2019年7月1日 更新

ヘルメット選びの基本からおすすめヘルメットの種類までを徹底解説!

バイクに乗るときに必要になるヘルメットですが、デザインや種類など自分好みのものを選ぶこともバイク乗りにとって楽しみの一つと言えます。 しかし、初めてヘルメットを選ぶ場合はその種類や規格などの多さから、どんなものが良いのか迷ってしまうでしょう。 この記事では、ヘルメット選びの基本や用途によるオススメの種類などを解説します。

357 view

選び方の基本!バイクのヘルメットは頭を守るもの

 (14411)

当たり前のことですが、バイクのヘルメットは頭部を守るために身に付けるものです。

警視庁の統計によると、2018年に東京都で発生したバイクでの死亡事故の内、40.9%でヘルメットが脱落していたというデータがあります。このデータから、いかにバイクに乗るときにはヘルメットが大切なのかがわかるのではないでしょうか。

自分の好みで形状やデザインなどを選ぶのも大切なことですが、「自分の身を守るもの」ということをしっかりと意識して選ぶようにしましょう。購入するときは必ず試着し、サイズが合っていなかったり、脱げやすかったりするものは避けるようにするべきです。

また、ショップの人と相談するなどして自分に合うものを選ぶように心がけましょう。

何度もヘルメットを購入している人は自分のサイズを理解し、どのようなものがシックリくるか分かっています。

しかし、初めて購入する人は今後のためにも頭のサイズを測っておくと安心です。測り方は布メジャーで頭の周囲の寸法を測るだけですが、布メジャーが用意できないこともあるでしょう。

その場合はひもを頭の周囲に巻き、そのひもを巻いた距離を定規やモノサシなどで測ればOKです。測って自分のサイズが分かったとしても、試着したときにシックリこない場合もあります。頭の形などが原因で合わない場合もありますから、その際はショップの人に相談してみましょう。

種類で選ぶ!どんなタイプのヘルメットがあるのか

 (14412)

ヘルメットにはさまざまな種類がありますが、乗っているバイクの種類などに合わせて選ぶという人がほとんどです。

レーシングタイプのバイクでは、フルフェイスヘルメットを愛用している人が多いです。見た目もレーシングバイクにマッチしますし、スポーティな印象を与えてくれるでしょう。夏場は熱がこもり暑そうな印象がありますが、走行中は風通しが良く快適なものもあります。

また、頭部全体を覆う形状で安全性がもっとも高いヘルメットですから、身を守ることを第一に考えるならフルフェイスヘルメットが最適です。

オフロードタイプのバイクなら、オフロード用ヘルメットが基本です。オフロード走行中は目に泥や水が跳ねたり、木の枝や葉が当たったりするのでゴーグルを着用できるオフロード用ヘルメットをかぶる必要があります。

また、悪路でもバイザーで視界を確保できたり、チンガードで頭を衝撃から守ることなどが考慮されているのも特徴です。このタイプのヘルメットもフルフェイス同様、頭部全体を覆う形状なので安全性は高いと言えます。

ハーレーなどの大型バイクでよく見かけるのが、ハーフヘルメットではないでしょうか。他にも原付バイクなどでもかぶっている人を見たことがあるでしょう。

ハーフヘルメットは軽量で安価なものが多くありますが、万が一事故に遭ってしまったときの安全性は高いとは言えません。大型バイクに合わせた見た目重視や開放感を求めるために使用していることが多いヘルメットです。

また、走行中も砂ボコリや虫などを直に顔面で受けることになるので、視界の確保も十分にできるとは言い難いです。購入を考えている場合はゴーグルが着用できる形状のヘルメットになるため、いろいろと工夫して快適で安全に運転できるようにしましょう。

どんなバイクでもなんとなくシックリくるデザインのヘルメットといえば、オープンフェイスヘルメットではないでしょうか。

50ccのバイクから大型バイクまで幅広く利用されているヘルメットです。このヘルメットは頭部を覆っていますが顔の部分が開いているので、オープンフェイスと呼ばれています。

また、戦闘機などのジェット機パイロットが身につけるような形状のため、ジェットヘルメットなどとも呼ばれています。

あごの部分はオープンになっているため、走行中は風を受けて冬は顔が冷たいなどの問題はありますが、かぶったまま飲食できるというメリットもあります。

安全面も頭を覆っていることから問題はありませんが、フルフェイスヘルメットやオフロード用ヘルメットと比べると安心とは言えないでしょう。ですが、顔がオープンになっていることから走行中の視界は確保しやすいので、安全に運転することについては長けているヘルメットと言えます。

ヘルメットは消耗品!?ヘルメットの寿命を意識し購入を検討しよう!

頭部を守ってくれるヘルメットですが外部素材だけではなく、内部の衝撃吸収材が外部からの衝撃を和らげる大きな働きをしています。

その内部の衝撃吸収材が経年劣化してしまうと、ヘルメット本来の頭部を守るという役割を果たせなくなってしまうのです。そのため、ヘルメットには寿命があり、その寿命は約3年となります。

また、3年経過していないヘルメットでも1度大きな衝撃を吸収したヘルメットは内部の衝撃吸収材がつぶれているので、次の衝撃時にはしっかりと頭部を守れないケースも考えられます。3年経過したものや1度強い衝撃を受けてしまったヘルメットは安全性を考慮し、買い替えた方が良いでしょう。

また、ヘルメットには用途などによってさまざまな安全規格が設けられています。SGマークがついているヘルメットは製品安全協会が定めた基準を満たしたもので、このマークがないヘルメットが原因で怪我をしても賠償の対象にはなりません。

JIS規格を持つヘルメットは落下試験などの性能テストを受けて認定されているため、確かな安全性が認められたものと言えます。

SNELLは、世界で最も高い安全基準として名高い安全規格です。この厳しい規格が生まれたのには、1人のレーサーが関わっています。かつて、ピート・スネルというレーサーがレースの際に身につけていたヘルメットが割れ、死亡するという事故がありました。その痛ましい事故を機に、1957年にスネル記念財団という非営利団体が設立され、5年ごとに内容を見直すという厳しい安全規格を設けたのです。

他にも、MFJは日本モーターサイクル協会が定めている競技用規格のヘルメットになります。競技用ヘルメット規格を満たすJIS規格のヘルメットが認定されるもので、公認競技に出場するために必要な規格です。

ヘルメットは安全第一で選ぼう!

 (14413)

バイクに乗るなら自分好みのヘルメットを準備することもバイクを心から楽しむために大切なことです。

ですが、ヘルメットは万が一の事故から身を守ってくれるということが一番の役割になるため、サイズや形状も考慮が必要と言えます。

安全性を一番に考慮しつつ、デザインや形状に凝っているヘルメットは沢山ありますからぜひ自分に合ったものを見つけてみましょう。
13 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

見えない商品だからこそ!!『CR-1ガラスコーティング』検証しました。

見えない商品だからこそ!!『CR-1ガラスコーティング』検証しました。

コーティングしている部位は、全然カーボンパウダーが付かんぞ!!\(◎o◎)/! しつこく擦り付けます。スリスリ スリスリ スリスリ 付かんな!(・`д・´) さて、施工なしは、どれくらい擦れば取れるのか!! 洗剤付きのウエスで「ゴシゴシ」 え!! 全然取れない。 (>_<)焦り始めます。
伝統的ブライトンヘルメットに一工夫! なんだかブリティッシュパンク?

伝統的ブライトンヘルメットに一工夫! なんだかブリティッシュパンク?

今回私、ブリティッシュパンクの様な伝統に反発的な組み合わせをしてしまった気もします・・・
練馬店 | 371 view
ミッドランド インカム講習会&ヘルメット取付方法

ミッドランド インカム講習会&ヘルメット取付方法

今度はヘルメットへの取付方法を公開したいと思います。 今回はなんと私の私物ヘルメットである「AGV K-3SV」にミッドランドの「BT X2 Pro S」をチョイスしました(^O^)/
東大阪店 | 556 view
SHOEIのヘルメットを被ったことがありますか?

SHOEIのヘルメットを被ったことがありますか?

SHOEIのヘルメットを被ったことがありますか? 今回ご紹介したいのは「SHOEI TECHNICAL SHOP」です!! SHOEI TECHNICAL SHOP・アドバイザリースタッフのプログラムを習得したスタッフさんがいるNAPS店舗があるんですよ!
平嶋 夏海 | 20,383 view
雨でも走る! その2「シールドの曇り止めとはっ水」

雨でも走る! その2「シールドの曇り止めとはっ水」

バイクで走行中に「ヘルメットのシールドが曇ってしまう!!」 これはハッキリ言ってライダーにとっては死活問題です。 雨対策! その2 シールドの「曇り止め」と「撥水」
伊勢原店 | 2,309 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Naps-Onライター Naps-Onライター