2019年2月14日 更新

カスタムの定番アイテムと言えば?

バイクを買って「さぁカスタムするぞぉ!」と思ったとき、真っ先に思い浮かぶのは何でしょう? 多くの方がマフラーと答えるんじゃないかと思います。現行モデルは排ガス・音量規制で縛りが多く、カスタムマフラーメーカーも苦労して開発しています。

399 view
ナップス千葉北インター店カスタム担当の伊藤です。
バイクを買って「さぁカスタムするぞぉ!」と思ったとき、真っ先に思い浮かぶのは何でしょう?
多くの方がマフラーと答えるんじゃないかと思います。現行モデルは排ガス・音量規制で縛りが多く、カスタムマフラーメーカーも苦労して開発しています。当店で在庫してあるマフラーはオーナーが安心して装着できるものばかりです(プラス伊藤の好みがだいぶ反映されていますw)


IMG_7278.jpg
BEET NASSERT Evolution Type II T2
Kawasaki Ninja1000【2014年~】※ABSも可 ※パニアケース不可
定価270,000円がナップス販売価格261,900円



IMG_7279.jpg
ストライカー ストリートコンセプト
Kawasaki Z900RS
定価198,000円がナップス販売価格194,040円



IMG_7280.jpg
SP忠男 POWER-BOX フルメガホン
YAMAHA MT-07
定価138,000円がナップス販売価格131,100円



IMG_7281.jpg
SP忠男 POWER-BOX フルSS
YAMAHA MT-09ABS【2017年~】
定価152,000円がナップス販売価格144,400円



IMG_7282.jpg
アールズギア ワイバン シングル
HONDA CB1300SF【2008~2013年】
定価217,000円が在庫処分特価151,900円!!



IMG_7283.jpg
BEET NASSERT 3D UP
Kawasaki Z900RS
定価258,000円がナップス販売価格250,260円



IMG_7284.jpg
BEET NASSERT Evolution TypeⅡ
HONDA CBR250RR【2017年~】
定価140,000円がナップス販売価格135,800円



IMG_7285.jpg
ストライカー ストリートコンセプト
Kawasaki ZRX1200DAEG
定価195,000円がナップス販売価格191,100円

その他にもスリップオンマフラーなどたくさんのマフラーをご用意しています。
お見積りも気軽にお申し付けください。
1 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アクラポヴィッチ CB1000R用スリップオンマフラー入荷

アクラポヴィッチ CB1000R用スリップオンマフラー入荷

2018年モデルのHONDA CB1000Rってご存知ですか? 個人的にストライクなバイクで、久しぶりに大型二輪で乗りたいと思ったモデル。 今回アクラポヴィッチからJMCA対応マフラーがリリースされたので・・・ 仕入れました!
Z900RS用 SP忠男パワーBOX FULL 耐熱ブラック入荷しています。

Z900RS用 SP忠男パワーBOX FULL 耐熱ブラック入荷しています。

先日のSP忠男さんのイベントも大盛況でした。 その中でも注目を浴びていたのはやはり、Kawasaki Z900RSに装着された「SP忠男 パワーBOX FULL 耐熱ブラック」。 「目指したものは最も高性能な4in1のショート管」と謳われたこのマフラー。 イベント当日に実際に試乗した方はわかると思いますが、純正マフラー特有の「2000回転付近の谷」が消え、スムースな吹け上がりを実現しています。 そして目立たない位置にチャンバー室を設け、トルクもモリモリです。
Kawasaki H2 カスタムレポート

Kawasaki H2 カスタムレポート

今回オーダーいただいたのは、「スクリーン交換」「フェンダーレスキット」「マフラー交換」です。
NINNJA250/400'18~ユーザー必見!! トリックスター製品入荷しました!

NINNJA250/400'18~ユーザー必見!! トリックスター製品入荷しました!

NINJAユーザーの方はもちろん違うバイクにお乗りのお客様もトリックスター製品を参考にご覧いただく為にも一度当店まで遊びに来てください!
伊勢原店 | 26 view
ブレーキディスクローターも消耗品!

ブレーキディスクローターも消耗品!

当店でも車種問わずブレーキパッド交換作業を承っていますが、まれにローターが使い込まれ使用限度を超えていつ割れてもおかしくない状態で走られている車両があります。 使用限度を超えると強度も落ちますし、薄くなることで制動時に発生する熱を上手く排熱出来ず、高性能なパッドを使っていても本来の性能が発揮できません。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千葉北インター店 千葉北インター店