2018年5月21日 更新

お出かけ前の準備 スマホホルダー

バイクでのお出かけで、『やっぱり』必要ですよね。 スマホホルダー! 過去何度か話題に取り上げてますが、選び方にもいくつかポイントがあります。 ・車体にマウントする方法 ・スマートフォンに合わせた、ケースやホルダーのサイズ ・ケースタイプかホルダータイプか ナップス練馬店のスマホホルダーコーナーは種類が豊富ですよ。

169 view
ナップス練馬店のヤマGUCCIです。

バイクでのお出かけで、『やっぱり』必要ですよね。
スマホホルダー!
P4241348.JPG
過去何度かブログで取り上げてます。
選び方にもいくつかポイントがあります。

・車体にマウントする方法
・スマートフォンに合わせた、ケースやホルダーのサイズ
・ケースタイプかホルダータイプか


ナップス練馬店のスマホホルダーコーナーは種類が豊富ですよ。
P4241351.JPG
お値段抑え目で人気なのがYATTAHバイクマウントシリーズです。
ミラー共締めタイプとハンドルバーにクランプするタイプがあります。
1,600円(税抜き)

ハンドルマウント&シリコンバンドタイプ 
2,000円(税抜き)

P4241347.JPG
ミノウラのスマホホルダーは本体をつかむアームとシリコンバンドの両方で安心がっちりホールドです。
ワンタッチ取り外し 
2,500円(税抜き) 

車体ネジ固定タイプ
2,600円(税抜き)


P4241350.JPG
シリコンサイクルバンド
1,000円(税抜き)

簡易的でオールシリコン製です。
ビヨーンと伸ばして、スマホをひっかけてマウントします。

私の経験上、これからの晴れの日はスマホの発熱に注意が必要です。
充電しながらナビゲーションをすると相当な発熱をします。

走行風が当たるホルダーが熱対策としては、ケースタイプに比べると優位かと思います。
真夏はどちらもどうでしょう?

スマホのナビで不満を感じたら、バイク用のナビどうですか?
1 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ナビ(BNV-2) と 地図(ツーリングマップル)

ナビ(BNV-2) と 地図(ツーリングマップル)

ユピテル バイク用のナビゲーション BNV-2 新入荷しましたよ。 バイク用のナビゲーションとえば、ユピテルは有名ブランドです。 信頼度も高く、防水・防塵です。 6万円(税抜き) 色々とライダー目線で便利な機能が備わってます。 ツーリングマップルと連動した機能が特徴的です。 BNV-2購入の時は一緒にツーリングマップルもお求めください。
練馬店 | 381 view
ガジェット大好き! スマホコントローラー 【Moto SmaCon】

ガジェット大好き! スマホコントローラー 【Moto SmaCon】

あったら使いたくなるガジェットの紹介です! ヤマハスマホコントローラー 【Moto SmaCon】 今まで、これが無くてもどうにかなって来たのも事実・・・でも思い返してみてください。 グローブ越しにスマホの画面をタッチしても実態の無いボタンなので“クリック感”などの感触が無くいささか物足りない操作感。 視線をスマホに移して操作なんてっ・・・とても危険! スマホを遠隔操作する“リモコンスイッチ”です。 “インカム”と“スマホ”の無線接続、その“スマホ”をこの“リモコンスイッチ”で無線遠隔操作しておうという物です。 対応アプリも無料でダウンロード可能です。
練馬店 | 511 view
『タンクバック』と『ツーリングマップル』は一緒に買いましょう!

『タンクバック』と『ツーリングマップル』は一緒に買いましょう!

今時、スマホ地図があるのに何故? と思われている方! 確かに、スマホナビがとても便利なのは確かです。 でも・・・ 気温が高い時はスマホが熱で使えなくなりますよ。 電波の届かない所では頼りにならないかも。 古いかもしれませんが、地図を出かける前に広げてみるのが楽しいのです。 この道は、こんな道なので楽しいですョ。 ここからの景色が良いですョ。 など、ライダーが実際に走った【バイク乗り目線の情報】が載ってます。 ツーリングマップルは毎年出ているのは、毎年その情報が更新されているからなんです。
練馬店 | 464 view
気になる追加メーター【KOSO ミニ3メーター】

気になる追加メーター【KOSO ミニ3メーター】

個人的に気になっているパーツの紹介です。 毎日、このサンプル(光っている)を見ているので気になってしまって・・・
練馬店 | 360 view
【保冷】 出来るシートバック 『ヘンリービギンズ HD-714 保冷シートバッグ』

【保冷】 出来るシートバック 『ヘンリービギンズ HD-714 保冷シートバッグ』

ツーリング先で土地の物をお土産で選ぶと・・・ あたたまらない方が良い物結構ありますよね。 そんな時、これ便利です。 ヘンリービギンズ 保冷シートバッグ DH-714 4層断熱構造なので冷たさをキープ!! アルミ蒸着シートが入ってますので通常のシートバッグとは違います。
練馬店 | 302 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

練馬店 練馬店