2017年10月13日 更新

かっこ良さを求めるならカフェレーサーを目指してみませんか?

皆さんは「カフェレーサー」をご存知ですか?カフェレーサーとはオートバイのカスタムスタイルの一つでクラシックながら、未だに根強い人気を誇っているスタイルです。もし「かっこ良くバイクに乗りたい!」と思っているならば、カフェレーサーを目指してみてはいかがでしょうか!今回はそんなカフェレーサーに関するお話です。

1,046 view

そもそもカフェレーサーって?

 (10240)

カフェレーサーとはバイクのカスタムスタイルの一つで、その始まりは1960年代のイギリスといわれています。

当時のロンドンで唯一の24時間営業だったカフェ「エースカフェ」に毎夜のように集まっていたロッカーズと呼ばれる少年たち。彼らは店のジュークボックスにコインを入れ、曲の始まりと共にスタートし曲が終わるまでにカフェに戻ってくるという公道でのレースを行っていました。

当時は彼らのことをカフェレーサーと呼んでいたのですが、その文化が世界中に広がるとともに、彼らが乗っていた「早く、カッコ良く」を追い求めたカスタムのことをカフェレーサーと呼ぶようになりました。

カフェレーサーにカスタムするには?

 (10243)

カスタムスタイルとしてのカフェレーサーは、当時のグランプリロードレース車両を真似し速度や旋回性能をとことん追求したものです。大きな特徴としては以下の二つが挙げられます。

セパレートハンドル

その名の通り左右のグリップが独立しているハンドルのことです。もともとはレース用として採用されていたハンドルで、徐々に公道用の車種にも採用されるようになりました。セパレートハンドルに変えることで、乗車姿勢が前傾姿勢になり空気抵抗を減らすことができます。まさに早さを追い求めるレーサーのようなカスタムといえるでしょう。またセパレートハンドルの他にも、コンチネンタルハンドルやスワローハンドルの逆付けを行う車両もあるようです。

バックステップ

セパレートハンドルと同様に、欠かせないといわれているカスタムがバックステップです。その名の通りステップの位置が純正のものより後方に取り付けられ、セパレートハンドルにすることで前傾姿勢となったライダーが窮屈になることなく足を置くことができます。またコーナーで車体を大きく傾けた際にも、ステップが地面に接地し走行の妨げになりません。
大きな特徴としてはこれらになりますが、シートをシングルシートにすることやカウルの種類などこだわりを持てばどんどんと味の出るカスタムといえるでしょう。

カフェレーサー向きのバイクご紹介!

 (10253)

カフェレーサーカスタムの基本形は単気筒か2気筒エンジンのバイクをベースとするのが主流で、「トライアンフ」「ノートン」「BSA」などが有名です。また日本では生産終了となってしまったヤマハSR400などが定番となっています。現行車では以下のバイクがオススメです。

ホンダ CB1100

ヤマハ XSR900

カワサキ Z1000

カワサキ W800

ハーレーダビッドソン ロードスター

こだわりの詰まったカスタムスタイル「カフェレーサー」

半世紀も前から「早く、カッコ良く」を追い求めて行われてきたカスタムのカフェレーサー。現代でも根強い人気を誇り、多くの人が自分なりのカフェレーサースタイルを作り上げています。最近ではノーマルの状態でもカフェレーサースタイルの特徴を持つバイクも出てきているので、「気になるけど、カスタムは大変そう…」という方はそういったバイクから始めてみるのも良いかもしれません。
28 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

バイクが活躍する映画は数多く存在しますが、その中でも外せないのが1963年にアメリカで公開された不朽の名作『大脱走』でしょう。バイク好きなら知っている方も多いであろうこの映画の魅力について、詳しくご紹介していきます。
Naps-ONマガジン | 702 view
知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

バイク好きが高じて、「バイクに囲まれて仕事をしたい」「バイクに関する知識を活かしたい」といった思いを抱き、バイク業界で働きたいと考える方もいるでしょう。しかし、バイク業界で働くにはただ「バイクが好き」という気持ちをもっているだけでは不十分。業界への理解や、一歩踏み込んだ問題意識、バイクに直接関係することに留まらない多種多様な知識・経験が必要です。そこで今回は、バイク業界への就職を成功させるポイントについて解説します。
Naps-ONマガジン | 771 view
事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

自動車の横を走行中に、「もしかしてこっちが見えていないのかな?」とドキッとした経験は、ライダーならほとんどの方があるのではないでしょうか。教習所で習った通り、自動車を運転していると、視界にまったく入らない「死角」が生まれます。ライダーが自動車の死角を走行していると、最悪の場合、事故に巻き込まれてしまうことも。今回は死角となりやすい位置と、死角に入るのを避ける方法をご紹介します。
Naps-ONマガジン | 769 view
【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

ベテランライダーの所作から、バイク乗りの極意を学ぼうとしている初心者の皆さん!ほかのライダーのクセを見つけては「シブい!」と感銘を受けている方もいるのではないでしょうか?しかし、バイクを走らせるうえで必要のない挙動をルーティンにしているベテランライダーもちらほら。実はエンジンを止める前の「空ぶかし」も “無駄ルーティン”のひとつなんです!
Naps-ONマガジン | 3,296 view
目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

長い時間運転をしていると、目の渇きや疲れのせいで危険を見落としやすくなりますよね。目が疲れていなくても、トンネルに入った瞬間や出た直後は周囲の明るさが急に変わることで前方を走る車が見えなくなってしまうことも。運転時に起こりがちな目の錯覚を知り、危険を早めに察知しましょう!
Naps-ONマガジン | 592 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Naps-ONマガジン Naps-ONマガジン