2016年10月19日 更新

エンジンを確実に衝撃から守る次世代エンジンカバー

GBRacingのエンジンカバーのご紹介

289 view
ナップス岡山店 motoGPなどレースが好きなハードパーツ担当の古屋です。

今回は、エンジンを確実に衝撃から守る次世代エンジンカバー!! GBRacingのエンジンカバーのご紹介です。
GBR1.jpg


GBRacingは、2輪の最高峰MotoGP、そしてSBKで有力チームにパーツを供給し、実際のレースでのクラッシュデータを元に、エンジンを衝撃から保護するマテリアルを開発し続けている実践主義のエンジンカバーメーカーです。
1ポイントが勝敗を分ける過酷なレースを実験の場として生み出された同社製品はFIMが定めた厳しい条件とテストをクリア。
圧倒的な性能により、多くのトップチームから支持されています。

GBR4.jpg

GBRacingのエンジンカバーは耐衝撃性に優れたガラス繊維配合率60%のエンジニアプラスチック(PA6)を原料とし、強度は一般的なABS樹脂の10倍の強度を誇ります。
エンジンカバーは射出成型によって生産されており、転倒時に衝撃が多い部分には厚みを保持。
また、負担が少ない部分は2mmと薄く設計されています。
緻密な形状を維持したまま製品化されており、各部の誤差が極めて少ないため、純正カバーの上からボルトオンで装着できます。

motoGPやスーパーバイク選手権などで使用されているなんて、安心感が違いますよね!!

スーパーバイクでは、チームカワサキ ライダーはジョナサン・レイ選手。
moto2では、出光ホンダチームアジアの#30中上選手も愛用中!!

これがあるから転んでも再スタート出来るのかも!

岡山国際サーキットなどで走る方!! ぜひ付けてください!!

今週末には、motoGP日本グランプリ!! moto2 #30中上選手も調子が良いし応援しちゃいます!

当店には、
のエンジンカバーを在庫しております!
お取り寄せもできます。

価格は、税抜き36000円から(当店在庫分)

アライヘルメットからは中上選手のヘルメットも出る予定です。

ドシドシお問い合わせください。
1 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

Z900RS バックステップ取り付け♪♪

Z900RS バックステップ取り付け♪♪

バックステップに変更することでバイクが変わりますよ!! ①ほとんどの商品でポジション変更ができる(今回取り付けさせていただいた商品は、4つのポジションから選べます) ②ステップの上で滑りにくくなる(切削ローレット加工が施されていて、このギザギザがブーツを掴んで離さない) ③高級感・カスタム感がでる(今回取り付けさせていただいた商品は、カラーオーダーができます) などなど 操縦しやすさにも関わってきます。
岡山店 | 729 view
YAMAHA【YZF-R1 タイヤ交換】メッツラー レーステックRR

YAMAHA【YZF-R1 タイヤ交換】メッツラー レーステックRR

妥協なくお選びいただいたのはメッツラーの「レーステックRR」。 フロントはソフトコンパウンドの「K1」。 リアはミディアムコンパウンドの「K2」で。 早く温まり冷えにくいマン島テクノロジー。 「公道走行可能」なプロダクションレースタイヤです。 2013年から始動した公道レース活動を製品開発に投影するプロジェクトが実り、2015年のマン島TTレースでは4クラスを制覇。
前橋インター店 | 1,209 view
ホンダ CBR1000RR(SC77) ブリヂストン RS10 タイヤ交換!

ホンダ CBR1000RR(SC77) ブリヂストン RS10 タイヤ交換!

ドライコンディションでの高いハンドリング性能とグリップ性能、安定性を実現したプレミアムハイグリップラジアル! ワインディングからサーキットまで幅広く走行されるお客様にオススメです(*´ω`*) 走り出しからわかる路面を”掴む”感覚をブレーキングで、コーナリングで味わってくださいっ☆
三鷹東八店 | 473 view
カワサキ ZX-10R『タイヤ交換』ディアブロ ロッソコルサ 

カワサキ ZX-10R『タイヤ交換』ディアブロ ロッソコルサ 

【ピレリ ディアブロ ロッソコルサ】 カワサキ+ピレリ=スポーティー という公式がありそうな感じすらしますね。 (スーパーバイクのイメージそのままですが・・・)
練馬店 | 434 view
YZF-R1 タイヤ交換

YZF-R1 タイヤ交換

タイヤの形状は「S21」と変わらないのにも関わらず溝の形状の変化により驚くほど乗り味は劇的に変化しています! 「S21」の良さであるのですが若干フロントが固く、ヒラヒラ曲がってくれるもののフロントに荷重が少しかかりづらかったように思います。 ですが「S22」では溝の変化によりそれが改善され、安心してフロントに荷重をかけられるようになり、スポーツ方向に懐が深くなりました!
横浜店 | 336 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

岡山店 岡山店