイクに乗るだけでも風を受けて肌が乾燥するのは避けられないことなので、それ以上に肌を乾燥させないためにはUVケアを徹底することが大切です。

水分が失われた肌は油分だけが表面に残ることで、化粧崩れしやすい状態になります。化粧をきれいに保つためには、肌に浮いた油分をあぶら取り紙で適宜ふき取り、出先でも化粧水で保湿をするようにしましょう。保湿を済ませた肌に日焼け止めを塗り直し、それからファンデーションを塗ることで、バイクに乗っている間も風や日差しに負けない肌を作ることができます。

メイクは落ちにくい目元に注力を!

 (10944)

ロングランをしていると、額近くのファンデーションがこすれて落ちてしまったり、眉のメイクがぼやけてしまったりとメイク崩れが気になりますよね。メイクが落ちるとヘルメットも汚れてしまうので、ヘルメットに触れるおでこなどには初めからメイクを施さないという手もあります。

おでこは髪で隠れるとしても、それ以外のパーツは顔の印象を左右するので、メイクをするならウォータープルーフのコスメを使って耐久性を高めましょう。また、目元は比較的ヘルメットの影響を受けにくいので、他のパーツはナチュラルに、アイラインやシャドーはいつもより派手めにしてメリハリをつけるのもいいですね。

バイクに乗るときのスタイルを確立すれば怖くない

バイクに乗りながらいつも通りのメイクを維持するのはなかなか難しいものです。ヘルメットを外したら帽子をかぶる、三つ編みにする、メイクのテイストを変えるなど、バイクに乗るとき専用のスタイルを確立して、自分らしいツーリングを楽しみましょう!
12 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

バイクが活躍する映画は数多く存在しますが、その中でも外せないのが1963年にアメリカで公開された不朽の名作『大脱走』でしょう。バイク好きなら知っている方も多いであろうこの映画の魅力について、詳しくご紹介していきます。
Naps-ONマガジン | 704 view
知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

バイク好きが高じて、「バイクに囲まれて仕事をしたい」「バイクに関する知識を活かしたい」といった思いを抱き、バイク業界で働きたいと考える方もいるでしょう。しかし、バイク業界で働くにはただ「バイクが好き」という気持ちをもっているだけでは不十分。業界への理解や、一歩踏み込んだ問題意識、バイクに直接関係することに留まらない多種多様な知識・経験が必要です。そこで今回は、バイク業界への就職を成功させるポイントについて解説します。
Naps-ONマガジン | 777 view
事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

自動車の横を走行中に、「もしかしてこっちが見えていないのかな?」とドキッとした経験は、ライダーならほとんどの方があるのではないでしょうか。教習所で習った通り、自動車を運転していると、視界にまったく入らない「死角」が生まれます。ライダーが自動車の死角を走行していると、最悪の場合、事故に巻き込まれてしまうことも。今回は死角となりやすい位置と、死角に入るのを避ける方法をご紹介します。
Naps-ONマガジン | 773 view
【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

ベテランライダーの所作から、バイク乗りの極意を学ぼうとしている初心者の皆さん!ほかのライダーのクセを見つけては「シブい!」と感銘を受けている方もいるのではないでしょうか?しかし、バイクを走らせるうえで必要のない挙動をルーティンにしているベテランライダーもちらほら。実はエンジンを止める前の「空ぶかし」も “無駄ルーティン”のひとつなんです!
Naps-ONマガジン | 3,301 view
目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

長い時間運転をしていると、目の渇きや疲れのせいで危険を見落としやすくなりますよね。目が疲れていなくても、トンネルに入った瞬間や出た直後は周囲の明るさが急に変わることで前方を走る車が見えなくなってしまうことも。運転時に起こりがちな目の錯覚を知り、危険を早めに察知しましょう!
Naps-ONマガジン | 593 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Naps-ONマガジン Naps-ONマガジン