2016年7月8日 更新

ゲルザブでロングツーリングを快適に!

105 view
皆様、長時間ツーリングをしていて、お尻が痛くなったりしませんか?

原因としては、もともとシートが固いというのが一番ではないでしょうか。

他にも、何年も乗っていてシートがつぶれやすくなり、お尻がシートに沈み込むケースも原因になることがあります。
お尻が沈み込んだことで、あらゆる方向から圧力がかかってしまいます。

古くなった場合はシートそのものを新品に交換する必要があります。
せっかくなので社外品に変えてみるのもありですね(^ ^)

ではシートが固すぎる場合は?

そこで提案したいのが「ゲルザブ」です!

ゲルザブに使われているのが下の画像のようなプニョプニョな素材。

ウレタンフォームよりも5~10倍の衝撃吸収能力を持ちます!


geruzabu.jpg

商品は3種類あります。

シートに巻きつけるタイプです。
形状は標準的。

<メーカー商品紹介サイト>

geruzabu-R.jpg


こちらもシートに巻きつけるタイプですが、オフロードバイク用に細く、長くなった形状です。

<メーカー商品紹介サイト>

geruzabu-D.jpg


こちらはシートの表皮の下に内蔵するタイプです。
ゲルザブSのサイズは、310mm×370mm
ゲルザブSSのサイズは、250mm×260mm
シートに合わせてカットします。

<メーカー商品紹介サイト>

gelzabu-S.jpg


今回ご紹介したゲルザブが、なんと『夏のスーパーセール』開催中(7/18まで)は定価より10%OFFで販売してるんです!

お尻が痛くてツーリングを楽しめないとお悩みの方、ゲルザブをご検討ください。





1 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

NAPSイメージキャラクター就任

NAPSイメージキャラクター就任

初めまして 平嶋夏海です! この度、NAPSさんのイメージキャラクターを務めることになりました。 NAPSさんは父もよくお世話になっていて、わたし自身もバイクウェアを買う時には、必ず探しにきていました。
平嶋 夏海 | 2,456 view
安定した電力で!! ポテンシャルを呼び起こせ!!

安定した電力で!! ポテンシャルを呼び起こせ!!

最近高性能/高出力エンジンには、採用が多いダイレクトイグニッションシステム 当店PITスタッフの渋〇氏TMAX530は、各メーカーから販売している点火系カスタムテストし、最終的にダイレクトイグニッション化に落ち着きました。
年々進化するバイク用インカムシステム!!

年々進化するバイク用インカムシステム!!

進化しているなと感じるポイント 1.ヘルメットメーカーとのコラボモデルがデリバリーしていること。 2.ブルートゥース4.1 3.スピーカーがエンクロージャーになっていること。(専用品だからこそ!!)
高性能バイクを求めて!! CB1300SBの可能性。

高性能バイクを求めて!! CB1300SBの可能性。

今日は、冬に作業を行った SC54 エンジンチューニングのネタをご紹介します。
春を迎える為に!!「安住神社」 参拝しました。

春を迎える為に!!「安住神社」 参拝しました。

今年初のスタッフツーリングは、ここ安住神社です。 皆さんもご存じだと思いますが「バイク神社」!!です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ベイサイド幸浦店 ベイサイド幸浦店