2018年5月7日 更新

バイク塗装で失敗しないためには……

どんなにきれいなバイクでも、長い時間使っていればカウルに傷がついたり色あせてしまったりするもの。愛車をいつまでもきれいな状態にしておくためには、塗装が必須です。ただ、業者に塗装をお願いすると高い費用がかかってしまうため、できることなら自分で塗装しておきたいところ。そこで、今回は自分で塗装を行う際のポイントについてご紹介します。

427 view

塗料を選ぶときの注意点

 (11836)

バイクの塗装をする際は、まず塗料選びをしっかり行う必要があります。塗料にはアクリルシリコンやアクリルラッカーなどさまざまなものがありますが、おすすめはウレタン塗料です。ウレタン塗料は塗料の中でも硬度が高く、耐ガソリン性、耐光性にも非常に優れています。カラーバリエーションが少ないなどの難点もありますが、塗料に悩んだ際はウレタン塗料を選んでおけば間違いはないでしょう。

塗料を選ぶ際は、「プラサフ(プライマー・サフェーサー)」「カラー」「コーティング(カラー)」の3種類があるのだと理解しておく必要があります。三つはそれぞれ役割が異なっており、下地に使用するのがプラサフ、その上に使用するのがカラー、最後の仕上げに使用するのがコーティングです。バイクの塗料を選ぶ際は、これら3種類をすべてそろえておく必要があります。

塗装で重要な「下地作り」

 (11839)

塗装をするうえで非常に重要となるのが「下地作り」です。たとえ完璧な塗料の塗り方ができたとしても、下地がうまくできていなければ塗装失敗となってしまう可能性があります。しっかりとした下地を作るために、以下の手順に沿っていきましょう。

・現在の塗装をしっかり落とす 
古い塗装をしっかり落とすことが、きれいな塗装への一歩です。ただ、塗装を剝がすために薬剤を使用するとカウルが溶ける可能性があるため、使用はしないようにしましょう。

・ポリパテを使用し傷を修復
カウルに傷がある場合は、パテを使って埋めていきます。まずは修復部分の油分をシリコンオフなどで取り除いてからパテを使用しましょう。パテを使うときは水研ぎではなく空研ぎにするのがポイントです。

・脱脂
カウル全体についている油分をシリコンオフなどで除きます。

・下塗り
上記で紹介したプラサフを塗っていきます。何回かに分けてスプレーを吹き付け、油分ではじかれている部分がないか確認しましょう。また、傷やデコボコがないかをしっかり確認し、あればパテを塗ったあとで再度プラサフを吹き付けていきます。

・足付け
耐水ペーパーで水研ぎをします。このとき使用する耐水ペーパーは800番がおすすめです。

・脱脂
最初の脱脂同様、カウル全体についている油分をシリコンオフなどで除きます。

以上の手順をしっかりこなすことで、下地作りは完成です。

本塗りのコツとは?

 (11842)

下地作りを終えたら、いよいよ本塗りです。本塗りの際は、いっぺんにすべて塗ってしまおうとするのではなく、複数回に分けて塗料を吹き付けいくのがポイント。ムラなく均一に吹き付けていくことを心がけてください。

満足のいく塗装ができたら耐水ペーパー(1000番)で水研ぎをしたあと、脱脂します。脱脂を終えたら、最後はコーティングです。コーティングスプレーを吹き付ける際も、複数回に分け、均一になるようにしていきましょう

完璧な塗装をして、いつまでも愛車をピカピカに!

しっかりとした塗装を行えば、愛車は新品のときのような見た目を取り戻すはず。いつまでもピカピカな愛車を走らせていくため、今回ご紹介した塗装方法をぜひ参考にしていってください!
11 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

バイクが活躍する映画は数多く存在しますが、その中でも外せないのが1963年にアメリカで公開された不朽の名作『大脱走』でしょう。バイク好きなら知っている方も多いであろうこの映画の魅力について、詳しくご紹介していきます。
Naps-ONマガジン | 809 view
知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

バイク好きが高じて、「バイクに囲まれて仕事をしたい」「バイクに関する知識を活かしたい」といった思いを抱き、バイク業界で働きたいと考える方もいるでしょう。しかし、バイク業界で働くにはただ「バイクが好き」という気持ちをもっているだけでは不十分。業界への理解や、一歩踏み込んだ問題意識、バイクに直接関係することに留まらない多種多様な知識・経験が必要です。そこで今回は、バイク業界への就職を成功させるポイントについて解説します。
Naps-ONマガジン | 905 view
事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

自動車の横を走行中に、「もしかしてこっちが見えていないのかな?」とドキッとした経験は、ライダーならほとんどの方があるのではないでしょうか。教習所で習った通り、自動車を運転していると、視界にまったく入らない「死角」が生まれます。ライダーが自動車の死角を走行していると、最悪の場合、事故に巻き込まれてしまうことも。今回は死角となりやすい位置と、死角に入るのを避ける方法をご紹介します。
Naps-ONマガジン | 895 view
【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

ベテランライダーの所作から、バイク乗りの極意を学ぼうとしている初心者の皆さん!ほかのライダーのクセを見つけては「シブい!」と感銘を受けている方もいるのではないでしょうか?しかし、バイクを走らせるうえで必要のない挙動をルーティンにしているベテランライダーもちらほら。実はエンジンを止める前の「空ぶかし」も “無駄ルーティン”のひとつなんです!
Naps-ONマガジン | 3,805 view
目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

長い時間運転をしていると、目の渇きや疲れのせいで危険を見落としやすくなりますよね。目が疲れていなくても、トンネルに入った瞬間や出た直後は周囲の明るさが急に変わることで前方を走る車が見えなくなってしまうことも。運転時に起こりがちな目の錯覚を知り、危険を早めに察知しましょう!
Naps-ONマガジン | 656 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Naps-ONマガジン Naps-ONマガジン