2016年10月17日 更新

自動車やバイク運転で欠かせないガソリン・日米で事情が違う?

「アメリカのハイオクの品質は日本のレギュラーと一緒」と聞いたことはないですか?「日本国内で運転するならレギュラーガソリンで十分」といった嘘か本当か分からないような都市伝説まであります。ここでは、日本とアメリカのガソリン事情をご紹介します。

655 view

日本とアメリカでオクタン価が異なる

 (2726)

まず、日本とアメリカではオクタン価の設定が異なります。オクタン価を簡単に説明すると、エンジン内部における自然発火のしにくさや、ノッキングの起こりにくさを数値化したものです。日本の場合レギュラー91・ハイオク100というオクタン価設定になっています。一方アメリカの場合、レギュラー87・ハイオク92というオクタン価設定になっています。オクタン価だけで比較すると、日本のレギュラーとアメリカのハイオクにほとんど違いがないので、「アメリカのハイオクは日本のレギュラーと同じ」という噂が立ったと考えられます。

表向きの数字は近いけれども…

 (2727)

アメリカのハイオクと日本のレギュラーはオクタン価がほとんど一緒ですが、実は日本とアメリカでは、オクタン価を測定する方法が異なります。オクタン価の測定方法にはいくつか種類があり、アメリカの場合AKI、日本はRONという異なる測定方法を採用しています。一般的な傾向として、AKIの方がRONの測定値より4~5程度低くなるといわれています。アメリカのオクタン価を日本のRONに合わせてみると、レギュラー91・ハイオク97になります。アメリカのハイオクと日本のレギュラーは一緒と言える数値差ではないことがわかります。

まとめ

都市伝説を鵜呑みにして、ハイオク対応エンジンにレギュラーガソリンを入れたら、おそらく様々なトラブルが起こるでしょう。近年の車種であれば「壊れる」ということまではあまりないようですが、エンジン性能が落ち燃費が悪くなるなどの不具合はかなり高い確率で発生しそうです。ハイオク仕様にはハイオクを給油しましょう。
8 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

バイクが活躍する映画は数多く存在しますが、その中でも外せないのが1963年にアメリカで公開された不朽の名作『大脱走』でしょう。バイク好きなら知っている方も多いであろうこの映画の魅力について、詳しくご紹介していきます。
Naps-ONマガジン | 815 view
知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

バイク好きが高じて、「バイクに囲まれて仕事をしたい」「バイクに関する知識を活かしたい」といった思いを抱き、バイク業界で働きたいと考える方もいるでしょう。しかし、バイク業界で働くにはただ「バイクが好き」という気持ちをもっているだけでは不十分。業界への理解や、一歩踏み込んだ問題意識、バイクに直接関係することに留まらない多種多様な知識・経験が必要です。そこで今回は、バイク業界への就職を成功させるポイントについて解説します。
Naps-ONマガジン | 914 view
事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

自動車の横を走行中に、「もしかしてこっちが見えていないのかな?」とドキッとした経験は、ライダーならほとんどの方があるのではないでしょうか。教習所で習った通り、自動車を運転していると、視界にまったく入らない「死角」が生まれます。ライダーが自動車の死角を走行していると、最悪の場合、事故に巻き込まれてしまうことも。今回は死角となりやすい位置と、死角に入るのを避ける方法をご紹介します。
Naps-ONマガジン | 899 view
【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

ベテランライダーの所作から、バイク乗りの極意を学ぼうとしている初心者の皆さん!ほかのライダーのクセを見つけては「シブい!」と感銘を受けている方もいるのではないでしょうか?しかし、バイクを走らせるうえで必要のない挙動をルーティンにしているベテランライダーもちらほら。実はエンジンを止める前の「空ぶかし」も “無駄ルーティン”のひとつなんです!
Naps-ONマガジン | 3,829 view
目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

長い時間運転をしていると、目の渇きや疲れのせいで危険を見落としやすくなりますよね。目が疲れていなくても、トンネルに入った瞬間や出た直後は周囲の明るさが急に変わることで前方を走る車が見えなくなってしまうことも。運転時に起こりがちな目の錯覚を知り、危険を早めに察知しましょう!
Naps-ONマガジン | 659 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Naps-ONマガジン Naps-ONマガジン