2017年1月11日 更新

冬のバイクツーリング!足元の防寒対策が重要

冬本番でも、バイクでツーリングに出かけたり、通勤したりする人はいらっしゃいます。アウターやグローブはしっかり準備していても、足元の防寒は疎かにしてしまいがち。特に足先は、一度冷えてしまうととても辛いですよね。そこで足元の防寒対策をご紹介致します。

778 view

見落としがちな足元の防寒対策には・・

 (6185)

バイク用のウィンタージャケットは準備しているのに、バイク用のブーツは購入せずに、いつもどおりのブーツを履いている方が多いのではないでしょうか。
足は毛細血管がたくさん集まっている場所なので、一度冷えてしまうと全身に影響します。
防寒対策を怠りがちな足元ですが、実は足元の防寒対策は意外と簡単なのです。しかも他の箇所と比べて、低価格での対策が可能なのです。
そこでオススメしたいのが、ウェットスーツと同じ素材で作られている靴下です。これは防水性・気密性に優れており、雨や雪の日に足元が濡れて冷えこんでしまうのを防いでくれます。ただし、抜群の気密性により湿気を溜め込んでしまうため、足が蒸れやすいというデメリットがあります。そのため、普通の靴下だけだと寒すぎるというときの着用がオススメです。どうしても足蒸れが気になるという方は、乾燥剤(シリカゲル)を入れて湿気対策をしましょう。
もう1つオススメなのが、靴の上からかぶせることができるカバーです。これを着用すれば、雨の日や、風の強い日に足元を寒さから守ってくれるでしょう。

足元を寒さから守る“レッグカバー”とは

Instagram (6130)

足元の防寒対策にオーバーパンツを着用している方もいらっしゃいますが、外でズボンを脱ぐ作業がとっても煩わしいですよね。
そこでご紹介したいのが、レッグカバーです。日本ではレッグカバーというとアンダーウェアのイメージが強いかも知れませんが、実はバイク用のレッグカバーがあるのです。簡単に説明すると、バイク本体に取り付けて膝から足元までを覆うブランケットのようなものです。バイク用の防寒アイテムとして、ヨーロッパではごく一般的に使われています。

このレッグカバー最大の長所は、バイクウェアに着替えることなく普段着で乗れる点です。冬の間はちょっとした距離でも車を利用する人には特にオススメです。また、ライダーの胸あたりまでしっかりと覆うものが多く、バイクウェアを着なくても足元の暖が取れます。そのため、ウェアの着脱の煩わしさから開放されますし、普段着で乗れるので、バイクウェアのように街中で浮いてしまう心配もいりません。

ROUGH&ROAD ROUGH&ROAD (ラフ&ロード) ホットレッグシールド RR5924-ナップス -RidingArt NAP'S-

3,693円(税込)
ROUGH&ROAD ラフ&ロード ROUGH&ROAD RR5924 ホットレッグシールド (シティーカモ/フリーサイズ) の詳細、通販。フラットステップのスクーター対応の防寒レッグシールド。裏地にボアとキルティングを効果的に採用し暖かさと操作性を両立。立体縫製により着座姿勢で下半身をすっぽり覆い寒風をシャットアウトします。両サイドに視認性に配慮したリフレクターを配備。右腿に便利なフラップポケット付き。

ORION ACE JAMS GOLD (オリオンエース) JAMS GOLD チャップスウォーマー 『SMILEY』 JGW-712-ナップス -RidingArt NAP'S-

12,960円(税込)
ORION ACE オリオンエース JAMS GOLD JGW-712 JAMS GOLD チャップスウォーマー 『SMILEY』 (ブラック/フリー) の詳細、通販。毎年大人気チャップスウォーマー。防寒もバイカースタイルもこれ1本でOK。 フルオープン出来るサイドファスナーで簡単装着。本革ヒートガード付き。

まとめ

冬でもバイクに乗る人にとって、足元の防寒対策は必要不可欠です。足元が暖かいだけで、冬でも快適にバイクに乗ることができます。オーバーパンツを履いたり、高機能なインナーを着込むことで防寒することもできますが、レッグカバーを利用すれば普段着のままでバイクに乗れるのでオススメですよ。
11 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

バイクが活躍する映画は数多く存在しますが、その中でも外せないのが1963年にアメリカで公開された不朽の名作『大脱走』でしょう。バイク好きなら知っている方も多いであろうこの映画の魅力について、詳しくご紹介していきます。
Naps-ONマガジン | 817 view
知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

バイク好きが高じて、「バイクに囲まれて仕事をしたい」「バイクに関する知識を活かしたい」といった思いを抱き、バイク業界で働きたいと考える方もいるでしょう。しかし、バイク業界で働くにはただ「バイクが好き」という気持ちをもっているだけでは不十分。業界への理解や、一歩踏み込んだ問題意識、バイクに直接関係することに留まらない多種多様な知識・経験が必要です。そこで今回は、バイク業界への就職を成功させるポイントについて解説します。
Naps-ONマガジン | 918 view
事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

自動車の横を走行中に、「もしかしてこっちが見えていないのかな?」とドキッとした経験は、ライダーならほとんどの方があるのではないでしょうか。教習所で習った通り、自動車を運転していると、視界にまったく入らない「死角」が生まれます。ライダーが自動車の死角を走行していると、最悪の場合、事故に巻き込まれてしまうことも。今回は死角となりやすい位置と、死角に入るのを避ける方法をご紹介します。
Naps-ONマガジン | 901 view
【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

ベテランライダーの所作から、バイク乗りの極意を学ぼうとしている初心者の皆さん!ほかのライダーのクセを見つけては「シブい!」と感銘を受けている方もいるのではないでしょうか?しかし、バイクを走らせるうえで必要のない挙動をルーティンにしているベテランライダーもちらほら。実はエンジンを止める前の「空ぶかし」も “無駄ルーティン”のひとつなんです!
Naps-ONマガジン | 3,849 view
目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

長い時間運転をしていると、目の渇きや疲れのせいで危険を見落としやすくなりますよね。目が疲れていなくても、トンネルに入った瞬間や出た直後は周囲の明るさが急に変わることで前方を走る車が見えなくなってしまうことも。運転時に起こりがちな目の錯覚を知り、危険を早めに察知しましょう!
Naps-ONマガジン | 659 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Naps-ONマガジン Naps-ONマガジン