2019年7月4日 更新

Kawasaki H2 カスタムレポート

今回オーダーいただいたのは、「スクリーン交換」「フェンダーレスキット」「マフラー交換」です。

905 view
ナップス千葉北インター店カスタム担当の伊藤です。
本日は先日のブログに載せた写真に、チラッと写っていたカワサキH2のカスタムレポートになります。

bIMG_2705.jpg
今回オーダーいただいたのは、「スクリーン交換」「フェンダーレスキット」「マフラー交換」です。

bIMG_2698.jpg
スクリーンはノジマエンジニアリング製で純正よりも約40mm高く設定されているので、高速走行中に胸元へ当たる風が軽減されます。
ノーマルから大きくイメージが変わらないところが良いですね。

bIMG_2706.jpg
H2用マフラーは各社から出ていますが、トリックスターのマフラーはカチアゲ具合が良いですね。
音量も見た目からは想像できないくらいジェントルなサウンドなのでオススメです。

bIMG_2699.jpg
フェンダーレスは表面のブラックメッキ仕上げが美しいトリックスター製フェンダーレスキットです。
bIMG_2700.jpg
取り付け後、覗き込むとベースカラーとフェンダーレスキットの合わせ技で、トリックスターのロゴになる粋なデザインです。

それにしても存在感が半端ないバイクですね。
立ち姿が美しすぎます。
2 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

カスタムの定番アイテムと言えば?

カスタムの定番アイテムと言えば?

バイクを買って「さぁカスタムするぞぉ!」と思ったとき、真っ先に思い浮かぶのは何でしょう? 多くの方がマフラーと答えるんじゃないかと思います。現行モデルは排ガス・音量規制で縛りが多く、カスタムマフラーメーカーも苦労して開発しています。
アクラポヴィッチ CB1000R用スリップオンマフラー入荷

アクラポヴィッチ CB1000R用スリップオンマフラー入荷

2018年モデルのHONDA CB1000Rってご存知ですか? 個人的にストライクなバイクで、久しぶりに大型二輪で乗りたいと思ったモデル。 今回アクラポヴィッチからJMCA対応マフラーがリリースされたので・・・ 仕入れました!
Z900RS用 SP忠男パワーBOX FULL 耐熱ブラック入荷しています。

Z900RS用 SP忠男パワーBOX FULL 耐熱ブラック入荷しています。

先日のSP忠男さんのイベントも大盛況でした。 その中でも注目を浴びていたのはやはり、Kawasaki Z900RSに装着された「SP忠男 パワーBOX FULL 耐熱ブラック」。 「目指したものは最も高性能な4in1のショート管」と謳われたこのマフラー。 イベント当日に実際に試乗した方はわかると思いますが、純正マフラー特有の「2000回転付近の谷」が消え、スムースな吹け上がりを実現しています。 そして目立たない位置にチャンバー室を設け、トルクもモリモリです。
アクティブ STFレバー

アクティブ STFレバー

アクティブより発売されましたSTFレバーの紹介をしたいと思います。 ゲイルスピードのマスターシリンダーをリリースしているだけあって切削精度は今まで見た中でも最高レベルの仕上がりではないでしょうか。 素材もレバーとブレーキホルダーにA6061材、酷使されるクラッチホルダーには超々ジュラルミンのA7071材が使用されています。
ナンバー周りをドレスアップしませんか?

ナンバー周りをドレスアップしませんか?

経験した方ならわかると思いますが、ナンバープレート+リフレクター+ナンバー灯を重ねて持ちながらボルト穴を合わせつつ車体に取り付けようとするとステーのどれかがズレたりとイライラするんですよね(笑) このPOSHのステーならそのイライラから解消されるのでオススメですよ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千葉北インター店 千葉北インター店