2017年2月15日 更新

バイクの二人乗りデビューで注意すべきポイント

バイクの運転になれてきたら、一度はやってみたくなることの1つがタンデム。いわゆるバイクの二人乗りのことです。バイクに乗り慣れている感じがしてかっこいいですよね。しかしバイクに乗りなれてない人が、突然二人乗りをすると思わぬ事故にあうリスクが高くなります。 そこで、初めて二人乗りをするときに注意しなくてはいけない点やコツをご紹介。実は、運転者だけじゃなく、同乗者も注意しなくてはいけないことがあるんです。

767 view

運転者側が注意すべきポイント

Instagram (7137)

タンデムで運転者が注意すべきポイントをご説明します。
同乗者分の体重が増えるため、その分発進時に大きなパワーが必要になります。
例えば、重量が増えたことで発進時にエンストが起こりやすくなるので、素早いクラッチ操作を行い、アクセルを多めに回す必要があります。
また、ブレーキを踏んでから停車するまでの距離が長くなります。そのため、1人乗りの時よりもブレーキのタイミングを早めることが大切です。しかし、急ブレーキを掛けると、同乗者は不安を感じてしまいます。エンジンブレーキを有効活用して、ゆっくりとブレーキを踏んで停車させましょう。
その他に、走行中は車体のバランスが不安定になることがあります。そんな時はバランスを安定させるために、タンクを膝でしっかりと挟み込みましょう。車体のバランスが安定すると、同乗者も安心して乗ることができます。
初めての二人乗りで意外とやりがちなのが、走行中に上半身を動かしすぎることです。特に、女性を後ろに乗せた男性のライダーに多く見られます。カッコよく見せたいという気持ちでやっているのかも知れませんが、同乗者からすればただ恐いだけです。
また、当たり前と思うかも知れませんが、休憩をこまめに取ることも大切です。ゆっくり長時間走行していると、同乗者は眠くなってきます。この状態だと、落下するリスクがあるので大変危険です。そのため、長距離を走行するときはこまめに休憩を取りましょう。

実は、同乗者も注意しなければいけません!

Instagram (7136)

タンデムでは、同乗者も注意しなくてはいけません。というのも事故にあった時は、後ろに乗っている人の方が事故のリスクが高いからです。
最初に服装の注意点を説明します。当たり前ですが、ヘルメットは必ず着用しましょう。半帽タイプのヘルメットではなくフルフェイスタイプのヘルメットがオススメです。
その他に、長袖・ズボン・グローブ・マフラーも着用しましょう。走行中の寒さを防ぐだけでなく、転倒した際のリスクを軽減できます。また、髪が長い場合は、必ず服の中に入れるか、ヘルメットに収めましょう。
次は、乗り方について説明します。走行中は、運転者と同じような動きを心がけましょう。例えば、左に曲がるときに運転者は左に体を倒すので、同じように倒れてあげるとバイクのバランスを保ちやすいです。同じ動きが難しい場合は、運転者に体をしっかりと密着させましょう。
体を密着させる際に運転者を膝で挟み込むようにすると、体のバランスが安定します。体のバランスが安定すれば、走行中の怖さが軽減されます。
最後に、運転者と同乗者の意思疎通も大切なので、バイクの乗り降りは運転者に確認してからにしましょう。

免許取得しても、すぐにタンデムはできない!?

ダウンロード完了|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (7138)

免許を取ったらすぐにでも、タンデムしたいと思う人もいると思います。しかし、法律上は免許取得後1年以上経たないと、二人乗りはできません。高速道路であれば、20歳以上で、免許取得後3年以上経過している必要があります。
たまに「バイクに乗り慣れたからもう大丈夫」と勝手な判断で、タンデムをする人がいますが、白バイ警官にはすぐにバレます。
タンデムがしたくてバイクの免許を取得する人も少なくないと思うので、逸る気持ちを抑えられないというのはわかります。しかし、免許取得後1年未満は未熟なことが多く、判断力や他の車両への配慮に欠けていたりするものです。運悪く事故を起こして、取り返しが付かない事態を避けるためにも、法律を遵守して一般道なら1年以上、高速道路なら3年以上の経験を積んでからタンデムデビューを飾りましょう。

まとめ

タンデム走行をする際の注意点を、運転者側と同乗者側に分けてご説明いたしました。走行中は相手や周囲に対する気遣いがとても大切です。運転者が思ってる以上に同乗者は不安を感じているのです。事故を起こさないためにも、丁寧で安全な運転を心がけてください。また、免許取得後も、法律で決められた期間中はタンデム走行は避けましょう。
11 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

【バイク好き必見映画】マックイーンの走りに注目!『大脱走』の魅力をご紹介

バイクが活躍する映画は数多く存在しますが、その中でも外せないのが1963年にアメリカで公開された不朽の名作『大脱走』でしょう。バイク好きなら知っている方も多いであろうこの映画の魅力について、詳しくご紹介していきます。
Naps-ONマガジン | 817 view
知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

知っておくと便利!バイク業界への就職を成功させるポイント

バイク好きが高じて、「バイクに囲まれて仕事をしたい」「バイクに関する知識を活かしたい」といった思いを抱き、バイク業界で働きたいと考える方もいるでしょう。しかし、バイク業界で働くにはただ「バイクが好き」という気持ちをもっているだけでは不十分。業界への理解や、一歩踏み込んだ問題意識、バイクに直接関係することに留まらない多種多様な知識・経験が必要です。そこで今回は、バイク業界への就職を成功させるポイントについて解説します。
Naps-ONマガジン | 920 view
事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

自動車の横を走行中に、「もしかしてこっちが見えていないのかな?」とドキッとした経験は、ライダーならほとんどの方があるのではないでしょうか。教習所で習った通り、自動車を運転していると、視界にまったく入らない「死角」が生まれます。ライダーが自動車の死角を走行していると、最悪の場合、事故に巻き込まれてしまうことも。今回は死角となりやすい位置と、死角に入るのを避ける方法をご紹介します。
Naps-ONマガジン | 901 view
【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

【初心者必見】エンジンを止める前の「空ぶかし」って必要?

ベテランライダーの所作から、バイク乗りの極意を学ぼうとしている初心者の皆さん!ほかのライダーのクセを見つけては「シブい!」と感銘を受けている方もいるのではないでしょうか?しかし、バイクを走らせるうえで必要のない挙動をルーティンにしているベテランライダーもちらほら。実はエンジンを止める前の「空ぶかし」も “無駄ルーティン”のひとつなんです!
Naps-ONマガジン | 3,855 view
目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

目が原因で起こる現象を把握し、事故を未然に防ごう!

長い時間運転をしていると、目の渇きや疲れのせいで危険を見落としやすくなりますよね。目が疲れていなくても、トンネルに入った瞬間や出た直後は周囲の明るさが急に変わることで前方を走る車が見えなくなってしまうことも。運転時に起こりがちな目の錯覚を知り、危険を早めに察知しましょう!
Naps-ONマガジン | 660 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Naps-ONマガジン Naps-ONマガジン