2017年10月12日 更新

バイクをカスタムしたい!でもそのカスタムは申請が必要かも?

せっかく自分の愛車を手に入れたら「かっこよくしたい!」と思う方も多いかと思います。ならばカスタムを!と言いたいところですが、ちょっと待って下さい!カスタム次第では申請が必要な場合があるんです。そこで今回はカスタムの際に知っておきたい注意ポイントをご紹介していきます。

536 view

カスタム前に知っておきたい「指定部品」とは

 (10215)

バイクをカスタムするにあたってまず知っておきたいのが「指定部品」です。カスタムの際この指定部品であれば基準を満たしている限り届け出をする必要がなく、車検も通ることができます。バイク関連の指定部品は大きく分けて以下の4つに分けられます。

車体まわり

カウル類、ウインド・シールド、ラック類、ガード類、ステップ、その他…など。

走行に関連する部品

タイヤ、ホイール、コイル・スプリング、マフラー、排気管、ショック・アブソーバーなど。

原動機、廃棄系統

リモコン、エンジンスターター、エキゾースト、、パイプ・チップ、エクステンションなど。

その他の部品

ナンバー取り付けステー、任意灯火器類など。

これら指定部品にあたらない部品は「指定外部品」に分類されます。

部品の取り付け方法で3種類に分類される!

 (10226)

カスタムパーツを取り付ける際も、その取り付け方法によって法律的に3種類に分類されます。カスタムする部品と同様に、取り付け方によっても届け出や申請が必要になってくることがあるためしっかりと知っておきましょう。取り付け方法の分類は以下の3つです。

簡易的な取付方法

マジックテープ、粘着テープ、吸盤などで固定するような取り付け方法。

固定的取付方法

ボルトやナット、接着剤、組み込みなど工具で簡単に取り外しが可能な取り付ける方法。

恒久的取付方法

溶接やリベットなど容易な取り外しが不可能で、取り外しの際には特殊な工具が必要であったり他の部分を損傷させてしまう可能性がある取り付け方法。

大きさや重量にも範囲がある!

 (10235)

バイクのカスタムで取り付ける部品には、ノーマルの状態から大きさや重量が一定範囲を超えた場合届け出や申請しなければならない場合があります。

・長さ ±3cm
・幅  ±2cm
・高さ ±4cm
・重量 ±50kg

「指定部品or指定外部品」「取り付け方法」「一定範囲」で申請の有無が決まる!

バイクをカスタムしようと思った時、「どこからカスタムしよう!」「どんなパーツにしよう!」など色々考えるかと思います。しかしまずはカスタムに関する基本的なところを抑えておくことが必要です。カスタムをしてから「申請が必要だった!」とならないように、今回ご紹介したカスタムの3項目を覚えておきましょう!
25 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

バイクが活躍する映画は数多く存在しますが、その中でも外せないのが1963年にアメリカで公開された不朽の名作『大脱走』でしょう。バイク好きなら知っている方も多いであろうこの映画の魅力について、詳しくご紹介していきます。
Naps-ONマガジン | 815 view
知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

バイク好きが高じて、「バイクに囲まれて仕事をしたい」「バイクに関する知識を活かしたい」といった思いを抱き、バイク業界で働きたいと考える方もいるでしょう。しかし、バイク業界で働くにはただ「バイクが好き」という気持ちをもっているだけでは不十分。業界への理解や、一歩踏み込んだ問題意識、バイクに直接関係することに留まらない多種多様な知識・経験が必要です。そこで今回は、バイク業界への就職を成功させるポイントについて解説します。
Naps-ONマガジン | 914 view
事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

自動車の横を走行中に、「もしかしてこっちが見えていないのかな?」とドキッとした経験は、ライダーならほとんどの方があるのではないでしょうか。教習所で習った通り、自動車を運転していると、視界にまったく入らない「死角」が生まれます。ライダーが自動車の死角を走行していると、最悪の場合、事故に巻き込まれてしまうことも。今回は死角となりやすい位置と、死角に入るのを避ける方法をご紹介します。
Naps-ONマガジン | 899 view
【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

ベテランライダーの所作から、バイク乗りの極意を学ぼうとしている初心者の皆さん!ほかのライダーのクセを見つけては「シブい!」と感銘を受けている方もいるのではないでしょうか?しかし、バイクを走らせるうえで必要のない挙動をルーティンにしているベテランライダーもちらほら。実はエンジンを止める前の「空ぶかし」も “無駄ルーティン”のひとつなんです!
Naps-ONマガジン | 3,832 view
目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

長い時間運転をしていると、目の渇きや疲れのせいで危険を見落としやすくなりますよね。目が疲れていなくても、トンネルに入った瞬間や出た直後は周囲の明るさが急に変わることで前方を走る車が見えなくなってしまうことも。運転時に起こりがちな目の錯覚を知り、危険を早めに察知しましょう!
Naps-ONマガジン | 659 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Naps-ONマガジン Naps-ONマガジン