2018年7月11日 更新

【バイクヒストリア】航空機用エンジンメーカーから始まった「BMW」

ドイツの有名バイクメーカーであるBMW。正式には「Bayerishe Motoren Werke(バイエルン・エンジン工業)」という名であるこのメーカーは、ライダーであれば誰もが知っていることでしょう。今回のバイクヒストリアでは、そんなBMWの持つ長い歴史に迫っていきます。

535 view

航空機作りから始まったバイクメーカー

 (12386)

現在ではバイクや自動車のメーカーとして世界中から愛されているBMWですが、元々は「バイエルン航空機製造株式会社(BFW)」という社名でした。そう、当初はバイク・自動車ではなく、航空機を作るメーカーだったのです。

ちなみに、現在でも使用されているBMWの青と白のエンブレムは、元が航空機メーカーだったことから大空で回転するプロペラを意味していると思われがち。しかし、実際にはBMWが本社を置く、バイエルン州の州旗がモチーフとなっているようです。

BMWが本格的にバイク生産を開始したのは、1923年。いまだに名声の衰えないエンジニア、マックス・フリッツを中心に開発された「R32」が初めてのオリジナルモデルでした。R32が販売されるとその革新的なエンジン性能などから、BMWの評判は瞬く間に広がっていくことになります。

バイクメーカーとして成長を遂げるも戦争により……

 (12389)

「R32」の成功で勢いづいたBMWは、その後も次々に新モデルを生産。当時ヨーロッパで行われていたモーターレースでも、違いを生み出していきます。1929年には、高名なレーサー、エルンスト・ヘンネと共に、当時の最高速度であった時速216kmを記録。世界を大きく驚かせました。

しかし、こうしたBMWの成長は、ある出来事をきっかけに急速に陰りを見せるようになります。それが第2次世界大戦です。高い性能を誇っていたBMWはナチスドイツからの評価も高く、多くのモデルが軍で使用されることに。しかし、結果的にこうした実績はドイツ敗戦後、致命的なダメージを負う原因となってしまいました。

軍需産業として連合国側から厳しい視線を向けられたBMWは、戦後工場解体や技術持ち出しなどといった処分を受け、企業存続の危機に陥ることになります。

戦後に復活を遂げたBMW

 (12392)

第2次世界大戦後、ドイツは東西で分裂。BMWもまた、東ドイツにあった工場がEMWと名を改めるなど、社内で分裂を起こしてしまいます。また、連合国側からの生産規制により、バイクの生産は禁じられていました。

こうした厳しい状況の中、BMWは自転車や農機具を開発し国民に貢献。根強い人気を獲得していくことになります。徐々に規制が解かれ、バイクの生産が許可されるようになると、戦前に生産していた短期筒モデル「R23」を改良した「R24」を販売。再びバイクメーカーとしての道を歩み始めました。

1951年には新世代モデルとなる「R51/3」「R67」を発表。すべてにおいて当時としては最新の技術が搭載されているこのモデルの発表は、戦争からのBMW復活を意味していました。

危機を何度も乗り越えてきたBMW

BMWはその後も経営危機に陥り、バイク部門からの撤退が検討された時期もありました。しかしその度に危機を乗り越え、新たなモデルを生産し現在にまで至っています。これからも、BMWは新たなモデルを生み出し続けてくれることでしょう。
11 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

バイクが活躍する映画は数多く存在しますが、その中でも外せないのが1963年にアメリカで公開された不朽の名作『大脱走』でしょう。バイク好きなら知っている方も多いであろうこの映画の魅力について、詳しくご紹介していきます。
知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

バイク好きが高じて、「バイクに囲まれて仕事をしたい」「バイクに関する知識を活かしたい」といった思いを抱き、バイク業界で働きたいと考える方もいるでしょう。しかし、バイク業界で働くにはただ「バイクが好き」という気持ちをもっているだけでは不十分。業界への理解や、一歩踏み込んだ問題意識、バイクに直接関係することに留まらない多種多様な知識・経験が必要です。そこで今回は、バイク業界への就職を成功させるポイントについて解説します。
事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

自動車の横を走行中に、「もしかしてこっちが見えていないのかな?」とドキッとした経験は、ライダーならほとんどの方があるのではないでしょうか。教習所で習った通り、自動車を運転していると、視界にまったく入らない「死角」が生まれます。ライダーが自動車の死角を走行していると、最悪の場合、事故に巻き込まれてしまうことも。今回は死角となりやすい位置と、死角に入るのを避ける方法をご紹介します。
【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

ベテランライダーの所作から、バイク乗りの極意を学ぼうとしている初心者の皆さん!ほかのライダーのクセを見つけては「シブい!」と感銘を受けている方もいるのではないでしょうか?しかし、バイクを走らせるうえで必要のない挙動をルーティンにしているベテランライダーもちらほら。実はエンジンを止める前の「空ぶかし」も “無駄ルーティン”のひとつなんです!
Nap's-ONマガジン | 3,122 view
目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

長い時間運転をしていると、目の渇きや疲れのせいで危険を見落としやすくなりますよね。目が疲れていなくても、トンネルに入った瞬間や出た直後は周囲の明るさが急に変わることで前方を走る車が見えなくなってしまうことも。運転時に起こりがちな目の錯覚を知り、危険を早めに察知しましょう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Nap's-ONマガジン Nap's-ONマガジン