2016年8月11日 更新

3月20日(日)ツインリンクもてぎロードレース第1戦参戦記

109 view
筑波戦の余韻が残る中、中一週間でもてぎの開幕戦がはじまります。

S__149274626.jpg

決勝日の早朝に行われたフリープラクティスでは二人とも好調をキープし、好タイムをマークします。
特にCBRカップに参戦する智博は、昨年怜が出したタイムを上回る自己ベストを記録し、本戦にかける意気込みが伝わってまいります。

まずは怜の出場するJP250クラスの予選。
低中速コーナーが続く筑波サーキットとは違い、このツインリンクもてぎは直線が長いので、マシンのポテンシャルが重要になります。

1.jpg

photo by Gally728

4.jpg
photo by dam_no_hito

3.jpg
photo by Gally728
2.jpg
photo by Gally728

筑波で有利とされていたCBR250R改300は、ここツインリンクもてぎではやはり不利なようで、圧倒的にYZF-R25にアドバンテージがあります。

中でもN-PLAN中釜氏によるECUのセットアップがピタリと決まった怜のR25は、トップスピード、立ち上がり加速ともに他車を圧倒し、好タイムをマーク。

クレバーな走りで予選2位を獲得。



そして智博の出場するCBR250Rドリームカップ エキスパートクラスの予選。

1.jpg
photo by dam_no_hito

今回の予選ではポジション取りが上手くいき、自己ベストをクリアするタイムをマーク。

10.jpg
photo by dam_no_hito

4.jpg
photo by Gally728

1.jpg
photo by Gally728

一発の速さをアピールし、予選4番手を獲得。


そして午後の決勝。

まずはJP250クラスから。

S__149381126.jpg

11972.jpg

スタートはドンピシャで決まり、ホールショットを奪います。

11.jpg
photo by dam_no_hito

しかし後続車に先頭を奪われ、2位での走行が続きます。
レースはトップグループ5台を先頭に、熱いバトルが繰り広げられます。


コーナーごとにポジションを入れ替える、まさにデスマッチ!
その中でクレバーな走りで2位をキープ。

2.jpg
photo by Gally728


そして最終コーナーの90°コーナーで怜が仕掛けます。
得意のレイトブレーキングでインを刺し、トップに上がりますが、スピードを殺しきれずクロスラインで2位にポジションダウン。
そしてビクトリーコーナーを抜けてゴール。

4.jpg
photo by Gally728

2位表彰台獲得です。

9.jpg
photo by dam_no_hito

3.jpg
photo by Gally728

8.jpg
photo by dam_no_hito

6.jpg
photo by Gally728

5.jpg
photo by Gally728

1位のライダーとのタイム差はわずか0.1秒…

2戦連続表彰台獲得は非常に喜ばしいですが、こうなると欲が出ますね。
早く表彰台の真ん中に立つ怜が見たい!




そして智博の出場するCBR250Rドリームカップ エキスパートクラスの決勝です。

S__149430280.jpg

スタートはまずまずでしたが、トップの3台が圧倒的なスピードで逃げていき、かなりの差をつけられてしまいました。

2.jpg
photo by Gally728
3.jpg
photo by Gally728


その後も追い上げをみせますが、前走者を抜くことは叶わず6位でフィニッシュ。

前走するライダーを抜きあぐねているうちにトップグループに離されるというまずい展開でした。


それではライダー二人のレースレポートをお届けします。

JP250クラス 予選2位 決勝2位
豊島怜
もてぎも開幕しました!
前日練習で初めてR25でもてぎ走行だったので、
その1日でどれだけセットを詰められるかが勝負でした。
1日でセットを詰められるか不安でしたが、基本的なセッティングはできました

レース当日、春らしい気温になりました。
朝のFPではマシンの最終調整。なんと2番手タイムをマークすることができました。
予選に希望が見えてきました。

予選は、今まで経験した中でもかなり難しい予選となりました。
位置取りするのに何周もかかり、ラスト1周でタイムアタックをし、予選は2番手通過でした。
うまくいったと思います。

決勝はホールショット!
その後はずーと2番手を走行。

1.jpg
photo by Gally728

ラストの90°コーナーで勝負に出たのですが、クロスラインで逆転され2位でチェッカー。
思ってもいない結果だったので、とても満足しています。

勝負で勝つ為に、もっと腕を磨いてこれからのレースを臨みたいと思います。
家族、チームスタッフ、スポンサーの皆様、写真を撮ってくださった皆様、お手伝いに来てくださった皆様、今回もありがとうございました。

お疲れ様でした

怜は非常に危なげがないですね。
2戦連続で表彰台を確保し、早くも激戦区JP250クラスの表彰台常連となってきました。



CBR250Rドリームカップ エキスパートクラス
予選4位 決勝6位
豊島智博

筑波のレースの翌週で練習があまりできなくレースウィークを迎えました。
レース前の最後の練習日と卒業式の日がかぶってしまい最後の走行の20分だけしか走れませんでした。

レース当日
CBR Dream Cupの予選は遅い方で路面温度もあがりとても良いコンディションの中走ることができました。

2.jpg
photo by Gally728
3.jpg
photo by Gally728

他のライダーのスリップを使い自己ベストを更新し予選結果は4位でした。

11927.jpg

S__149430275.jpg

レース
スタートをして1コーナーの進入の順位はグリッドと変わらず4位で1コーナーを進入しました。

前3台のペースは速く1週目が終わった時には前3台は抜け出してしまい、セカンドグループでのバトルになりました。
最低でもこのグループのトップでゴールをしようと思いました。しかし、なかなか勝負に出られませんでした。

1.jpg
photo by dam_no_hito

最終ラップに入りどうにか前に出ようとしましたが結局前に出られずにゴール。
筑波のレースの時と同じように前に仕掛けられずにゴールという悔しい結果となってしまいました。

自分のダメだったところを見直し、次の茂木のレースでは良い結果を残せるように頑張りますので、応援よろしくお願いします。
応援に来てくださった皆様、サポートしてくださった皆様、スポンサー様、家族の皆様本当にありがとうございました。


智博は練習走行や予選ではいいタイムを出しましたが、決勝では頭を抑えられて実力を発揮できないという展開が続いております。
勝負強さを身につければ、集団から抜け出せるはずです。
次回のレースに期待しましょう。

次戦は4月9日(土)に筑波サーキットで開催されるJP250クラス全日本併催レースに参戦します。(豊島怜のみ参戦)
皆様の応援をお待ちしております。


テクニカルスポンサー
ダンロップモーターサイクル様(タイヤ)
グリップ商事様(タイヤ)
72Jam(ジャムテックジャパン)様(外装・ヘルメットペイント)
ワコーケミカル様(油脂類)
EKチェーン様(ドライブチェーン)
XAM JAPAN様(スプロケット)
カラーズインターナショナル様(ステップキット)
Projectμ様(ブレーキパッド JP250で使用)
ZCOOブレーキパッド(ブレーキパッド CBRカップで使用)
J-TRIP様(レーシングスタンド)
NTR-TNK様(タイヤウォーマー)
MECHANIX WEAR(整備用手袋)
クラフトアルマジロ様(マフラー)
SHOEIヘルメット様
デグナー様(レザースーツ)
FIVE GROVES(ライディンググローブ)
FORMA PERFORMANCE BOOTS(レーシングブーツ)
ACF様(車両メンテナンス他)
N-PLAN様(車輌コーディネート・ライディングアドバイザー)
802SPEED様(怜・智博パーソナルスポンサー)
インテリアトシマ様(怜・智博パーソナルスポンサー)
Mr.itwoo(ヘルメット・レザースーツ・車両外装デザイン)
Mr.Yo_Hirasawa(イラスト作成)

Special thanks photo by
Gally728
dam_no_hito


3.jpg
photo by dam_no_hito
レース後にはもてぎのロードレースアカデミーでお世話になった坂田和人選手からのアドバイスを。
ずいぶんと長い時間話し込んでいました。

2.jpg
photo by dam_no_hito

6.jpg
photo by dam_no_hito

7.jpg
1 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

コンチネンタル製 「ContiRoadAttack 3 CR」がナップス横浜店に入荷しました!

コンチネンタル製 「ContiRoadAttack 3 CR」がナップス横浜店に入荷しました!

Z1000Rなどの旧車でサーキット走行などを楽しまれている方に朗報です! ドイツが誇る老舗タイヤメーカー「コンチネンタル」の新作タイヤ 「ContiRoadAttack 3 CR」がナップス横浜店に入荷しました! このタイヤは数少ない18インチのハイグリップラジアルタイヤで、筑波サーキットで開催される、「テイスト・オブ・ツクバ」のモンスタークラスと呼ばれる、Z1000Rなどのカスタムされた旧車が走るレギュレーションクラスで2018年においても過半数の選手が装着。 優勝した車両にも装着されていた「ContiRoadAttack 2CR」の後継モデルとなるタイヤになります!
横浜店 | 483 view
フロンブレーキの利きがワンテンポ遅い?『パッド』『ディスク』

フロンブレーキの利きがワンテンポ遅い?『パッド』『ディスク』

雨の日、バイクを乗っているととフロンブレーキの利きがワンテンポ遅い感じがしたりしてませんか? もしかすると・・・・
練馬店 | 2,480 view
人体に無害ってワケでも・・

人体に無害ってワケでも・・

皆様はサーキットやジムカーナ、ワインディング走行時にバイクを「振り回す」時の車体のガタって気になりませんか? ワタクシは適当な性格ではありますが、ハンドルに伝わるちょっとした振動や、ひざを押し付ける時のタンクのガタは非常に気になります。一度気になってしまうとダメな性質で、タイムも伸びないし楽しく走れない・・つまりテンションダダ下がりですよ ! そんなワケで、ガタ対策を兼ねて経年劣化で錆が出てしまったタンクのマウントボルトを一新してみました !
横浜店 | 565 view
鈴鹿8耐DVD入荷してます!!!

鈴鹿8耐DVD入荷してます!!!

7月30日に開催された鈴鹿8時間耐久ロードレースが早くもDVDで発売!!! 今大会は1978年に第1回目が開催されてから40回目を迎え、 MotoGPライダーのジャック・ミラーの参戦や世界耐久ロードレース選手権の最終戦、 海外での生中継など高い注目を集めた大会となりその記念すべき大会でヤマハファクトリーが 初となる3連覇を達成、通算7回目の優勝を飾る結果となっております。 鈴鹿8耐は現地観戦でも中継観戦でもチーム参戦でも通常のスプリントレースはまた違った感動と興奮があります。 その感動と興奮が詰まったDVDを入荷しましたので気になる方は2FDVDコーナーに足をお運びください。
埼玉店 | 36 view
鈴鹿8時間耐久の歴史 今年40回目を迎える記念レース。過去のレースを振り返る

鈴鹿8時間耐久の歴史 今年40回目を迎える記念レース。過去のレースを振り返る

今年で40回目の節目を迎える鈴鹿8時間耐久ロードレース(通称:8耐)。名前の通り、8時間もの長い間を走り続ける非常に過酷なレースです。1978年から始まり、最初は大規模な物ではなかったものの、歴史を積み重ねるごとに次第に各国のトップライダーが参加をするようになりました。現在では、FIM世界耐久選手権の1つに名を連ねています。アクシデントが多く、予想を裏切る番狂わせが起こることも魅力の1つ。そんな鈴鹿8耐の、過去のレースを振り返ってみましょう。
Naps-ONマガジン | 179 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ナップス ナップス