2017年12月6日 更新

キャブレター車両だって 負けてないぜ!! 「バンデット1200」 

一台一台 オーナーと相談し制作しております。

241 view

約8年前から流行り始めた電熱ジャケットも
安定期に入ったなと実感しています。
(お客様が認知していること(^O^)/)

私がおすすめする電熱アイテムは、
車両側だと、安定のグリップヒーターと (LEDヘットライトバルブ ライジング2)です。

グリップヒーター.png
ライジング2.png

そしてジャケットは、ベストヒート「Nプロジェクト製」
Nベストヒート.png

なぜ?て 簡単に説明するよ。(?_?)
1.電源は、USB電源 (ポータブルバッテリーが使える)・・・・・今のご時世は、コンビニでも買えるし
2.発熱ヒート部位が4カ所もある
3.そして、的確に寒さを感じる部位に発熱出来る所。
4.汎用性の高いマジックテープを
5.前の部分が 合わせになっているため隙間風や外気の冷えをシャットアウト
6.メーカー修理が意外に早いこと アフターが良い

長所ばかりで ホントかよ(・へ・) と思うので
短所も書きます。
1.マジックテープが服に!! インナーには、工夫が必要。
2.スイッチがどうも不良が多いのでは?、このスイッチは、様々なメーカーが
使っている物と同一だと思います。 同じ様な故障を昨年から受けております。
3.価格がある意味 安定している 「コストパフォーマンス」が良い


さて今回のテーマに行きしょうか!!\(^o^)/
写真いっぱいアップしますよ。
IMG_0613.JPG
気になる?! 馬力は、
マフラー/キャブレターを取り付けセッティングし140HP位だったと思います(・へ・)。

今までのカスタムの内容をカキコしますね。
マフラー・・・ ヨシムラ チタンサイクロン
キャブレター・・・ ヨシムラ TMR-MJN限定モデルを ワンオフ
エアクリーナー・・・ DNA
内圧コントロールバルブ・・・ T-REVαsystem ワンオフ
フロントフォーク・・・CB1300SFイニシャル調整フォーク
Rショックアブソーバー・・・オーリンズ&Gsense
ホイール・・・ブルーにパウダーコーティング塗装
キャリパー・・・・ブレンボ
ブレーキラインは、ビルドアライン ステンレス
マスター・・・・NISSINラジアル
外装・・・・カーボンフェンダー FRP成型フェンダーレスKIT
そして今回は、ハンドル回りをカスタム。
まずは、フォークの突き出し量の適正化のためハンドルを変更。
シッカリとしたハンドリング&オフセットを手に入れる為

MT-01のポストを使用。
IMG_0468.JPG
ブッシュを外し
IMG_0469.JPG
カラーを制作
IMG_0467.JPG
IMG_0489.JPG
キッチリと圧入 1/100mm制作し 圧入部は、研磨。
IMG_0492.JPG
ハンドル回りをブラックに塗装(落ち着いたコックピットになります。)
IMG_0494.JPG
追加作業でグリップヒーターとUSB電源と油温メーターを取り付け
設置は、ステーを制作し固定。
IMG_0606.JPG
ステーオフセットし強度アップカーボンシートを接着。(見た目重視かな)
IMG_0608-37d5d.JPG

ブルー/ブラックのバランスが素敵!!
タンクに張っているのは、テックスペックの二―グリップパット
ツーリングバイクには、必須アイテムですね。
IMG_0611.JPG

この様に一台一台 オーナーと相談し制作しております。
1 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

安定した電力で!! ポテンシャルを呼び起こせ!!

安定した電力で!! ポテンシャルを呼び起こせ!!

最近高性能/高出力エンジンには、採用が多いダイレクトイグニッションシステム 当店PITスタッフの渋〇氏TMAX530は、各メーカーから販売している点火系カスタムテストし、最終的にダイレクトイグニッション化に落ち着きました。
高性能バイクを求めて!! CB1300SBの可能性。

高性能バイクを求めて!! CB1300SBの可能性。

今日は、冬に作業を行った SC54 エンジンチューニングのネタをご紹介します。
見た目を変えたぞ!! 春のカスタム提案。「YZF-R1」!!

見た目を変えたぞ!! 春のカスタム提案。「YZF-R1」!!

カラーリングカスタムの入門編は、デカール 大小様々なステッカーがありますね
翼 計画 「カスタムは終わらない!!」第二部

翼 計画 「カスタムは終わらない!!」第二部

今回は風を実際に当てての変化をテスト。完成までもっていくために材質変更で作ります。
2020年に向けて カスタムは終わらない!!! DUCATI749R

2020年に向けて カスタムは終わらない!!! DUCATI749R

今回のネタは、カナード&ウイングレット。 MOTOGPでは、当たり前になっているパーツですね。 現在のレギュレーションでは、アッパーカウルやサイドカウルと一体物に決められているようです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ベイサイド幸浦店 ベイサイド幸浦店