2017年5月16日 更新

人生で一度は乗ってみたい…!世界の高級バイク!

バイクは生活範囲を広げてくれる移動手段でありながら、車体をカスタマイズしたり、磨いて眺めたりするという意味で、おもちゃにも近い存在です。新しい製品を見ると欲しいなあ、乗ってみたいなあという気持ちが浮かんでくるものですが、今回はおもちゃにするには高すぎて思わず二度見してしまうような世界の高級バイクをご紹介します!

585 view

Harley Davidson Cosmic Starship

※写真はイメージです

※写真はイメージです

このバイクは伝説のカスタムバイクビルダーBarters氏がデザインした「Million Dollar Harley Davidson」の車体に、アーティストのジャック・アームストロングがコズミック調ペイントを施したもので、価格は100万ドル(日本円で1億2000万円)というとんでもない高級バイクです。

まるで灼熱の炎の中から飛び出してきたかのようなペイントと、ブラックのスタイリッシュな車体が相まって、ラスボス感漂う一台に仕上がっています。敵のアジトに攻め入るときなど、相手を見た目で威嚇したいときに活躍しそうですね。

HONDA「RC213V-S」

 (9159)

2013年・2014年のFIMロードレース世界選手権(以降 MotoGP)のMotoGPクラスにおいて二連覇を達成した競技専用マシン「RC213V」を一般公道走行用にアレンジした「RC213V‐S」。その車両価格は2190万円で、現在販売されているホンダ車(四輪自動車を含む)で最も高額だといいます。レース用に開発された「RC213V」の車体は加工精度が高く、部品も軽量で、その持ち味を残したまま一般公道走行用に部品を付け加えた「RC213V-S」はますます貴重な車体となりました。

ホンダは「世界一速く走るマシン」とは「世界一操りやすいマシン」であるという思想を1959年の「マン島T.T.レース」参戦以来、変わらず持ち続けているそうです。このマシンは最上級の操作性と実績を持ち合わせているため、これだけの値段が付けられているのです。

Ecosse ES1 Superbike

 (9162)

世界の高級バイクを調べる中で、ダントツで高額だったのが4億3200万円の値が付けられたEcosse ES1 Superbikeでした。この車体はMcLarenのF1テクノロジーを応用するなど、文句なしのパワーを持っていながら、新素材を用いることで大幅に軽量化された、現存するバイクの中で最も性能の高いバイクであるといわれています。

ライディングポジションも従来のバイクとはまったく違っており、徹底的に空力性能の向上が図られたこのバイクなら、急ぎの用事があっても焦らずに目的地まで向かうことができるでしょう。

高級バイクに手が届かなくても

世界各地で開発される超ド級の高額バイク。一体どんな人がこれらを手に入れるのでしょうか。もちろん、高級バイクを購入することだけがバイクを楽しむ方法ではありません。今乗りこなしている愛車のメンテナンスを怠らず、安全で刺激的なライダーズライフを送ってくださいね。
14 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

バイクが活躍する映画は数多く存在しますが、その中でも外せないのが1963年にアメリカで公開された不朽の名作『大脱走』でしょう。バイク好きなら知っている方も多いであろうこの映画の魅力について、詳しくご紹介していきます。
Naps-ONマガジン | 815 view
知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

バイク好きが高じて、「バイクに囲まれて仕事をしたい」「バイクに関する知識を活かしたい」といった思いを抱き、バイク業界で働きたいと考える方もいるでしょう。しかし、バイク業界で働くにはただ「バイクが好き」という気持ちをもっているだけでは不十分。業界への理解や、一歩踏み込んだ問題意識、バイクに直接関係することに留まらない多種多様な知識・経験が必要です。そこで今回は、バイク業界への就職を成功させるポイントについて解説します。
Naps-ONマガジン | 914 view
事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

自動車の横を走行中に、「もしかしてこっちが見えていないのかな?」とドキッとした経験は、ライダーならほとんどの方があるのではないでしょうか。教習所で習った通り、自動車を運転していると、視界にまったく入らない「死角」が生まれます。ライダーが自動車の死角を走行していると、最悪の場合、事故に巻き込まれてしまうことも。今回は死角となりやすい位置と、死角に入るのを避ける方法をご紹介します。
Naps-ONマガジン | 899 view
【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

ベテランライダーの所作から、バイク乗りの極意を学ぼうとしている初心者の皆さん!ほかのライダーのクセを見つけては「シブい!」と感銘を受けている方もいるのではないでしょうか?しかし、バイクを走らせるうえで必要のない挙動をルーティンにしているベテランライダーもちらほら。実はエンジンを止める前の「空ぶかし」も “無駄ルーティン”のひとつなんです!
Naps-ONマガジン | 3,831 view
目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

長い時間運転をしていると、目の渇きや疲れのせいで危険を見落としやすくなりますよね。目が疲れていなくても、トンネルに入った瞬間や出た直後は周囲の明るさが急に変わることで前方を走る車が見えなくなってしまうことも。運転時に起こりがちな目の錯覚を知り、危険を早めに察知しましょう!
Naps-ONマガジン | 659 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Naps-ONマガジン Naps-ONマガジン